• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 5件
  • 週刊『夏野総研』vol.280 【静かに、しかし確実に忍び寄る“ベッドタウンの悲劇”】

    2018-04-27 14:05  
    131pt
    【静かに、しかし確実に忍び寄る“ベッドタウンの悲劇”】 [第1回]  東急線や小田急線、京王線沿線の郊外の街には、一軒家が多数建てられている。埼玉県や千葉県などの郊外も同様で、いわゆる「ベッドタウン」と呼ばれる街には、駅から少し離れた場所に住宅街が広がっている。バブル時代に「夢のマイホームを持つこと」や「一国一城の主になること」に憧れた人たちによって購入されたこれらの一軒家が並ぶ住宅街。今後日本は人口が減少していくことが予想されているが、そう遠くない未来にこの住宅街がゴーストタウン化する危険性が大いにあると言えるだろう。

    記事を読む»

  • 週刊『夏野総研』vol.280 【静かに、しかし確実に忍び寄る“ベッドタウンの悲劇”】

    2018-04-27 08:00  
    131pt
    【静かに、しかし確実に忍び寄る“ベッドタウンの悲劇”】 [第1回]  東急線や小田急線、京王線沿線の郊外の街には、一軒家が多数建てられている。埼玉県や千葉県などの郊外も同様で、いわゆる「ベッドタウン」と呼ばれる街には、駅から少し離れた場所に住宅街が広がっている。バブル時代に「夢のマイホームを持つこと」や「一国一城の主になること」に憧れた人たちによって購入されたこれらの一軒家が並ぶ住宅街。今後日本は人口が減少していくことが予想されているが、そう遠くない未来にこの住宅街がゴーストタウン化する危険性が大いにあると言えるだろう。

    記事を読む»

  • 週刊『夏野総研』vol.279【出世かヒラか。サラリーマン人生が40代で"確定”してしまうワケ】

    2018-04-20 08:00  
    131pt
    【東芝の「チャレンジ」や官僚の忖度…。“組織”が腐らないための極意】 [第3回] 「国民のために働く」という意欲に加え、自分のキャリアに箔を付けるために役所で働きたいと思う人もいるだろう。そうであっても全く問題はない。例えば、日本で政権交代が起きると内閣など政治家は変わっても官僚は変らない。一方で、アメリカでは政権交代の際に、官僚も上位クラスは交代の対象になる。これは「リボルビングドア」とも呼ばれている。再度、政権交代が行われると、元官僚たちがまた政治の場に戻ってくることもあるが、回転扉(リボルビングドア)のように、政策の専門家が政府から民間、民間から政府に転身している。専門的な知識を持つ人材や多彩な経験を積んだ人材などが入れ替わることで、イノベーションの源泉にもなっていたりする。

    記事を読む»

  • 週刊『夏野総研』vol.278【マネジメント層に必須な「判断力」の身につけ方】

    2018-04-13 08:00  
    131pt
    【東芝の「チャレンジ」や官僚の忖度…。“組織”が腐らないための極意】 [第2回]  そもそも、ノンキャリア組は同じ職場や部署で働く期間が長いのだが、キャリア組は2年単位で省内外をローテーションしている。そして、その度に役職が上がっていくのが一般的だ。これは、ノンキャリア組は“経験”が重視され、キャリア組は“能力”が重視されていることを示していると言えるだろう。そして、その能力とは“判断力”のことだ。だからこそ、組織で動くキャリア組は役職が上がっていくわけであり、高い役職に求められるのは判断する力となる。

    記事を読む»

  • 週刊『夏野総研』vol.277【東芝の「チャレンジ」や官僚の忖度…。“組織”が腐らないための極意】

    2018-04-06 08:00  
    131pt
    【東芝の「チャレンジ」や官僚の忖度…。“組織”が腐らないための極意】 [第1回]  約1年にも渡って、野党やマスコミが騒ぎに騒いだ「もりかけ騒動」。あれほど時間をかけて追求したにもかかわらず、結局、野党やマスコミが思い描いていたような安倍総理や昭恵夫人の関与の証拠は出てこなかった。そもそも、官邸や大臣たちがそんな細かなところまで指示するわけがないことは容易に想像ができる。この問題の根源は、官僚レベルの判断による書き換えや“忖度”が原因となっているわけだ。

    記事を読む»