• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 「スマホとメディアとフェイクニュース」小林よしのりライジング Vol.243

    2017-10-10 20:301791
    150pt
    6c4ccd4127223c9d7da5504e726e8f315644727a
    第243号 2017.10.10発行

    「小林よしのりライジング」
    『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
    毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしの人たち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

    【今週のお知らせ】
    ※「泉美木蘭のトンデモ見聞録」…10月8日(日)の東京新聞に、20代若者の1カ月の外出回数が、70代高齢者を下回るという記事が載っていた。民間の広告代理店が今年3月に実施したこの調査結果を見ると、若者世代がとにかく「自宅にいることを好む」実態が浮き彫りになっていた。このレポートでは「スマホ」が原因だと結論づけられていたが、果たしてそれは若者の現実を正しく分析できているだろうか?
    ※「ゴーマニズム宣言」…いよいよ衆院選は公示された。あまりにも解散から公示までの間の変化が目まぐるしすぎたが、わしとしては、この選挙の焦点はただ一つだと思っている。安倍政権が退陣する結果になるかどうかだ。一時の小池百合子人気もかなり失速し、結局は自公が「漁夫の利」を得ることになる…という予想もある。小池百合子に対する評価を、ライジング読者だけにこっそり教えよう。
    ※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!新しいNHK連ドラ「わろてんか」はどう?「意識高い系」という言葉は茶々松くん?お酒では何が一番好き?今の北朝鮮問題を見ると、日本の安定はやはり憲法9条によるとも考えられるのでは?心に残っているアニメソングは?小池百合子は首相の椅子を諦めていない?仕事とプライベート、オンとオフを完全に切り替えることは可能?…等々、よしりんの回答や如何に!?


    【今週の目次】
    1. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第52回「スマホとメディアとフェイクニュース」
    2. しゃべらせてクリ!・第201回「秋深し、おでん味わう季節ぶぁい!の巻〈前編〉」
    3. ゴーマニズム宣言・第248回「わしの小池百合子の評価をこっそり教える」
    4. Q&Aコーナー
    5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
    6. 編集後記




    b94b438756f77d5d3209e8c0ce0647b05c8fae71

    第52回「スマホとメディアとフェイクニュース」

     10月8日(日)の東京新聞に、20代若者の1カ月の外出回数が、70代高齢者を下回るという記事が載っていた。民間の広告代理店が今年3月に実施した調査だが、家から出かける内容について、通勤・買い物・外食・美容・娯楽・通院など18項目に分類し、その頻度を算出したところ、全年代の1カ月の平均は43.6回。
     年代別では、30代が一番活発で49.1回。70代が40.8回だったが、なんとこの調査のなかで一番若い世代である20代は70代を3.5ポイントも下回る37.3回であった。

     0bec84ddad6364e3d5c8b4be8e019d4eb929a9c3
     ジェイアール東日本企画「Move実態調査2017」レポートより

     既婚者は子供がいたりして、育児や学校、病院など自分以外のことで出かける用事も増えたりするから、未婚・離別者よりすこし多いのだろうとすぐに察しがつくが、リタイアした70代よりも、20代のほうが顕著に少ないというのはどういうことなのか?
     調査結果を見ると、若者世代がとにかく「自宅にいることを好む」実態が浮き彫りになっていた。

     c762e1f227ace75ac15b5e3e49eeb4ceee779608
     同レポートより。若者ほど「ひきこもり傾向」が高い。

     若ければ若いほど「外出しないでよいならなるべく家にいたい」「家にいるのが好き」「自分はどちらかというと“ひきこもり”だと思う」という意識が高まり、20代の3人に1人が「一日中ずっと家の中で過ごせるほうだ」と回答している。また、20代の70%以上が「趣味はインドア派」と答えているが、対照的に、70代は全年代のなかでもっともアウトドア率が高かった。

     私もアウトドアは虫に噛まれたり足首をひねったりするので苦手で、外出せずに済むならずっと部屋でなにか書くか読むかしていたいタイプだから20代に近いんです、とか思ってしまうが、それはあくまでも私の趣味嗜好と仕事柄の問題。
     このレポートによると、どうやら20代の自宅好きは「スマホ」が原因だと結論付けられていた。
    「スマホネイティブの若者は“家好き”傾向。世代が増えて、SNSやネットショッピングなどが浸透したことにより、あらゆることが自宅にいながらにして行なえるようになったことが移動減に拍車をかけている」と。

