• このエントリーをはてなブックマークに追加
2010 年アサンジは米国の安全保障、外交政策の機密文書を入手し、NYT等西側メディアを使い発表。世界はこれで米国の隠された手口を学んだ。捏造ではない。事実である。 アサンジ被告の起訴取り下げを米政府に呼び掛け―NYT等主要メディア5社
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2010 年アサンジは米国の安全保障、外交政策の機密文書を入手し、NYT等西側メディアを使い発表。世界はこれで米国の隠された手口を学んだ。捏造ではない。事実である。 アサンジ被告の起訴取り下げを米政府に呼び掛け―NYT等主要メディア5社

2022-11-30 06:53
  • 8
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

アサンジは米軍関係者が政府内の機密情報に不正アクセスするためのパスワードの取得を手助けした。この事実の犯罪性に興味はない。

アサンジは「公開こそ正義」が基盤であり、この自伝は50時間を超えるインタビューに基づいている。面白いことには「本人非公認」ながら、リーク刊行されることになる。
本人は「自伝なんて体を売るのと変わらない」と自虐的言葉を発している。

ハッカー行為は天才的である。
人間が常識的に備えている「バランス感覚」「ブレーキを踏む感覚」が欠落している。
特に興味を引いた言葉を列記する

①何かを盗んでいるとか、何らかの犯罪に関わっているという感覚はなかった。
②コミュニケーションの世界を支配したいと考えるようになった。
③「正義原理主義」=「情報の公開こそ正義」
 正義は悪との相対的なものでなく、原理という特殊な世界である
④金銭に対する執着はなく、また、合法性についても関心がない。
⑤情報公開を求める活動は一つの生き方であり、国家に情報知識を蓄える機会を
 奪う権利はない。

「情報こそ正義」に確信を持っている。天才の持つ一つの世界であり、「バランス」「ブレーキ」の倫理的善悪の世界の中で裁くことができない。技術の革新でなく社会的倫理の革新と捉えるべきか否か私には判断がつかない。

No.1 2ヶ月前

>>2
「アサンジ被告の起訴取り下げを米政府に呼び掛け―NYT等主要メディア5社係る呼び掛け自体は真っ当ながら、その実、大衆側のフリしてるだけでないのか。」➡同意 
いつもながらあなたは私の思っている事をさらっと文章化されます。

No.3 2ヶ月前

MI6+CIA+米軍産複合体のシンジケートはパックスアメリカーナを主宰する米国の国家内国家として事実上の独裁者として振る舞って来ている。9.19に関わったとしてグアンタナモに囚われて終身刑に服している多数のモスリムは裁判を経ることなく言わばリンチに遭っているのだが、西側の主要マスコミは黙ったままでいる。理由は独裁者の反撃が怖いから。

アサンジについては私はロシアに亡命したエドワード・スノーデンと共に上記シンジケートの不正と欺瞞にチャレンジする義人として高く評価して来た。アサンジは人権第一の南米エクアドルに亡命し、エクアドルが米国に買収されると即座に中立国スエーデンに亡命したが、これまたMI6に買収され彼は身柄を拘束されていた。その間、全世界の良識ある知識人は斯かる米国のシンジケートの謀略を非難し始めワシントンはその収拾に困っている。

一方、その間、米国政府は中国に対して「事実でないウイグル人権問題」とやはり事実でない「台湾人の人権問題」を取り上げ、中国に対して攻勢を掛けている。当然、中国は反撃する。黒人問題を解決出来なく、アサンジを闇に葬る米国が「何を言うか?」とねじ込まれ、米国のロジックは根本から破綻しているのだ。

西側の主要マスメデイアはCIAの傘下にある。にも拘わらず今回国家内国家に反旗を翻したのは何故か?自分らのパトロンがトンデモナイ悪人たる事実を詳しく知って耐えられなくなったこととパックスアメリカーナの崩壊が間近に迫って来ているのを体感しているからだと私は観測している。

No.4 2ヶ月前

>>1
アサンジは「権力の不正を許せない内部者の告発」を告発者の正体が分からないように工夫された巧妙な告発サイトを作った人物として偉大な男だと認識してますが、貴殿の認識では彼は不正アクセスの為のパスワード取得を手助けしていたとなっているようですが、もしそうなら、彼の犯罪性はゼロでは無いように思えますね。

