• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「劣化ネトウヨ議員の増殖」小林よしのりライジング Vol.263
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「劣化ネトウヨ議員の増殖」小林よしのりライジング Vol.263

2018-03-27 20:05
  • 158
  • 3
72fb1ce34d59e15889f7d5df6d4dc68b237d894c
第263号 2018.3.27発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしの人たち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」…森友問題に関する国会集中審議で太田理財局長に対し、根拠の一切ない前代未聞の侮蔑質問をした自民党議員・和田政宗。さらに前川喜平前事務次官が行った講演の内容照会を、文科省が名古屋市教育委員会に求めた問題に関わっていた赤池誠章と池田佳隆。いずれも完全なるネトウヨ議員なわけだが、気が付いてみれば、国会議事堂の中にはネトウヨ議員だらけという、目も当てられない惨状になっている。この際だから、衆参別五十音順に列挙してみよう。
※「泉美木蘭のトンデモ見聞録」…森友公文書改ざん事件に関して、フジ産経の政権擁護があまりにひどすぎる。フジテレビ「Mr.サンデー」では橋下徹氏が登場、“安倍首相夫妻の弁護士”として振る舞った。「官僚が政治家に忖度するのが民主主義」「人事権・予算で動かすのは当たり前」「昭恵さんに広告塔の責任はあるが違法不正なことではない」「証人喚問なんか無意味」…数々の詭弁・強弁を斬る!
※『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて、一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてくり!」。ぽっくんのクレイジー・ジャーニー!マチャイ族の酋チャマと対面ぶぁい!ぽっくん、世界中のどんな人とも心が通じ合えると信じとるぶぁい!さぁ、しゃべらせてクリ!

 089a94319cc5054fbc70eadde673d4f179f16e50


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第270回「劣化ネトウヨ議員の増殖」
2. しゃべらせてクリ!・第221回「マチャイ族の酋ちゃまと対面ぶぁ~い!の巻〈前編〉」
3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第74回「独裁者志向で安倍夫妻を守る橋下弁護士の詭弁」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 編集後記




f4a7bdb81903f46c0115b6cb0a293e4301954e2f

第270回「劣化ネトウヨ議員の増殖」

 森友問題に関する19日の国会集中審議で、自民党参院議員の和田政宗「太田理財局長は民主党政権時代の野田総理の秘書官も務めておりまして、増税派だから、アベノミクスをつぶすために、安倍政権を貶めるために、意図的に変な答弁をしているんじゃないですか?」という、前代未聞の侮蔑質問をした。
 根拠の一切ない、ネトウヨそのものの妄想陰謀説である。
 太田理財局長は「あの、私は、公務員としてお仕えした方に一生懸命お仕えするのが仕事なんで。それをやられるとさすがに、いくらなんでも、そんなつもりはまったくありません! それはいくらなんでも、それはいくらなんでも、ご容赦ください!」と憤慨に声を震わせて答弁。
 和田の質問に対してはメディアでも非難轟々となり、翌日の国会質問では「部下が辱めを受けたら抗議すべきだ」と指摘された麻生太郎財相が「レベルの低い質問はいかがなものか。軽蔑する」と答弁せざるを得なくなり、和田の発言は議事録から削除された。

 和田は現在43歳。元NHKアナウンサーで2013年の参院選にみんなの党から出馬して当選。次世代の党(後・日本のこころ)を経て昨年6月自民党に入党した。
 以前からネトウヨ議員として有名で、辺野古の座り込み現場へ行って「不法占拠だ」と演説し、もみ合いになると「暴行を受けた」として同行者と共に被害届を提出。その時に「加害者」として名指しした人の中に87歳のおばぁまで入っていたということで、ネットで話題になったことがある。
 そして和田は安倍首相の大のお気に入りらしく、昨年自民党に入党したばかりなのに異例なほど安倍と面会し、安倍の党首討論や街頭演説、ネット番組への出演の際にも同行しているという。
 また、今年2月には安倍がフェイスブックに「哀れですね。朝日らしい惨めな言い訳。予想通りでした」と書き込み、首相とは思えない下品さに騒然となったことがあるが、これも和田が書いた朝日バッシング記事につけたコメントだった。