    ●スマホ持っても出掛けたいやろ?
     この調査の結論はなんだか腑に落ちない。
     スマホがあるから“家好き”だというのは、モノが広告代理店の調査だけに、ネットビジネス向けの展開願望が入り込んで、あまりにも浅薄に結びつけすぎているように感じるのだ。 
  • 「小池百合子と選挙とカネの話」小林よしのりライジング Vol.242

    2017-10-03 21:351412
    150pt
    6c4ccd4127223c9d7da5504e726e8f315644727a
    第242号 2017.10.3発行

    「小林よしのりライジング」
    『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
    毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしの人たち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

    【今週のお知らせ】
    ※「泉美木蘭のトンデモ見聞録」…書店に並ぶ雑誌を眺めると、「小池百合子参戦でいよいよ安倍政権が終焉だ!」と希望的観測だけで報じる記事が踊っていたりする。しかし小池氏の“リベラル排除”宣言、さらには「カネ・カネ・カネ」の“お金ファースト”な党の事情が次々に明らかに。都ファがらみでもかなりひどい話があったようで…?小池百合子の選挙とカネを巡る実態を詳報!
    ※「ゴーマニズム宣言」…小池百合子は以前からやたらとカタカナ語を使いまくっていて、「ルー大柴か!」とツッコミを入れる者も多かったが、「希望の党」を立ち上げ自ら代表に就任すると表明した会見の中で連発し注目を浴びた言葉が「アウフヘーベン」だ。異論を排除して、党内を一色に統一してしまって、意見の対立も起こらないところで、何をどうアウフヘーベンしようというのか?小池百合子は「アウフヘーベン」の意味など全く理解していない!
    ※『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて、一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてくり!」。袋小路くん、ぽっくんの大技ラッシュを受けてみんしゃい!…受けてもビクともせんって、どういうことでしゅか~?今回で記念すべき200回!毎回、熱戦続きのこのコーナー、第200回のMVPを獲得するのはどなたさんでしゅか!?

     ef25b5dfc2d89b2a2a109aee123ad0ca2a55e2f4


    【今週の目次】
    1. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第51回「小池百合子と選挙とカネの話」
    2. しゃべらせてクリ!・第200回「燃える闘魂!戦いのワンダーランドぶぁい!の巻〈後編〉」
    3. ゴーマニズム宣言・第247回「アウフヘーベンの本当の意味」
    4. Q&Aコーナー
    5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
    6. 編集後記




    b94b438756f77d5d3209e8c0ce0647b05c8fae71

    第51回「小池百合子と選挙とカネの話」

     書店に並ぶ雑誌を眺めると、「小池百合子参戦でいよいよ安倍政権が終焉だ!」と希望的観測だけで報じる記事が踊っていたりする。「小泉純一郎とタッグを組んで『脱原発』で攻め込む気だ!」と。まだ、希望の党という名も、民進党との“合流”も、“リベラル派は排除いたします”も発表される前に書かれた原稿なのだろう。時々刻々と動乱が起きている現在、この原稿も配信時にはすでに古びてしまっているかもしれない。

    ◆「700万円すぐ払えるか?」
    「衆院解散か?」の話が出はじめた9月半ば、小池都知事の側近・若狭勝氏が立ち上げた政治塾の塾生のもとに、若狭氏本人から「選挙に出ないか」と電話がかかってきたという。政治塾初回の講義の直後だった。
     電話に出た塾生が、まず最初に聞かれたのは、「700万円がすぐ払えるかどうか」。その内訳は、小選挙区と比例それぞれの供託金が合計600万円、そして、新党の運営費として100万円。いわゆる“上納金”だ。それから、住まいの選挙区についてたずねられ、どのぐらい離れた場所から出馬できるかなどの質問があり、「選挙になれば、事務所の家賃やスタッフの人件費などは当然、自腹で負担しなければならない」と言われたという。

     地方議員出身のある男性は、長らく政治の世界からは離れていたものの、初参加した政治塾で聞かされた理念に共感。そのわずか3日後に、若狭氏本人から電話がかかってきて、出馬を打診されたので、気分が高揚して「全力でやります」と即答したという。

