• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 30件
  • 絶対にアガりたいからこそ

    2014-09-30 12:00  
    108pt
    対面のドラポンはここでした。ラス目のドラ3仕掛け、これは絶対にアガりたいはずなのです。ピンズのようにも見えましたがをアンカンしてきました。タンヤオ??いやいや!!!相手は赤2丁切りです。ということは――
     
  • 9月23日の十段坂

    2014-09-29 12:00  
    108pt
    1戦目・東2局0本場・東家ホンイツ狙いと行きたいところですが、北から仕掛けると不発に終わる可能性や、打点の伴わないテンパイになる可能性もあります。「打点が伴わなければ仕掛けてはいけない」というわけではありませんが、特別アガリ速度が上がる仕掛け以外は親番ではなるべく避けるようにしたいです。当然こう打ったからには2枚目の北が出てもスルー推奨。役牌からは仕掛けます。東、發の重なりを期待しソーズを払ってホンイツへ、これだとマンガンの可能性が残ります。ドラ受けを残して2900狙いも悪くないですが親のメリットは連荘ではなく打点、この巡目はまだいっとこーな!いつまでも夢見る子供ではいられません。この巡目まで来たら半分諦めましょう。全員に危険なピンズを今のうちに処理して、安全そうな9sをホールドします。こうした見極めは大事です。「相手はカカシじゃねぇんだから!」ということですね。1戦目・東2局0本場・東家
  • 9月21日の十段坂

    2014-09-28 12:00  
    108pt
    1戦目・南2局2本場・南家これは天鳳チーです。祝儀比率の低いフリー雀荘ではまだ仕掛けません。天鳳でも東場ならまだ我慢しますが、南場のこの点数状況だと大体仕掛けます。それほど南場のラス目の親を落とすのは大事だということです。1戦目・南3局1本場・東家16000点離れた2着目のリーチ。上家から出た3pを一発消しをする人もいるのではないかと思います。一発消しのメリットはあります。しかしデメリットがないかというと――・  ツモ番キャンセルすることにより、対面のアガリ機会が増える可能性があるということ・  まだこの巡目、完全にオリきれるとも限らないということ一番のデメリットは自分のアガリの可能性が遠のくことですね。ここはツモ番をキャンセルせずに有効牌(または完全安全牌)を引く抽選を受けるのです。ペンチャン×2を埋めてテンパイする事だってありえなくはないでしょう?「そんな可能性少ないよ――」と思った方
  • 9月20日の十段坂とブロマガ杯準決勝の告知

    2014-09-27 12:00  
    108pt
    前回に引き続き、第2回ブログマガジン杯勝者・JaneDueの賞金授与式のため、渋谷道玄坂にある「英二」に行ってきました!ここのステーキはかなりオススメ!みなさんも最寄りの際は是非立ち寄ってみてください。さて、第3回ブロマガ杯も準決勝が本日と明日――http://live.nicovideo.jp/watch/lv194546702本日、準決勝B卓の解説者はなんと!あの6代目に最も近い男――タケオしゃんタケオしゃんは第1、2回のブロマガ杯、選手として活躍しています。このルールの酸いも甘いも熟知している男と言っていいでしょう。闘牌もそうですが、これは解説も超楽しみですね~。http://live.nicovideo.jp/watch/lv194547623明日、準決勝A卓の解説者はなんと!あの9段に最も近い10段――どんよくブロマガ杯の解説はもう3回目、こちらの解説も超楽しみです。そんなことよ
  • 9月19日の十段坂

    2014-09-26 12:00  
    108pt
    父は大学を卒業後、地方公務員になった。学校の教師だ。定年退職まで1日も休まず、勤め上げたというのが自慢の種だった。母は銀行員だったと聞く。寿退社をし、自分ら兄弟が手の掛からなくなるまでは専業主婦をしていた。父が転勤のない学校に異動し、それと同時にマイホームを建て母はパートタイムの仕事を始める。絵に書いたようなごくごく普通の家庭環境。
    公務員の退職金と年金は相当な額だ。今は2人とも海外や国内の旅行を月2回以上その他自分の趣味などに没頭しながら悠々自適に暮らしている。そう、9月19日から実家に帰省しているのだ。そんな両親にとって、自分の人生は一体どう見えているものだろうか?母「今は何をしてるの?」私「ん――ブログ書いてるねー」母「は?そんなんでやっていけるの??」私「ん――それだけじゃあ無理だけど、まあボチボチやってるよー」母「あんたね――」口うるさいのはいつも決まって母だった。おそらく10年前ならば、ここで畳み掛けるように攻撃されただろう。あなたは一体将来どうするつもりなのか――と
     
  • 9月17日の十段坂

    2014-09-25 12:00  
    108pt
    【皆様へのお願い】いつもありがとうございます。ブログマガジンのコメントの件です。こちらの方でコメントがあったことはわかるのですが、何月何日の記事にコメントが付いたのかまでは把握することができません。いただいたコメントには全て返信する方針ですので、「○月×日の記事のコメントにレスよろしく!」のような事を直近の記事に書いてくださると非常に助かります。御手数ですが今後ともよろしくお願いします。日本プロ麻雀協会 木原 浩一http://live.nicovideo.jp/watch/lv192442920本日21:00よりブロマガ杯リバイバルマッチ開催!1戦目・南2局1本場・南家 下家はドラ3の役牌仕掛け。超絶放銃したくない局面ですがどうするか? この巡目から2sを抜いたとしてオリきれるかどうかは微妙。
     