 一方、前川喜平前事務次官が行った講演の内容照会を、文科省が名古屋市教育委員会に求めた問題に関わっていた国会議員は、自民党参院議員赤池誠章と衆院議員池田佳隆で、この二人は自民党の文科部会長と部会長代理だ。
 赤池誠章は56歳、松下政経塾出身で2005年に衆院に初当選。その翌年に成立した第1次安倍政権下で教育勅語を絶賛するなどの発言を積極的に行ったが、1期で落選。
 2013年に参院に当選して国政復帰し、文科相政務官などを務めているが、2015年には文科省が「国際教育」をテーマに東宝とタイアップした映画『ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』の「友情に国境はな~い」というキャッチコピーに激怒し、ブログにこんなことを書いた。
「国家意識なき教育行政を執行させられたら、日本という国家はなくなってしまいます。文科省の担当課には、猛省を促しました」
 外国人の友達ができるという話の映画に「友情に国境はない」ってコピーを付けたら国家意識がなくなって、日本という国家がなくなる!? ほとんど狂っている。
 だったら「芸術に国境はない」とか「音楽に国境はない」とか言ったら亡国か!?
 呆れるほどのバカである。こんなネトウヨが国会議員で、以前から教育行政に圧力をかけ続けていたのだ。

 一方の池田佳隆は51歳、元日本青年会議所会頭で、その当時から安倍晋三の「愛国教育」に心酔。自民党が政権復帰した2012年の衆院選で初当選した安倍チルドレン、いわゆる「魔の三回生」で、「安倍の愛弟子」を自任している。
 池田は今回、文科省が名古屋市教委へ問題の質問を送る際に、その文面が「手ぬるい」として書き換えさせたという。
 そのせいか文面には「天下り問題で辞任」だの「出会い系バー」だのと、文科省の文書とは思えないことまで書かれていたわけだが、とっくに済んだことを持ち出して「安倍政権の敵」を執拗に攻撃しようというこの態度、まさにネトウヨそのものである。

 最近騒ぎを起こした和田、赤池、池田、いずれも完全なるネトウヨ議員なわけだが、気が付いてみれば、国会議事堂の中にはネトウヨ議員だらけという、目も当てられない惨状になっている。
 この際だから、衆参別五十音順に列挙してみよう。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他148件のコメントを表示
×
 あと、これもやはり言っておかうかな?以前から言ってゐることなので。

 3月31日づけで、山陰地方の江津(がうつ)-三次(みよし)間を走る三江線は廃線になりました。

 結局時間も予算の都合もつかなかったので乗りにゆけませんでしたが(そのくせ、関西道場にはしっかり参加してゐる)、かういふ鉄道があったことは覚えておいて欲しいです。たまたま宮根某の番組を見てたらやってゐたので、つい「鑑賞」してしまいましたが。

 三次といふ町はとても魅力的なところらしくて、「霧の町」と呼ばれたり、文化財が多かったり、内田康夫先生の浅見光彦シリーズの第一作の舞台になったり、後鳥羽上皇の伝説があったりと、なぜこのやうな歴史や伝統のあるところを走る路線が潰されるのか、不思議でなりません。本数を増やせば維持できたかもしれないのに。
 江津といふところも、雪舟のつくった庭園とかあるさうで。港町として、紙づくりで栄えてきたさうです。
 やはり、スピードとか複線とか、電化とかモータリゼーションとかいふ話になるんでせうか。イナヅマイレヴン、もといTPP11やオリムピックに気をかまけてゐないで、かういふところにお金を投資しておくべきなのでは。それこそ、死馬の骨を拾ふことになるのでは?
 リニアの談合のことを批判して、新聞の投稿欄に一度やってみましたが、採用はされませんでした。

 おほやけとか、伝統とか、縦糸と横糸の問題ともつながりがありさうなので、こちらに投稿します。
 「サクラクエスト」といふアニメでも、土地を捨てて集住できるものか、といふ話をやってゐました。
 それにしても、高台の駅のノートを回収してたおばあさん、大変だったらうな。長生きして欲しいです。

 それでは、次号を期待します。
3週間前
×
おはよーぐると!
SPA読みましたよ!(dマガジンで。後で実物も購入して保存版にします)。
美味そうなパンで腹が減り、貫禄ボケで笑い、山尾・倉持両氏との鼎談、ゴー戦激闘史と盛りだくさんで、これは保存版にせにゃアカンです。
3週間前
×
本日4回目ですが、許してちょんまげ。
SPA購入しました。
西遊記で、天上の一日は一年だといふ下りがありますが、まさしく刹那の間ですね。
山尾志桜里議員や倉持辯護士との対談も面白かったです。

