• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 26件
  • 1月21日の十段坂 後半

    2014-02-28 12:00  
    108pt
    前半から続きぐぬぬ・・・これはどうする?フリーなら秒で6p発射だが、ここは天鳳。天鳳でも東場なら秒で6p発射だが、ここは大事な大事な南3局。3着目の親とは800点差だ。とりあえず慎重に8mか。こうなったら面倒くさいから一旦和了り目マックスに受ける打6p。全ツするつもりではなく、通ったら次の危険牌は3pで回る。テンパイは勝負。はい。オーラスも手は入ります。現在イーシャンテン。考えることはいっぱいある。78p、23sの縦引きは問題ないとして引き  単騎
    引き  早かったら単騎、遅かったら両面引き 早かったら単騎、遅かったら・・・チー  早かったらしない。遅かったらチーして単騎チー 早かったらしない。遅かったら・・・チー  早かったら単騎、遅かったら両面ここまでは考えた。しかし――この巡目に下家から出る東。待てよこれ?単騎に受ける気があるのならダイミンカンではないのか??終わったあとに牌譜を見直
  • 1月21日の十段坂 前半

    2014-02-27 13:00  
    108pt
    正直アニメを視聴しながら打っていたらノータイムで6pをぶっ放しているところなのだが、2窓はもう止めたことだしせっかくだからここは落ち着こう。先制リーチを受けたらテンパイチャンスよりも好形テンパイチャンスを優先すること。 
    2mは3枚切れだが5mはいいと思う。69mは問題なさそう。36pはよくわからない。
    だとすると打5pが一番人気なのだが、そうした場合の余剰牌の4pと打4mとした場合の余剰牌候補3mにリーチに対する安全度で圧倒的に差がある。4mが4枚見え。12mを早めに切っているとあらばドラとはいえ3mの安全度は極めて高い。対して4pは普通に危険だ。相手リーチを受けワンプッシュして和了りを目指す場合、先ずはワンプッシュがリーチに放銃しない抽選を受け、それに当選して初めて和了りの抽選を受けるという2段階抽選をクリアしなければならない。余剰牌の危険度比較は押し引きを判断する上でとても大切なこと
  • 1月20日の十段坂

    2014-02-26 13:00  
    108pt
    東1局、運王の配牌ドラドラ。良くはないものの、これだけでも恵まれているといえましょう。厳密に言うと1sが正着打。しかし面倒くさいからツモ切り。あ・・・・どんまい。
    東2局、運王の4巡目赤2リーチ。これが和了れぬようでは運王を名乗る資格はない。はい。東3局、運王の配牌ドラドラ。全く焦りはない。だって配牌を開くといつもこうだ。全然間に合わん。東4局、運王の―― もはや説明不要。うーん・・・この巡目ならまあいっとこうなー。天鳳ならオリても?そんな気もする。でもどちらでもよさそう。結果3pで放銃。南1局、ついに枯れた・・・しかし、それほど悪くない。運王は安く和了る気はないのです。これはこうして一通、三色、タンピンのどれか狙い。運王のテンパイ。どっちで受ける?どっちでもいいような気がするが、曲げることだけは確定事項。10400点持ちから親の追いかけリーチに一発で放銃しても飛ばないのが運王。南3局、再
  • 1月19日の十段坂

    2014-02-25 13:00  
    108pt
    ポンテンとりますか?7pが良さそうとはいえ3sは無筋。「宣言牌の裏筋は通りやすい」この場合は36sがそれに該当する。確かにそういう傾向は少しあるでしょう。でもこれは「読み」というほどのものではない。3sと3pどちらかを通さなくてはならない。じゃあどちらを打つか?というと上記の理由で3sを切ります。その程度ものです。不確かな「読み」に依存した勝負は避けるべきだと思う。
    「先切りのまたぎ筋は通りやすい」この場合は1m、8pがそれに該当する。これも不確かな読みかもしれないが、「宣言牌の――」より信用度はかなり高いと思ってる。1pや9m、9pも実際に通っている。それらに比べると8pは、危険度が高いものの3sと比べると。3s>>8p>>>>1m
    これくらいは違うだろうか?この危険度ならテンパイ収入込みで勝負するに見合うと思う。ここから仕掛けました。南3局でこの点差、狙うは2着キープの和了り速度勝負。
  • 1月18日の十段坂 後半

    2014-02-24 13:00  
    108pt
    開局親番。チートイツ?トイトイ?少し迷う形ですね。7700以上の打点が見込めるならトイトイ本線で迷わない。
    それが見込めない場合は残りの牌姿と巡目で決める。決断は早ければ早いほど仕掛けの成功率はアップします。チートイツイーシャンテンは5トイツ。この牌姿だと暗刻以外の4トイツ。この巡目で、字牌、19牌、28牌が3つ以上なら確実に仕掛けます。
    2m、南がそう。しかし3p、4sは違う。とすると3p、4sは仕掛けて、他はスルーを推奨します。和了りだけを目指すなら打1mとして6pにくっついたらタンヤオに移行する路線が早そうだが、門前がキツそう。仕掛けると打点が超絶不満。開局の親番でそんな仕掛けは好ましくありません。今回はとりあえず打6pとして、メンツ手の門前リーチとチートイツの天秤に受けた。結局チートイツテンパイで・・ん?ダマ?YOU!曲げちゃいなよ!と数日後、牌譜を見直して思った本人がここにいます
  • 1月18日の十段坂 前半

