• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 2件
  • 「疑惑潰しを許すな! 安倍昭恵夫人を証人喚問せよ」小林よしのりライジング Vol.218

    2017-03-28 16:20  
    150pt
     首相を侮辱すると、証人喚問される時代。
     首相夫人を批判すると、首相がマジでブチ切れる時代。
     テレビで籠池理事長の発言を「正直に証言していたよね、すごいよね」と評価し、安倍昭恵夫人を堂々と攻撃する人がほとんど現れないが、そんなに憚られることなのだろうか?
     メディアは、「首相夫人は私人」という意味不明な閣議決定に意味もなくビビッて、闇雲に忖度しているところはないか?
     森友学園籠池理事長の証人喚問以降、時間を追うごとに昭恵夫人をかばうような言説が目立って感じられるようになってきた。批判する人間が増えてきたから、「公平性」をとってフォローするような体制も出てきたのだろう。
    「昭恵夫人はピュアでイノセントな方。ご活動の中で、いかがわしい人物が近づいて…」
    「昭恵夫人は、多様性を認める博愛主義者で…」
    「昭恵夫人は、被災者の声に耳を傾け、必要なことは首相に伝える人で…」
     昭恵夫人の人格を誉めそやすことは簡単だ。なにしろ、公的な活動をしてきた 公人 としての経歴が山ほどある人物だから。誰かが昭恵夫人の活動を紹介すればするほど、「どんだけ公人やねん!」としか思わない。
     当の昭恵夫人は、3月24日、北九州市の講演会で 「本当に私は普通の主婦で、普通の女性」 などと強調し、涙ぐんだという。普通の主婦が講演会でマイク握って釈明するかいな? せめて稲田朋美に倣って 「私の自覚に基づきますと、本当に普通の主婦なんです。自覚が間違っていることも推測されますが」 ぐらいのこと言っとけと思う。カマトトぶるのもいい加減にしてほしい。
     驚いたのは、TBS『サンデージャポン』でのテリー伊藤氏の発言だ。「昭恵夫人は人間的に凄いと思う!」と大絶賛。いわく、「普通ならこういう騒動になれば関係を断つのに、籠池夫人を信じてメールの返信をしている。毅然とした人間性が凄い」と。
     どこが「毅然とした人間性」になるのか?
      自分には何の問題もないのに一方的に嘘の疑惑をなすりつけられ、国家的大問題にまで発展しているのなら、「訴えますよ」と通告するのが、毅然とした人間のやることだろう。
     しかし、公開されたメールの内容を読めば、「私も修行」だの「頑張りましょう」だの「(森友学園に寄付宣言した)デビ夫人すごいですね!」だの共感して盟友であるかのような素振りを見せ、おまけに事態打開策として、安倍首相の提灯評論家・小川榮太郎氏を紹介して電話の取次ぎまでしている。
      もともと昭恵夫人と籠池夫妻にはそこまでの深い関係性があり、100万円の寄付についても「記憶から飛んでしまって」など、すっとぼけるのがせいぜいという後ろ暗さがあるから、毅然たる態度をとれずに、このようなやり取りが続いていったと考えるのが常識的な感覚だと私は言いたい。
    ◆昭恵夫人のFacebook反論は官僚作文
     昭恵夫人は、籠池証人喚問からたった4時間後、自身のFacebookに、かなり隙なくすべての問題点をばっちり網羅した完璧な反論文を投稿している。

     まず、籠池氏が偽証罪の縛りのなかで午前と午後、全国生中継されながらの証人喚問という条件であらゆる質問に答弁したのに対して、Facebookという超ミクロ「私」の世界で、好きなことを書いたり書かなかったりできる場所に文書を投稿することで反論するなど、なんの釣り合いもとれていないし、おかしいのだが、この文章そのものも昭恵夫人本人が書いたのかどうかが疑わしい。
  • 「トカゲ本体から目を反らすな! 籠池証人喚問が暴くもの」小林よしのりライジング Vol.217

    2017-03-21 17:50  
    150pt
     私はだまされているのだろうか? 籠池のおっちゃんを追い過ぎるあまり、だんだんあの顔に見慣れてきてしまい、問題発覚当初からの急速な面持ちの変わりように、籠池氏が受けている袋叩きの苛烈さと、その中での心境の変化が妙にリアルさを伴って感じられるようになってしまった。おまけに、報道陣に囲まれて自宅を出入りする姿を見ると、常に命の危険に晒されているようにも感じてハラハラする。
     その上、安倍首相の提灯ジャーナリスト・田崎史郎氏がどんどん籠池ファミリーを叩くので、しまいに「いやいや、確かに図々しいし、厚かましいし、独善的やし、在日差別するイヤ~なおっちゃんおばちゃんやけど、そこまで頭の回転する極悪人とはちゃうと思うで?」と言いたくなる境地に至ってしまった。
     確かにあのおっちゃんは、あかんおっちゃんや。あのおばちゃんも、あかんおばちゃんや。そしてあの息子は、だいぶやばい息子や。でも、あのファミリーだけを「悪の根源」と断じる方向に突き進んでしまうと、その悪を支えた「巨悪」「本当の悪の根源」から目をそらされてしまうのではないか?
    ◆「安倍首相から寄付金100万円」証言
     3月16日、籠池泰典理事長は、森友学園の小学校建設費について、安倍首相からの寄付金があったと主張した。
    「我々がこの学園を作り上げようとしたのは、 みなさんのご意思 があってこそだと思っています。そのご意思の中には、誠に恐縮ですが、 安倍内閣総理大臣の寄付金が入っている ことを伝達します」
     籠池氏の『みなさんのご意思』という言葉からは、小学校建設に賛同して寄付金を入れた多くの自称保守界隈の人間の姿、そして、園児らによる教育勅語朗誦を見て感心感激し、熱心に講演を行ってきた人間……百田尚樹、曽野綾子、櫻井よしこ、竹田恒泰、渡辺昇一、田母神俊雄らの顔が次々と浮かんでくるようだった。

