• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 6件
  • 週刊『夏野総研』vol.202【同ターゲットも似て非なる「メルセデスベンツとレクサス」】

    2016-09-30 08:00  
    131pt
    【同ターゲットも似て非なる「メルセデスベンツとレクサス」】 [第一回]  高級車の代名詞『メルセデス・ベンツ』。国産車であれば『レクサス』を思い浮かべる人も多いだろう。このように両者は外国車と国産車という違いはあるものの「高級車」と一括りにされている。  しかし、日本国内における両社の売上を比べてみると、2012年まではレクサスが上回っていたが、翌年以降は形勢が逆転。2013年にはレクサスがベンツに抜かれ、2014年はBMWにも抜かれている。2015年のデータによれば、ベンツの国内販売台数は約6万5000台。対するレクサスは、約4万8000台という結果だ。  好調を続けるベンツと、後塵を拝する形となったレクサス。同じ高級車というジャンルのなかで、両ブランドには大きな違いが存在していることは売上を見てもわかる。  では、なぜこのような状況になったのか? 今回は、この両者の販売戦略の違いを比べてみたいと思う。

    記事を読む»

  • 週刊『夏野総研』vol.201【「定年まで課金」を実現するサービスの正体】

    2016-09-23 08:00  
    131pt
    【ユーザーに喜ばれる「定額制サービス」の作り方】 [第二回]  月額1万円の定額制で、ブランドモノのスーツを常時2着レンタル可能なサービス。このビジネスプランでカギとなるのがアクセサリーの販売だ。

    記事を読む»

  • 週刊『夏野総研』号外【生放送内で実施する新企画への「メール募集」につきまして】

    2016-09-20 20:30  
    号外-----------━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                              2016/9/20    夏野剛メールマガジン 週刊『夏野総研』               号外
      【生放送内で実施する新企画への「メール募集」につきまして】
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     いつもご愛読いただきありがとうございます!
     21(水)17:00からお送りする生放送にて、以下の視聴者参加型の3つの新企画を始動してみたいと思います!
    (1)【やりましょう! or やりません!】
     ブロマガや生放送内で「夏野さんにやってもらいたいこと」を募集する企画です。
     いただいた企画に対して、夏野さんが“やるか、やらないか”、その場で決めてもらいます!
     例えば、「○○さんと対談してほしい!」

    記事を読む»

  • 週刊『夏野総研』vol.200【ユーザーに喜ばれる「定額制サービス」の作り方】

    2016-09-16 08:00  
    131pt
    【ユーザーに喜ばれる「定額制サービス」の作り方】 [第一回]  先日、我が家のクローゼットを整理していたところ、既に 着なくなったスーツやジャケットが大量に出てきた。なかには数回しか着ていないものや、1度も着ていないジャケットもあった。捨てるにはもったいないため 買い取りサービスを利用したのだが、このときに思ったことがある。それは、「定額制のスーツレンタルサービスがあればいい」ということだった。

    記事を読む»

  • 週刊『夏野総研』vol.199【黎明期のFacebookが行った「無敵のブランディング術」の正体】

    2016-09-09 08:00  
    131pt
    【誰も気づかない学習ビジネスの“空白地帯”】 [第二回]  “スポーツやアート版の家庭教師のトライ”のビジネスのポイントは、「講師の選定」と「管理システム」、そして「ブランディング」だ。講師の選定は先週お伝えしたとおり。  2つめは「管理システム」。授業の予約から利用料の決済まですべてWEB上で完結できるようにする。WEBで管理ができれば、受講者側に急な予定の変更があってもすぐに対応できる。ただし、講師の指名制度は行わないようにする。

    記事を読む»

  • 週刊『夏野総研』vol.198【誰も気づかない学習ビジネスの“空白地帯”】

    2016-09-02 08:00  
    131pt
    【誰も気づかない学習ビジネスの“空白地帯”】 [第一回]  家庭教師派遣業の最大手である『家庭教師のトライ』。ご存じ のように、受験や学校の試験対策用に勉強を教える家庭教師のサービスだ。家庭教師のサービスを提供している企業は多くあり、家庭教師というモデルの歴史も 短くはない。最近ではスマホのアプリを利用した動画授業なども流行っているが、やはりマンツーマンで教えるニーズは今も昔も変わらないと言える。

    記事を読む»