    2014-02-23 13:00  
    108pt
    2mが2枚切れ、パッと1mを選んだのだがこの選択は面白くなかった。本命はあくまで赤5pくっつきの345だ。3sくっつきは4s以外全く嬉しくない。まだ東2局、打点は狙いたい。だったっら受けは狭くも打3sとして一通の目も残したほうがいいのではないだろうか?イエス!結局はこれはテンパイすらすることなく横移動。嫌な感じだ。しかしそれは過去の出来事。勘違いしないで欲しい。これから嫌なことが起こる確率が上がっている訳ではない。本命は東バック、対抗にタンヤオ。2mから仕掛けた。
    この6pをツモ切ったのも6sくっつきで対抗の目を残すため。そして大穴がトイトイだ。6mが出たら当然のポン。和了り確率は出和了りの効くドラカンチャン待ちよりもフリテン3面の方が上。元々防御には厳しい牌姿なので、和了り確率を上げることによって放銃を防ぐ。ついでに打点アップ。こう考えるとメリットの方が圧倒的に上回りませんかね?時にリー
  • フリー雀士と天鳳雀士のやり取り Episode 1

    2014-02-22 13:00  
    天鳳とスカイプを使った麻雀家庭教師には多くの申し込みがありました。受講者の方も特上卓未経験者から10段経験者に至るまで、それはもう色々な方がいらっしゃいました。 
    その中で一際異彩を放つ?申し込みがありました。本人に了承を得まして、そのやり取りの一部始終を公開したいと思います。天鳳ID   tatsu702 
    鳳凰卓の常連。このように毎月かなりの頻度で打っているのでご存知の方も多いでしょう。
    特筆すべきはこのTOP率。鳳南鳳東合算2000G以上で堂々の1位(373人中) 
    それでいてこのラス率。鳳南鳳東合算2000G以上で散々の353位(373人中) トップラス麻雀とはよくいいますが、これだけの試合数を経て1>4>2>3 のような順位分布になるようなプレーヤーは数少ない。ましてtatsu702のように、ここまで極端な数字になることは相当レア。まさに天鳳界のキングオブトップラス麻雀。まさか、
  • 景色によって打牌を変える

    2014-02-21 13:00  
    牌効率とはテンパイ効率のことです。テンパイするため必要な牌の種類、枚数は?複雑なものは実戦であまり役に立ちません。「11種29枚に対して12種33枚――」実戦中に種類、枚数をカウントして比較するのはかなり難しいですよね?和了りの効率と牌効率は別の話です。期待的ポイントを最大にする選択とも似て非なるものです。場況のことをここでは景色と呼んでいます。たとえばこの景色では何色に寄っているであるとか下の方(123の方)上の方(789の方)に寄っているであるとか捨て牌の全体像は、毎局毎局その都度違った景色を見せるのです。そうした捨て牌の傾向を予測しながら打牌を選択すること。何も特別な技術ではありません。皆さんも少なからず感じたことがあるはずです。このカテゴリーでは牌効率の問題では学ぶことのできない景色の影響による打牌選択の違いを天鳳の実戦譜を使って紹介します。現在はカン2mの5800or7700のテ
  • 1月17日の十段坂

    2014-02-20 13:10  
    本日はチートイツの決め打ちから。ここで「ピンズのホンイツにも見せかけたい」と思う方もいらっしゃると思います。でも自分が思っているほど他人は自分のことを気にしないものです。仕掛ける気があるのなら他家の興味を引くことも可能ですがこの牌姿は仕掛けませんので、そういった見せかけは無用ですね。景色的にはソーズを貯めておいたほうが良さげな気もします。「私のことはどうぞお気になさらずに」ということでピンズも切りましょう。「チートイツと読まれやすい」そうかもしれません。しかし、それと読んだところで待ち牌候補はたくさんありますよね?たとえばこれを3s単騎で曲げたとしても字牌も筋もチートイツに切りずらいとあらば、待ちを絞るのは容易ではないはずです。読まれることを恐れず、むしろ読ませてあげるくらいの気持ちで堂々とやりましょう。この河で曲がったら、他家は嫌がることは間違いありませんから。5巡目リーチ。簡単に現物は
  • 1月16日の十段坂

    2014-02-20 13:00  
    今日はちょいちょい用事があり、家庭教師も2本こなした。天鳳全然打ってねぇな・・・20:00、この後もう1本家庭教師なので後一回だけ。
    毎日打っているにもかかわらず、少しだけ違和感がある。違和感を感じるほど、打ち込み不足ということなのかもしれない。でも余計なことは何も考えない。自然に打とう。大事なのはリラックス。Relax for a tennho life
    リーチの一発目、これがリラックスチー。一発消し?僕はそんなことしないっすよ。形式テンパイ?ちょっと早すぎないですか?ほらね?全然和了りに向かってますよ!完全安全牌ではなく6mから切っていることからも分かるでしょう。放銃したらどうするの?ないよ!ないない!対面は14pが薄くもないのに23pの両面ターツを払っているんですよ。この形からはありますけど、それだと前巡の3mはどうしてもおかしい。唯一可能性があるとしたらこの待ちだけ!大丈夫!ほぼ通