    塚本幼稚園教育講演会の記録。あのボスも、あの魔王も! 自称保守キャラクター、オールスターそろい踏み!
    参照:http://www.tukamotoyouchien.ed.jp/lecture/
     そして、『安倍内閣総理大臣からの寄付金』――この言葉の衝撃力は凄まじかった。
     籠池氏によると、2015年9月5日、塚本幼稚園にて行われた安倍昭恵夫人名誉校長就任講演の際、昭恵夫人から「どうぞこれをお使いください」といって、現金100万円が手渡されたという。記名はなく、「どなたからですか」と聞くと、 「主人(安倍晋三)からです」 。領収書については「いや、まあ、それは結構です」と断ったという。
     籠池氏の長女・町浪氏は、この時の様子について 「塚本幼稚園三階の和室『玉座の間』で、安倍昭恵夫人と籠池理事長、時間帯によっては、副園長の籠池婦人が加わった3人で懇談が行われており、その場において、封筒に入った100万円を手渡された」 とした。
    籠池町浪氏(塚本幼稚園教頭)の証言要約
     2015年9月5日の安倍昭恵夫人名誉校長就任講演会の日、塚本幼稚園3階の和室「玉座の間」(!)で、籠池理事長と安倍昭恵夫人が2人きりで、時間帯によっては、そこに籠池諄子副園長が加わった3人で懇談をしていた。
     懇談を追えて和室から出てきた諄子副園長が、現金100万円を示しながら、町浪氏に対して、 「小学校を建てるにあたって、安倍晋三さんからいただいたよ」 ということを言った。100万円は封筒に入っていた。その日は土曜日で、郵便局がしまっており、すぐに入金できないため、その時は(大金を持っているのが)怖いので、いったん金庫に入れた。
     現金受け渡しの場面は自分は見ていないが、安倍昭恵夫人から籠池理事長に手渡され、それを、処理するために諄子副園長の手に渡り、そして、金庫に入った。
     その後、諄子副園長が、安倍晋三小学校寄付金払込票(↓)の

    (↑)左側のご依頼人欄に「森友学園」と記入した。右側の受領証の部分は、空欄だった。
     週明け、9月7日月曜日に、幼稚園の職員が、空欄にされていた右側に「安倍晋三」と記入して、もらった現金100万円とともに、この払込票を持って、淀川新北野郵便局の寄付金口座へ振り込みに行った。

     しかし、郵便局では左側の払込票と、右側の受領証の名義が違うので受け付けられないと言われて、その場で、修正テープを使って「安倍晋三」と書いたものを消し、「匿名」と書き換えた。だが、それもだめだと言われた。
     そこで、幼稚園職員が、携帯電話で塚本幼稚園の事務室に連絡した。連絡を受けた事務室の職員が顧問会計士に連絡をとって相談し、受領証の名義もそろえて「森友学園」にするほうがよいということになった。その旨を、郵便局にいる職員へ連絡し、「匿名」と書いたものをさらに修正テープで「(学)森友学園」に変更した。修正部分に淀川新北野郵便局長の修正印が押され、100万円が寄付口座に入金された。

    受領証の名義欄。修正テープの下には「安倍晋三」⇒「匿名」という文字が隠れている
     本来なら、寄付を受けた際は、寄付者名簿に名前を記入するようにしている(安倍晋三小学校の寄附者銘板に名前を刻印して顕彰するという約束もしている)。
     しかし、安倍晋三首相からの100万円に関しては、籠池理事長夫妻が、 「これは名前を伏せてほしいというご意向があった」 と、職員らに指示した。そのため、教頭である自分も、その後の処理を行う職員に対して「そういうことでお願いね」と指示した。
     結果、官庁に提出されている寄付金名簿では「安倍晋三」の名は伏せられ、この時の100万円は、「森友学園」によるものと記載されている。ただし、寄付金口座への入金については、学園側の記録のために「安倍晋三」の名義にしようとした。しかし、それは事務処理上叶わなかった。
     残された払込票は、「安倍晋三からの寄付」という証明はできない。しかし、籠池氏側の証言を裏付ける証拠ではある。修正テープには郵便局長の修正印が押されているのだから、この話を裏付ける取材も可能ということだろう。