• このエントリーをはてなブックマークに追加
.日本のメディアはピンボケだが、ブラジルでのG20外相会議の最大の焦点はガザ問題。WPですら、「ガザ危機悪化で、(国連安保理で即時停戦を求める動きに米国は拒否権発動し)G-20で孤立する米国」との標題で報道。昨年インドでのG20外相会議はウクライナ問題でロシアを批判。様相一転
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

.日本のメディアはピンボケだが、ブラジルでのG20外相会議の最大の焦点はガザ問題。WPですら、「ガザ危機悪化で、(国連安保理で即時停戦を求める動きに米国は拒否権発動し)G-20で孤立する米国」との標題で報道。昨年インドでのG20外相会議はウクライナ問題でロシアを批判。様相一転

2024-02-25 08:21
  • 13

A-1G20外相会合 開幕 ウクライナや中東情勢 国際機関改革を議論へ(NHK
 G20外相会合 開幕 ウクライナや中東情勢 国際機関改革を議論へ
A-2 ガザ危機悪化でG-20で孤立する米国(WP
ガザ地区の即時停戦に反対する米国は、この問題で米国が孤立していることを示す最新の兆候として、世界20大経済国の首席外交官による2日間の会合で繰り返し批判にさらされた。
今年のG20年次会合の主催者であるブラジルのヴィエイラ外務大臣は、国連安全保障理事会の「麻痺」を非難することで会合を始めた。国連安全保障理事会では、ガザ即時停戦を求める3度目の決議案に米国政府が拒否権を発動した。
「この無策の状態は、罪のない命の損失をもたらしま」とヴィエイラ氏は語った。
ブリンケン国務長官やロシアのラブロフ外相を含む会合に出席したトップ外交官らは、当局者がより率直に意見を表明できるようメディア非公開のセッションで、さま

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く
他3件のコメントを表示

>>1
ハマスにネタニアフが過剰反応してジェノサイドまで行うのは間違いでした。ムスリム社会はイスラエル国家の殲滅まで長い時間をかけて戦うことになるでしょう。

No.5 1ヶ月前

>>5
ハマスのイスラエル民族に対するテロ行為と拉致の評価を度外視して、パレスチナ自治区ガザ地区人への攻撃はジェノサイドとICJは裁定し、攻撃をしてもジェノサイドを防ぐ措置を取るよう命じている。
どこかおかしい。テロ攻撃は無防備の人々を突然無差別に攻撃することであるが、テロでの無差別攻撃は認められるが、正当な攻撃では民間人の殺戮は認められないということにつながる。

No.6 1ヶ月前

>>6 追記
テロ攻撃されたら、反撃することは「自衛権」であるが、その「自衛権」をジェノサイドと断じているJCJは狂っているとしか言えない。テロに対する反撃で民間人を巻き添えにしてはならないということは現実的に不可能なことだ。

No.7 1ヶ月前

>>6
イスラエル民族は間違いです。ユダヤ人と呼ぶべきです。

ガザ地区人に無差別攻撃し、子供と赤子も殺す残虐をジェノサイドとあなたたちB層と西側のメデイアしか信じない大衆以外はそのように判断してます。

No.8 1ヶ月前

>>7
無差別殺人、子供も赤子も殺す犯行は根絶やしを狙うもので、ナチスのホロコーストそのものだとG7以外の人々は認識するに至ってます。いくら抗弁してもあなたたちの正当性は認められません。

No.9 1ヶ月前

>>9
正当性を議論しているのではない。
「同じ行為に差別はない」という当たり前のことを私自身の言葉で言っているに過ぎない。
自衛権が認められなければ、同じ人間でありながら生存権を差別していることにつながる。

No.10 1ヶ月前

>>10
正当性の無い自衛権は法律の世界では存在しません。やはり、日本のB層は狂ってる。

No.11 1ヶ月前

採り上げ恐縮です。ルーラ氏の初当選だった大統領時代、西側エリートにすっかり迎合したとの批判が今も燻っているようですが、孫崎さんご指摘の「重要なのはインテグリティと判断力」を目下は地で行っているように見えます。

No.12 1ヶ月前

>>日本のメディアはピンボケだが、ブラジルでのG20外相会議の最大の焦点はガザ問題

そりゃまあ、いまブラジルでのG20外相会議ならガザ問題が最大焦点になるだろう。なんの意外性もないとおもうのだが。

わたしは即時停戦には賛成だし、国連安保理批難にも別に反対しないが(しかし、ブラジルには自国を安保理に加えろという底意があるとおもうけど、ブラジルが加わったら安保理が機能するようになるのか?)、何を言っても実効性がないという点ではイスラエルと同じことをやっているロシアに対するのと同じだ。

ブラジルが本気なら、有志連合でもつのって、ガザで民衆とイスラエル軍とのあいだに軍隊を展開でもすればいい。

ガザについては、虚心坦懐に報道をみれば、停戦に向けて強く努力しているのは米国だけだ。英仏がそれに協力しようとし、アラブ諸国もなんとかしようとしている。

対照的に、ハマス戦闘部隊に影響力のあるイラン、イランに影響力にあるロシアや中共は、目立った努力はなにもしていない。とくにロシアは、イスラエル問題の根源をたどると、停戦に向けた責任を免れない国だが(その説明はいままで何度もした)、なんら責任を果たそうとしない。

ハマス側に、イスラエルへの攻撃をやめさせる約束をさせないのであれば(それは米国にはできない)、イスラエルが攻撃をやめることはないだろう(わたしがそれをよしとするわけではないが)。

No.13 1ヶ月前

 文科系です。よくありうるこの論議では、僕はこう言いたい。
 ここまでの「ハマステロとガザ虐殺と、どっちが悪い」論争は無意味と思う。戦争が起これば何でもありになるものだから、戦争こそ人類の大悪なのだ。その意味ではウクライナ戦争と同じに「仕掛けたのは、ハマス(ロシア)だ」という議論が成り立ちうる。が、戦争勃発にも「殺すか殺されるかに到った堪忍袋の緒が切れたのも、当然」という前史があり得よう。
 だからこそ、人間、その国家は憎しみ合いを増幅させてはいけないのだと思う。それを、どちらか一方に加担した大本営発表に励むことこそ、憎しみ合いの拡散、増幅にしかならない「戦争の温床作り」と言える。

No.14 1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするにはログインして下さい。