これから毎週大変でせうが、頑張って欲しいです。
3週間前
×
ゲスト 名義はまぎらわしいとのことで
アイコンを変更しました。

小説幻冬のおぼっちゃまくんを読み終えました。
これぞ我々が望んでいたおぼっちゃまくんだ!
という完成度で満足しています。
正直な所、コロコロアニキ新作のおぼっちゃまくんは
自分的に「う~ん?微妙」と感じていたので
なぜそう思ったのか説明しないと単なるアンチ認定されそうなので
先ずアニキ新作 無人島でサバイバルぶぁい!の感想から

最も不自然な展開だなと違和感を感じた部分は
無人島トレーラー内で人食い人種を蹴散らした
貧ぼっちゃまの活躍にスネた茶魔が一人離れ小島に移動して
そこから先の茶魔VS貧、袋、柿連合のやり取り~ラストまでの展開で
唐突に貧ぼっちゃまが「水を奪わなければ我々が滅びる!全員出撃!」
と号令をかける。貧ぼっちゃまは茶魔達の後から非正規なルート
トレーラの天井から内部に侵入したのだから、同様のやり方で
脱出出来るんじゃない?そもそもサバイバル能力に長けた彼なら
海水のろ過、蒸留なんて容易く出来るでしょうに。出撃号令の直後に
一瞬でイカダを組み立ててるのですから。それに対する沙麻代の
「戦争する気なの?」というセリフも不 自然極まりない。
御坊私設軍VS袋小路私設軍ならともかく、小学生4人のイザコザで
戦争ってワードが出てくるのが…「よしなさいよ、ケンカは」
とかなら普通だと思いますが。

そして一番違和感を感じたのが
貧ぼっちゃまが沙麻代を「たかが女」と一蹴する所 え?
貧ぼっちゃまも茶魔同様に沙麻代にホレてるんですよ?
しかも彼は女性に対してはどんな時も紳士な男ですよ。高尾山ハイキングの回や
絶海の地球王で暴走したりもしましたが
女性を見下したり罵ったりはしないキャラでした。
清貧で紳士だから、当時男性キャラでは女性人気ダントツ一位で
当時の読者コーナーの投稿イラストでも絵の上手い小学校高学年や
中学生くらいの女子は男吾やワタルやビックリマンのキャラばかり
描いている中、貧ぼっちゃまだけはそんな女子が描いた物も多かった。
最後の たかが砂金 に釣られる沙麻代もヘン、彼女は超お嬢様
御嬢商事の令嬢ですよ。大亀津依奈じゃないんだから。
なぜ貧ぼっちゃまと沙麻代のキャラが崩壊してるのか自分なりに
考えた結果、これは最初から離れ小島をめぐる戦争ありきで
全体のお話を作ってたからではないかと。
3週間前
×
あのやり取りは小林先生が当時ゴー宣や道場のブログでよく語っていた
竹島や尖閣諸島の件で口だけは勇ましい事を言ってる自称保守やネトウヨは
大局を見る目が無いから、勇ましさだけで押し通して
これでよかったーと息巻いていたところで、すぐに八方塞がりになり破滅する。
という内容そのままですよね。「たかが女」も先生がよく言われる
自称保守やネトウヨの皇室感等には女性蔑視の考えが蔓延している ですね。

昔からおぼっちゃまくんには時事ネタを扱った風刺がありましたが
例えば周囲の期待その他のプレッシャーに押し潰されてドーピングに走った
ベン・ジョンソンの悲哀を茶魔の頭脳ドーピングと絡めて描いたりと
これをどう見るかの最終的な判断は読者に委ねていて
どちらか一方が決定的に正しくて、もう片方は間違ってるといった決め付けや
特定の個人や集団の政治的主張が正しいといった啓蒙は作品に含めていませんでした。

しかしアニキ新作の茶魔には明らかに貧連合の自称保守的な考えは愚かであって
「女性蔑視に走るくらいなら、たかが○○ととらえる」
「好きに使ってクリと争わず、逃げの一手に見えても最終的に蛮勇連中に勝利」
茶魔=ゴー宣道場側が正しい的な啓蒙が含まれていて
啓蒙優先でお話を作った結果、砂金に釣られる超お嬢様 な微妙オチと
女性蔑視な貧ぼっちゃまという一番ダメなキャラ崩壊を招いたと感じたので
茶魔と日本の人食い人種との会話とか離れ小島のやり取り直前までは
とても面白かった分、自分的になおさら「う~ん、シメの展開が微妙」となったのです。