No.5 2ヶ月前

> アサンジ被告の起訴取り下げを米政府に呼び掛け―NYT等主要メディア5社

係る呼び掛け自体は真っ当ながら、その実、大衆側のフリしてるだけでないのか。

> 機密情報の収集と公開という彼のジャーナリズム スタイルの活動が犯罪として扱われる可能性があるかどうか、または犯罪として扱われるべきかどうかが問題になる。

こうした「優等生の模範解答」の如き書きっぷりは、「リベラル」DSメディアの「お決まり」なのか、毎度鼻に付く。
アサンジ氏が将来の夢として語ったこと-

「国家機密を暴き、透明性を高めることで汚職を減らし、政府をよりよくし、民主主義を強化すること」

ここでの「国家」とは主に米国(DS)と見ていい。それを相手に この天才ハッカーは持てる力で「宣戦布告」、「有言実行」したのである。それほどDSは腐り切っているからだ。そのDS相手の非対称な戦いでもウィキリークスは「急所」に対する攻撃の手を緩めなかった。だからこそヒラリーは「アサンジをドローンで抹殺できないの?」と発したのだ。
2016年 米大統領選の際、アサンジ氏は早くからヒラリーに投票しないよう警鐘を鳴らしていた-

「ヒラリーの関わった機密外電を何千通も入手し、読んだが、彼女は感情的に人を殺す、戦争大好きな超タカ派だ。絶対に投票してはいけない。ヒラリーはリビアに介入して大失敗したが、もし大統領になったら、もっと酷い介入をやるだろう。彼女の判断によって、アメリカは際限なきテロリズムの拡大に飲み込まれることになる」

諜報的情報収集の為せる業だが、これは「犯罪か否か」問うことなのか。「我々は反則ヤリタイ放題でも、オマエはフェアプレーに徹しなさい!」━そんなダブルスタンダードは余りに理不尽でないのか。
だが、西側の大衆、殊に日本の大衆などは、こんなダブルスタンダードも「ごく普通のこと」と刷り込まれて久しい。さながら「ヘールシャムの子供達」の如くである。

米国(DS)の本心-

「一般の人びとを彼ら自身の問題に決して かかわらせてはならず、情報へのアクセスは一部の人間のあいだだけで厳重に管理しておかなければならない」
「政府がこれら文書を秘密とする最大の理由は、政府を自国民から守るためである」
「民主主義に対する深い嫌悪感がある」
(N.チョムスキー)

つまり、これに風穴を開けたアサンジ氏はDSにとって抹殺すべき「天敵」以外の何物でもない。生かしておいたら、「ヘールシャムの子供達」が自立してしまうような、おぞましい事態が起こりかねない。連中にとっては まさに悪夢だ。
即ち、アサンジ氏こそ、世界中の大衆が何としても救い出さねばならない人物である。

No.6 2ヶ月前

>>6
諜報的情報収集の為せる業だが、これは「犯罪か否か」問うことなのか。「我々は反則ヤリタイ放題でも、オマエはフェアプレーに徹しなさい!」━そんなダブルスタンダードは余りに理不尽でないのか。➡
痛快なコメント

No.7 2ヶ月前

>>6
米国(DS)の本心-
「一般の人びとを彼ら自身の問題に決して かかわらせてはならず、情報へのアクセスは一部の人間のあいだだけで厳重に管理しておかなければならない」「民主主義に対する深い嫌悪感がある」
「政府がこれら文書を秘密とする最大の理由は、政府を自国民から守るためである」
➡ストライク。バッター見逃し三振。
なんか、我が国も流石親分アメリカそっくり。

No.8 2ヶ月前

>>6
2016年 米大統領選の際、アサンジ氏は早くからヒラリーに投票しないよう警鐘を鳴らしていた-
「ヒラリーの関わった機密外電を何千通も入手し、読んだが、彼女は感情的に人を殺す、戦争大好きな超タカ派だ。絶対に投票してはいけない。ヒラリーはリビアに介入して大失敗したが、もし大統領になったら、もっと酷い介入をやるだろう。彼女の判断によって、アメリカは際限なきテロリズムの拡大に飲み込まれることになる」
➡ヒラリークリントンとトランプの選挙を思い出す。こんな事までアサジンが暴露、警告していたのですね。
単なる情報公開、民主主義擁護でなく、帝国主義者ヒラリーの告発なんですね。トランプは女たらしの低級な反撃では勝てなかったのは当然のことですね。

No.9 2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。