• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 6件
  • 週刊『夏野総研』vol.321【無意味な日本の「EV開発中」】

    2019-02-22 09:40  
    131pt
    【刻一刻と進む「ガソリン車衰退時代」へのカウントダウン】 [第2回]  今、国産自動車メーカーの経営者に問いたいのは、「なぜエンジンを捨てられないの?」ということだ。とはいえ、「エンジンが命!」と本気で言っている、 日本メーカーが手がけられるわけがなかったのは納得だ。数年前に自動車メーカーの重役と話していて「Fun to Drive」を本気で信じて驚いたが、今でもこの精神は残ったままなはずだ。

    記事を読む»

  • 週刊『夏野総研』vol.321【無意味な日本の「EV開発中」】

    2019-02-22 08:00  
    131pt
    【刻一刻と進む「ガソリン車衰退時代」へのカウントダウン】 [第2回]  今、国産自動車メーカーの経営者に問いたいのは、「なぜエンジンを捨てられないの?」ということだ。とはいえ、「エンジンが命!」と本気で言っている、 日本メーカーが手がけられるわけがなかったのは納得だ。数年前に自動車メーカーの重役と話していて「Fun to Drive」を本気で信じて驚いたが、今でもこの精神は残ったままなはずだ。

    記事を読む»

  • 週刊『夏野総研』vol.320【刻一刻と進む「ガソリン車衰退時代」へのカウントダウン】

    2019-02-15 08:00  
    131pt
    【刻一刻と進む「ガソリン車衰退時代」へのカウントダウン】
     
    [第1回]
     まずは、この動画を見てほしい。
    https://www.youtube.com/watch?v=TcjMUg38NdU
     
     あのハーレー・ダビッドソンが手がけるEVバイクである。走行音は基本的に静かだが、加速するときの「キュイーン」という、まるで戦闘機のような音が未来感満載でとにかくかっこいい。ハーレーといえば、ガソリンエンジンによる「ドッドッドッ」という野太いエンジン音が代名詞でもあった。そんなハーレーがEVバイクを発表したというのは、業界がEV化へシフトしていく象徴的な出来事と言える。ハーレーのEVバイクは本当におもしろい。電動のモビリティといえば、最近は中国勢の勢いも増してきていた。しかし、中国勢にはこの“かっこよさ”を作り出すことはできなかっただろう。大衆向けのとにかくリーズナブルなモビリティであれば中国勢の得意とするところだが、ハーレーのようなハイエンドな製品を作ったのは、さすがアメリカというところである。
     しかし、そういったハーレーの動きに感動を覚える一方で。バイク業界で存在感を発揮し続けているホンダやヤマハからこのEVバイクが出てこなかったのは非常に残念であるし、いくら今の地位にいたとしても、このままでは世界から取り残されてしまうだろう。
     
     さて、ここからが本題。

    記事を読む»

  • 週刊『夏野総研』vol.319【その正体は「ただのブーム」。日本でQRコード決済が根付かない理由】

    2019-02-08 15:00  
    131pt
    【その正体は「ただのブーム」。日本でQRコード決済が根付かない理由】 [第1回]  QRコード決済が脚光を浴びている。昨年末のPayPayのキャンペーンはネット上でバズり、100億円のキャッシュバックも予定を大幅に前倒ししての 終了となった。さらに、PayPayのキャンペーン直後にはLINE Payも20%還元キャンペーンを行うなど後追いも続いた。

    記事を読む»

  • 週刊『夏野総研』vol.319【その正体は「ただのブーム」。日本でQRコード決済が根付かない理由】

    2019-02-08 08:00  
    131pt
    【その正体は「ただのブーム」。日本でQRコード決済が根付かない理由】 [第1回]  QRコード決済が脚光を浴びている。昨年末のPayPayのキャンペーンはネット上でバズり、100億円のキャッシュバックも予定を大幅に前倒ししての 終了となった。さらに、PayPayのキャンペーン直後にはLINE Payも20%還元キャンペーンを行うなど後追いも続いた。

    記事を読む»

  • 週刊『夏野総研』vol.318【“海外販売”成功に欠かせない「埋め込み戦略」の全貌】

    2019-02-01 08:00  
    131pt
    【クールジャパン戦略は、「ルイ・ヴィトン」に学べ!】 [第4回]  新しいクールジャパン戦略には、以下の3つの大きな柱があるとお伝えした。 (1)日本の商品・サービス (2)インバウンド需要 (3)埋め込み

    記事を読む»