  • 第3回ブロマガ杯予選結果

    2014-09-24 12:00  
    現役麻雀プロがガチで「天鳳位」を目指すブログマガジン杯協賛 有限会社シー・エッグ
    第3回予選終了いたしました。その結果を発表致します。まずは鳳南予選から――レベル高けぇぇぇぇ!!!これは驚きの数字でした。激戦を制した yoteru が決勝進出です!おめでとうございます!!続いて特南予選は――これも好成績でした。さて、気になる鳳南トップ数1位は――37勝で もっちょ 準決勝進出です!おめでとうございます!!そして特南トップ数1位は――18勝で ウィドウ阪神 準決勝進出です!おめでとうございます!!それでは準決勝の卓組を発表します!【準決勝A卓】期日未定鳳南予選2位 ・ お知らせ特南予選6位 ・ izizyuyu     ←繰り上がり鳳南勝数1位 ・ もっちょ特南予選5位 ・ まぁがりん【準決勝B卓】期日未定鳳南予選3位 ・ k。特南予選3位 ・ -★独眼鉄★-特南勝数1位 ・ ウィドウ阪神特
  • 天鳳とスカイプを使った麻雀家庭教師

    2014-09-23 12:00  
    天鳳とスカイプを使った麻雀家庭教師 ※参照記事はこちら3月まで試験的に行っていた天鳳とスカイプを使った麻雀家庭教師を再開します。現在新規お申し込みは受け付けておりません。1月の募集をお待ちください。前回ご登録の方は、その旨「ご要望など」の欄にご記入いただければ住所、電話番号、メールアドレス、スカイプIDの記載は結構です。【期間】   10月~無期限。時間の取れる限りやってみたいと思ってます。【募集人数】 10~15名です。3ヶ月に1回位のペースで募集します。【受講者】  今回からブログマガジン会員限定と致します。 【料金】   1時間2000円前回の反省点と今回の方針を少し――・定員を設けて講義の質の向上を目指す前回は予想以上の応募数でした。それは良かったのですが、希望者全てを受けてしまったため数をこなすことを優先し、講義の質が多少落ちてしまったということ。
    今回は1人1人じっくりとやりた
  • 切り順の妙

    2014-09-22 12:00  
    108pt
    第3回ブログマガジン杯エントリー受付中です!※エントリー返信は22日以降配牌ドラ無関係で何を切る?といわれたら1m1択ですが、ここからペンチャンを外したとしても、5回に1回は両面×2が埋まるより、先に3mを引いてしまうものです。これで裏目を引いたときに「あ!失敗した!!」と、考える人はいませんよね?麻雀は選択と抽選のゲームです。可能性の薄い方が選ばれたとしてもそれは仕方のないことでしょう。リーチ (牌図A)全て手出しのリーチでした。は場に2枚切れ。さて、このリーチに対して―― 待ち  待ちで放銃する可能性。(a) 待ち  待ちで放銃する可能性。(b)両者にはどれくらいの差があると思いますか?(a)と(b)の差を全く無視して扱うのは、いくらなんでも乱暴すぎるかと思います。麻雀のデータを採取しようというのなら、こういった無筋の危険格差も調べるべきだと思います。それを無視して「数字的根拠」を述べられてもなんら信憑性がありません。では僕の信憑性の無い「体感的根拠」で話します(笑)待ちである可能性が「10」だとしたら、待ちである可能性は「2」くらいのものでしょう。「牌理的根拠」で話しますと、安全牌候補より先に切った、安全牌候補より後に切った。両者の比較で、待ち牌に関連する可能性は5倍くらい違うんじゃないかということ。
    もちろん、敢えて先切りした可能性もあります。先切りして固定するということは、ある程度自信があった受けだと思っていいでしょう。イーシャンテンからテンパイに移行する際、未完成メンツが2つあるはずそれが埋まってテンパイします。いわゆる「入り目」ってヤツです。どちらかというと自信のある受けの方が先に埋まりそうですよね?それでもまあやで放銃する可能性はゼロはありません。放銃したとしても――「木原!話が違うじゃねーかよ!」と私を責めてはいけません、ハイ。麻雀は選択と抽選のゲームです。可能性の薄い方が選ばれたとしても、それは仕方のないこと――ですよね?応用問題を出しましょう。東1局東家、ドラはでした。3巡目としましょう。これは勝負手ですね。さて何を切りますか?
     
  • 9月16日の十段坂

    2014-09-21 12:00  
    108pt
    第3回ブログマガジン杯エントリー受付中です!※エントリー返信は22日以降 1戦目・東2局0本場・西家 親リーチに一発目、上家はソーズ。6pは現物、下家は3pがいらない。打点は不満も、自身のアガリ確率的に7pくらいは押しても十分見合うと思います。ぬぐぐ・・・もう一発くらい押すのはありでしょう。 しかし増えた安全牌に導かれるようにして1mを抜くことにした。弱気?? クソみたいな待ちの無筋シャンポンでテンパイ。世が世ならこの1p、ツモ切ってやりたいのだが、ちょうど中筋になった5mを導かれるようにして打って渋渋渋のテンパイ。全く場況の良くないピンズの下4面張。せっかくだから一応曲げておこうか。 マンズの景色の良さに誘惑されず、心から良かったです・・・1戦目・東3局0本場・南家第1ツモはドラでした。わかってましたよ。これはカン5sを残すと逆にアガりにくくなると思います。与えられた配牌に素直に行くとド