     政治にはカネがかかる、立候補はタダではできない。素人でもそれなりに理解はできるし、男性がどれほど余裕のある人物なのかはわからないが、もし私が友人だったなら、話をここまで聞いた時点でこう言って引き留めただろう。

    「政治塾でたった1回講義を聞いただけで、その主宰者から、いきなり700万円払えるかって電話かかってくるの、変じゃない? というか、あなたは政治塾に共感したかもしれないけど、相手は、あなたの何に共感して、どこを認めて出馬してくれと言ってるの?
     結局、確認されたのって、カネがあるかどうかだけじゃない?」

     この政治塾について報じる朝日新聞の記事(2017年9月16日)によると、講師は小池百合子氏で、約200人の参加者が集まったとされている。少数精鋭の寺子屋のようなところで、じっくり対面して議論したというならまだしも、若狭氏が特別にこの男性の政治信条や人となりを知って説得にかかったというわけではないようだ。同様の電話はほかの塾生にもあったようだから、とにかく手当たり次第に打診したのだろう。

     数日後、若狭氏から再び電話があり、「選挙区が決まったから準備をはじめてほしい」と言われ、男性は事務所スタッフ約10人をはじめ、選挙用品などを調達したという。ところが、その直後に小池氏が記者会見を行い、希望の党の立ち上げを発表。

    「若狭さん、細野さんたちが議論してきましたけれども、リセットいたしまして、私自身が立ち上げ、直接絡んでいきたいと思っております」

     こう宣言するや、若狭氏の効力も見事に“リセット”されたようで、男性は若狭氏と連絡がとれなくなったという。若狭事務所に電話すると、スタッフが言うのはまたカネの話だった。

    「心配だろうが準備を進めてほしい。現金を振り込んでもらえばすぐ公認は出ますから

     結局、その後の“民進合流”や、公認選別のニュースとともに、男性は若狭氏からうやむやに突き放されており、700万円を納めることもできず、右往左往して選挙演説もできないまま、雇ってしまった10人の事務所スタッフとともに途方に暮れているらしい。
     最終的には自分が出馬すると決断したことだから、政局が読めないのに勇み足を踏んだ本人にも責任があり、「被害をこうむった」とは言えないが、若狭氏の「選挙区が決まったから準備をしてほしい」という言葉を信じて、かなりの出費はしているだろう。

     以前、選挙の取材でいろんな立候補者を密着したことがあるが、「選挙用品」とひとくくりに言っても相当な品数をそろえなければならないので驚いた。 
  • 「『説明責任』を錦の御旗にするな!」小林よしのりライジング Vol.241

    2017-09-26 20:00242
    150pt
    6c4ccd4127223c9d7da5504e726e8f315644727a
    第241号 2017.9.26発行

    「小林よしのりライジング」
    『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
    毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしの人たち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

    【今週のお知らせ】
    ※「ゴーマニズム宣言」…山尾志桜里議員の不倫疑惑スキャンダルに対して、未だにバッシングが収まらない。そしてその際に、必ず言われるのが「説明責任を果たしていない」だ。誰も彼もが「説明責任」を錦の御旗のように掲げ、説明責任を果たさざる者人間に非ずとでも言いかねない勢いだが、説明責任が求められる類の話か否かは、物事によってまったく違う!政治家の不倫スキャンダルは?森友・加計学園疑惑は?パワハラ問題はどうなのか?そもそも民主主義において「説明責任」とは絶対条件、絶対正義なのか?
    ※「泉美木蘭のトンデモ見聞録」…ジャーナリスト志望の詩織さん(28)が、当時TBS記者で“安倍首相とかなり近い”ジャーナリストでもある山口敬之氏に強姦された事件。『準強姦罪容疑』逮捕状が発布されたにも拘わらず、逮捕直前になって理由もわからぬまま逮捕中止、その後、山口氏は書類送検され不起訴処分となった。詩織さんは記者会見を行い、今年5月に検察審査会への不服申し立てを行ったが、先週、東京第六検察審査会が下した結論は「不起訴相当」。果たして検察審査会の議決は正当なものなのか?そもそも検察審査会とは信用に足るものなのか?
    ※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!日本の司法が、真に司法としての役割を果たすには何が必要?若き日のよしりんはギターでどんな曲を弾いていたの?自分で作詞作曲した曲はある?北朝鮮問題を議論することと解散総選挙、どっちを優先すべき?「おはぎ」は主食?おかず?デザート?芸人がコメンテーターになることをどう思う?小池新党へ合流する元自民党議員はアリ?…等々、よしりんの回答や如何に!?


