• このエントリーをはてなブックマークに追加
WHO[「オミクロン株は、これまで例のないほど多くのスパイクの変異がみられ、その一部はパンデミックにつながる潜在的影響に関連する」。「新型は感染力がより強く、体の免疫、ワクチンをすり抜ける可能性がある。ニ三週間の内に状況把握できるであろう(NYT)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

WHO[「オミクロン株は、これまで例のないほど多くのスパイクの変異がみられ、その一部はパンデミックにつながる潜在的影響に関連する」。「新型は感染力がより強く、体の免疫、ワクチンをすり抜ける可能性がある。ニ三週間の内に状況把握できるであろう(NYT)

2021-11-30 08:03
  • 13

A;日本政府の対応
事実関係1「政府、全世界からの外国人入国停止 オミクロン株で水際厳格化―30日から1カ月」(時事通信)
 政府は29日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染が各国に広がっていることを受け、全世界からの外国人の入国を原則停止することを決めた。30日午前0時から当面年末まで実施。日本人帰国者らの行動制限も改めて強化。
 岸田首相は首相官邸で記者団に、今回の対応について「緊急避難的な予防措置として、外国人の入国は全世界を対象に禁止する。オミクロン株の情報がある程度明らかになるまでの念のための措置だ」「(厳格との)批判は私が全て負う覚悟だ」。
 政府は経済社会活動の拡大を目指しており、8日から、外国人ビジネス関係者や留学生、技能実習生の入国を条件付きで解禁した。しかし、オミクロン株の確認を受け、28日に南アフリカなど9カ国を対象にこの措置を停止。さらに30日から対象を

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く
他3件のコメントを表示

コロナ死者数、今日現在、
韓国 3、580名
中國 4、849名
日本18、354名
コロナ退治では日本は東アジアでは超劣等。どこを見て文章を書くんでしょうね。

No.5 1ヶ月前

国の場合も個人の場合も歴史がある。
現在の歴史が過去の歴史と比べて進歩しているか退歩しているかが重要である。

歴史は歴史として否定できないが、大切なことは、過去を反省し、現在未来をどのようにしていくか、また、生きていくかが問われるといえる。

例えば、小学生の時劣等生であっても、中学校から今までの学習を反省し、未来に対する目的を明確化学習し、トップクラスになれば、小学校の成績は否定できないが、学習面では一流大学に入れば目的を達したことになる。

過去は過去として大切であるが、現在においてどのように反省し、過去の過ちを現在に生かせるかがより大切なことである。昨日の孫崎さんの話された話を生かす道である。

過去は成績が良かったが、現在の成績が悪ければ、好ましいことではない。慢心したか、勉強の仕方が悪くなっているとも考えられる。

No.6 1ヶ月前

> オミクロン型は約50カ所の変異があり、感染力が強くワクチンが効きにくい可能性がある。

ワクチン「高接種率」韓国の惨状を見ても、オミクロン前の変異種にもワクチンは端から効いてない。

> 11月に南アフリカや隣国ボツワナ、イスラエル、香港で見つかった

南アでは、例えばCSSE@JHUのグラフから、秋以降、感染者数、死者数、共に相当減っていたのが、突如 感染者数 突出に見舞われているのが判る。だが、韓国と違って死者数はシンクロして増えたりしていない。何故か-

日本発の抗寄生虫薬の使用開始 南アフリカ、新型コロナ治療に(共同 2021/1/30)
https://nordot.app/728045545418260480

“南アフリカの医薬品規制当局は30日までに...抗寄生虫薬「イベルメクチン」について、新型コロナウイルスの治療薬としての使用を始めたと発表した...イベルメクチンの効果の有無は不明確で、南アの当局も治療薬として使うには「科学的根拠が乏しい」との認識を示す。一方、既に国内で非公式に広く使われ...使用解禁には、政府の制御下で、野放図な流通に歯止めをかけたいとの思惑があることを示唆した。”

つまり、事実上、南ア国内でイベルメクチンが普及したため、感染爆発は抑えられ、感染しても重症化/死亡は防げていたのでないか。イベルメクチン導入を大々的に進めたインドのウッタル・プラデシュ州と同じことだ。
だが、それで黙って引き下がるDSでない。

> オミクロン型は約50カ所の変異があり

こんなもの、人為的に作ったに決まってるでないか。元々長年イベルメクチンを導入していたアフリカ諸国に感染拡大は起こらず、毒ワクチン接種も からっきし捗らないことに業を煮やしたDSが、彼の地での人減らしを強行すべく、更なる猛毒ワクチンを持込んだ━これが真相でないか。

こんなニュースもある(自動翻訳)-

税関は10月だけで7,640錠のイベルメクチン錠を没収した(PULS 24 2021/11/28)
https://www.puls24.at/news/chronik/zoll-beschlagnahmte-7640-ivermectin-tabletten-allein-in-oktober/250227

“オーストリアの税関で今年の初めから合計24,169錠のイベルメクチンが押収された。”