そして自分は当時の先生のブログに新作を描いている最中に
スタッフ2名が違和感を示したと書かれていたのも
節度ある風刺の枠をこえた、道場側の主張を絶対視して
それ以外を揶揄する啓蒙活動的な何かが
半ば強引に作中に盛り込まれていたからでは?
と邪推する様になったのです。小説幻冬の新作は
共産党や日教組の機関紙へ移籍した後の
はだしのゲン みたいになってしまうのではないかと。
3週間前
×
まあ結果的に、その懸念は自分の愚かな邪推で終わったわけですが。
行動も言ってる事も何かヘンで滑稽なんだけど
何故か格好よく見えてしまう 本来のキャラに戻った貧ぼっちゃま
折目正の従兄弟にしか見えない新キャラ・マジローの圧倒的な存在感
これ以上ネタバレは書きませんが中盤のギャグもラストの読者をビビらせて
最後ホッとさせるオチも秀逸。風刺も効いてますが道場の主張が正しい
的な啓蒙要素は皆無。面白いのはこの作品はアニキ新作の後
完全新作単行本用に書き溜めていた2017年の作品を
今現在の流れに合わせて手直しした感じなので、「忖度は絶対してない」と
発言していた当時の政権を皮肉ったと思われる、絶対忖度しないマンな
マジローのキャラが文章改ざんが確定した今では
「官僚は官邸を「忖度」してはならない」と官僚に聖人的振る舞いを求める
小林先生寄りに見えてしまう所です。ブルゾン流行語ネタのちょい昔な所も

コロコロ創刊伝説の3巻も買いました。驚いたのは小林先生が
「ワシは心のどこかで、コロコロ読者の子供たちを甘く見とったのかもしれん。」
「だが、じつは子供たちこそ本当に厳しい目を持った読者やったんや…!!」

と謙虚すぎる発言をしてる点。近年の先生は卑怯者の島や新堕落論が
商業的には上手くいかなかった事を、「大衆は難しいことは考えたくない
耳の痛い話は聞きたくない、リテラシー能力を失い、感情も知性も劣化し堕落てるから
厳しい現実を突きつけ深く考えねばならんワシの作品は好かれない。」と分析し
売れてる他作品を「保身主義の大衆は自分にとって都合がいいものだけ求めるから
日本カッコイイ 恋人が不治の病で悲しい といった中身の無い表層的な気持ちよさ
だけの薄い作品ばかりうける」とこき下ろして、
売れないのは自分の責任ではなく、出版不況や劣化した国民等、全て外的要因のせい
としていたので、作中の先生もてっきり
「子供は読解力がなくて当然、だからワシの漫画みたいな応用編は理解出来ない
入門編のドラえもんを理解するので精一杯」と平山編集に啖呵切るものだとばかり(笑)

あと百億円札束ノートに驚いてる写真の超スリム体系な小林先生が
最近のゴー宣で描かれてる丑の刻参りスタイルの竹田恒泰ソックリなのが(笑)
3週間前
×
>>158
なんかその場にいなかった朝日の株が上がっただけ感しかしないですね(笑)
一説には誘いあったけど断ったって説もありますが(真偽はわかりません)
3週間前
×
SPA!を購入しました。
ああ、本当に復活したんだなあ。思えば成人して東京に上京してから地元を行ったり来たりを繰り返していたが、手元には常にゴー宣があった。
あれから20年余り、過去を振り返って自分の心のつっかえ棒は小林よしのりだったなあと実感した。
ラストの「ゴー宣復活!」、「おぼっちゃまくん復活!」には目頭が熱くなった。

おぼっちゃまくんの癒しとゴー宣のつっかえ棒と大東亜論による腹わたの腐り止めで、自分はまだ大丈夫と確信した!
いや、日本はまだまだ大丈夫なんだ!

あと、岡田サリオのお尻に未来を感じました。

そういえば、小説幻冬のおぼっちゃまくんをまだ読んでいない。
電子書籍にしてくれたら直ぐに読めるのに。
3週間前
×
地方在住なので、まだ書店でSPA!を買えません。
(書店で買うと決めているので・・・)
書店に並んだら、ソッコーで買いに行きたいと思っております。
3週間前
×
SPA!を買いました。

コンビニを三軒回って漸く買いましたが。

どうやらやっぱり注目されていますね。

よくまあフジサンケイグループも再び掲載してくれましたね。

とは言っても、安倍政権は新聞社とテレビ局を抑えたいと言うただそれだけなのでしょうけれど。

さあて、最終ラウンドと言ったところでしょう。
3週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。