    【今週の目次】
    1. ゴーマニズム宣言・第246回「『説明責任』を錦の御旗にするな!」
    2. しゃべらせてクリ!・第199回「燃える闘魂!戦いのワンダーランドぶぁい!の巻〈前編〉」
    3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第50回「なぜ? 準強姦もみ消し疑惑が『不起訴相当』」
    4. Q&Aコーナー
    5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
    6. 編集後記




    4d3230506b9f2ef38741f237cff874960e283999

    第246回「『説明責任』を錦の御旗にするな!」

     山尾志桜里議員の不倫疑惑スキャンダルに対して、未だにバッシングが収まらない。
     そしてその際に、必ず言われるのが「説明責任を果たしていない」だ。
     しかし、山尾氏は「不倫はしていない」と言っているのだ。本人が「していない」ことを、それ以上どう説明しろと言うのだろうか? 
     立証責任は「している」と主張した側にある。そして山尾氏が不倫をしたという決定的な証拠は、未だに誰も出せていないのだ。週刊文春も細野豪志の「路チュー」や今井絵理子の「手つなぎ」のような決定的写真を一枚も撮ってない。
     山尾氏に「説明責任を果たせ」と言っている連中は、要するに「やったんだろ? やったと言わないと、説明責任を果たしたとは認めないぞ。どういうふうにやったんだ? 説明責任果たせよ!」…と言っているのである。
     下司の極みでしかない暴言を、「説明責任」という言葉でごまかしているだけなのだ。

     それに対して、森友・加計学園疑惑で「説明責任」が問われるのは当然である。
     辛坊治郎などは「加計問題」は「フェイクニュース」であり、何の問題もないと言っているようだが、すっかり安倍政権の太鼓持ちになり果てて、常識的な思考力も失ってしまったらしい。
     これは巨額の公金が投じられる問題である。我々の税金も投じられるし、今治市は総額37億円相当の建設予定地の無償譲渡と、最大96億円の建設補助金支給、合計133億円もの補助を決めている。それならば、その支出が妥当かどうか、国民に対して十分納得のいく説明が必要なのは当然である。
     その際には本当に獣医学部の新設が必要なのか、本当に今治市の地域振興の役に立つのかという説明責任も絶対に果たされなければならない。
     これは完全に公的な問題であり、全くやましいことがないのなら官僚が資料を隠さず、判断材料を全部テーブルの上に並べればいい。
     その上で、安倍が自分のお友達に便宜を図るために行政を歪めたのではなく、全く正当な手続きに則っており、税金の無駄遣いにもならないと、説明責任を果たして見せればいいだけのことだ。
     とにかく税金の無駄遣いをしてほしくないという公的な問題なのだから、説明責任は必要不可欠である。

     一方、豊田真由子議員のパワハラの場合は、説明責任が求められる類の話ではない。当事者間で裁判でもして調停すればいいことだ。
     実際、暴行に関しては元秘書が埼玉県警に被害届を出しており、捜査が進められているところだ。あとは、選挙で有権者が判断すれば済む問題だ。
     ただし、社会的にもパワハラがまかり通っているという問題があるから、それは許されないのだと啓蒙する意味では、あの暴言の音声を暴露したのは公的意義のあることだったと言える。
     だが、それならば他の議員も追及しなければならない。実際にあんなことをやっている議員は、他にもいくらでもいるはずだ。
     パワハラ議員を全部暴露させて、パワハラがまかり通っている体質を改めることこそが一番肝心なのであり、豊田だけを責めても意味がない。
     問題の本質に踏み込まず、豊田だけを槍玉に上げるのはただのリンチである。今の大衆はただひたすら、リンチしたいという欲求のみを増大させている。これは民主主義の病いが露骨に表出した大問題だ。

     あらためて山尾志桜里議員の場合に戻るが、これは全く私的な問題だ。