“9月から11月中旬にかけて、合計15,844錠がオンラインで注文され、郵送されましたが、税関によって没収されました。 オーストリアでのイベルメクチン薬の使用の爆発的な増加は、10月から11月中旬まで行われたEU全体の税関キャンペーンでも確認されました。 押収されたイベルメクチンの出荷数では、オーストリアはEUで2番目にランクされています。”

“「過去数ヶ月で、ワーミング剤(駆虫薬)のイベルメクチンをコビッドの治療法とされるものとして採用する実際のキャンペーンを見てきました。これは税関による薬剤の発作の真の洪水につながりました」と財務大臣のGernotBlümel(ÖVP)は言いました。 しかし、コロナ病から身を守る代わりに、これらの人々は彼らの健康を危険にさらしている、と大臣は放送で警告します”

“Covid-19の治療のための準備は、EUのどこでも承認されていません。 欧州医薬品庁(EMA)によって検証されたいくつかの研究と分析は、イベルメクチンがCovidの治療をサポートしていないことを確認しています。”

イベルメクチン潰しに死に物狂いのDSではある。

No.9 1ヶ月前

TWTR:漫画家と医師の男性2人に対し賠償命令━先日観た一種の記録映画にあったポーランド映画制作関係者(だったと思う)の言葉-

「(老境に入って?)自分には寛容さが必要と思う。社会はトゲトゲしくなり、度が過ぎた批判は もはや憎悪でしかなく、その嵐に打ちのめされる。攻撃してくる者の姿がハッキリ見えていた時代にはあり得なかったことだ」

伊藤氏も「見えない敵」との延々続く不毛な闘いを余儀なくされたに違いなく、それに乗じて「顔出し」輩まで加勢したということか。「見えない敵」と言えば「Dappi」だ。
先日の生放送-

“軍事予算を増やすということは、必ず、その金を別途に使える可能性がある、ということ。そして今、中国の脅威が増している、という口実で米国への「思いやり予算」なるものを圧倒的に増やしている...500億円も上乗せなのだから、この金の一部を「中国の脅威」論を煽る書籍等に流すのも極めて簡単なこと。この循環をもう少し考えておく必要があるのでないか。”

「もう少し」でなく、「徹底的に」探る必要があるのでないか。係るカネは「伊藤氏潰し」の如き「案件」に充てられる可能性も十分あり得るからだ。

No.11 1ヶ月前

ビル・トッテン氏のブログからです。
No. 1354 誰もが見逃していた …… ワクチン接種者は未接種者と比べ最大9倍も入院している
投稿日時: 2021年11月28日
スティーブ・カーシュ氏はサーチエンジンのInfoseek始め数社を立ち上げた米国の起業家である。昨年、新型コロナの感染がおきたため資金を投じてコロナ治療基金を設立し、今年ワクチン接種が始まってからはコロナワクチンの安全性について、警鐘を鳴らしている。ツイッターのような大手プラットフォームからはデマだと排除されている彼のコラムは、Substackで読むことができる。(耕助) 続きを読む →https://kamogawakosuke.info/2021/11/28/no-1354-%e8%aa%b0%e3%82%82%e3%81%8c%e8%a6%8b%e9%80%83%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%84%e3%81%9f-%e3%83%af%e3%82%af%e3%83%81%e3%83%b3%e6%8e%a5%e7%a8%ae%e8%80%85%e3%81%af%e6%9c%aa%e6%8e%a5%e7%a8%ae/#more-6174
こちらのブログや皆さんの投稿から考えると
今のコロナウィルス風邪騒動はインフルエンザ程度の風邪をDSが支配下に置くマスコミキー局を使い、10年の治験を飛ばしてワクチン接種という法律違反を正当化するキャンペーンを行い、濡れ手で粟を推進する利権があると思われて来ました。
このワクチンはインフルエンザワクチンの270倍の致死率誇る危険性があり、どうも薬とは思えません。
日本では過去にサリドマイドや薬害エイズとか重大な薬害が発生しています。
法律違反で10年の治験を飛ばしてワクチン接種は重大な問題と思われます。
若い人や子供まで打ったら最悪、日本人の遺伝子が損傷し日本人の絶滅すらあり得ます。
危機管理は最悪事態に備えリスクを最小限にすべきと思われます。
若い人や子供にワクチン接種はすべきでありません。

No.13 1ヶ月前

>>2
ありがとうございます。知りませんでした。どうせ自称民主主義国の北京オリンピックの妨害、嫌がらせ行為だとは思って
いましたが。

No.14 1ヶ月前

>>9
すごいですね。あなたのの有料メグマガを購読します。ホームページを教えてください

No.15 1ヶ月前

>>13
拍手 パチパチパチ 孫さんのメルマガよりこんなコメントがいい。頑張りましょう。絶対大丈夫。
ウソはいつかばれる

No.16 1ヶ月前

>>13
全く同感です。

No.17 1ヶ月前

米CDCのファウチは日本のメデイアにかかると「コロナと闘う神様」だが、米国では「私が科学だ」と豪語する重度の精神疾患者だと罵られてます。つまり、81歳の耄碌ジジーなんですが、この男がバイデンはじめジョンソン、岸田を牛耳っている。笑うに笑えない。

日本のジャーナリズムは米国のどこを見て記事をかいてるんでしょうかね。

No.18 1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。