• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 31件
  • 特南の歩き方 牌譜添削version

    2019-01-31 12:00  
    108pt
    ※牌譜添削は申し込み順に随時記事にしていきます。せっかくお申込みいただいたのに、お待たせして申し訳ありません。今日の牌譜添削はKさんです。Kさんは特上卓ではもう最上位クラスだと思います。1半荘目の牌譜、素晴らしかったです。コツコツと打数を重ねて、さっさと鳳凰卓に行きましょう!打点十分、基本はダマテンで間違いありません。アドリブリーチを打ってみましょう東2局、12000加点と18000加点とでは最終的な着順率にも差が出ます。もちろん拾えそうな待ちならダマなのですが自分で1pを切っていて、3-6p待ち変化も今いちです。5sは他家から見て中筋になってます。リーチも効果的のような気がしませんか??前局の親マンガンが空振りした後の次局です。Kさんならここで6mを打ちそうだなー・・・ と思ってました。これは点数状況的にダマテン、リーチ、どちらも有りだと思います。親リーチは神の声特上卓でも鳳凰卓でもこれ
  • その男、三色につき

    2019-01-30 12:00  
    108pt
    牌譜北家の仕掛けは7mをチーして打6mです。違和感がありますねー。8mを先に切っているのもあれですが9mではなく6mを打ってきたのも大きなヒントです。123、789の仕掛けは、チャンタや一通、役牌などが考えられますがペンチャン固定や副露選択している仕掛けの手役は、圧倒的に三色が多いのです。役牌バック、役牌トイツなら数牌の先切りすることは少ないです。このように3mの先切り+1mの両面チーを見たら、まず三色を疑ってみましょう。三色カウンティングをしっかりと9pが4枚切れた瞬間です。本来ならばここは打發とし残り1枚の7pと残り1枚の8pにもテンパイの夢を託すところですが――下家の仕掛けが三色濃厚とわかっているなら、7pと8pが山にある可能性がほとんどないわけですから、打8pのほうが優秀でしょう。手役を読むのは危険牌を判別するためだけではない自分の欲しい牌が山にあるか?ないか? を、推測する手段で
  • やりすぎかも委員会総集編 手組version

    2019-01-29 12:00  
    108pt
    vol.1-4なるほど、一撃終了を狙ってみたわけですねーまだ巡目にも余裕があるので良さそうな狙いにも見えますが――大振りは必ず隙になる隙を作るリスクにリターンが見合っていれば良いのです。ここではトップになるリターンと、ハネマン成就率が判断材料ですね。どうにもドラがネックなってしまいそうで、ハネマン成就率はあまり高く見込めません。天鳳のポイント配分的にも旨みが少ないです。ピンズの形が  だったら狙っても良さげな気もします。vol.19-6南3局、この点数状況でやる選択ではないような気がします。大振りは必ず隙になるその隙より生じるリスク、今一度検討したほうが良いでしょう。vol.6-4これも8s4枚切れがネックとなりそうです。即ラス落ちもある南場の点数状況、天鳳でチャレンジするのはリスクが高すぎます。vol.6-6東重なりと7p引きの裏目を比較すると7p引きのほうが痛いです。門前リーチが狙える
  • 特南の歩き方 牌譜添削version

    2019-01-28 12:00  
    108pt
    今晩はMリーグ終了後、特南ライブ配信をやる予定です( ´ ▽ ` )ノ今日の牌譜添削はNさんです。2年ぶり2回目の投稿ということでいつもブロマガを読んでいただいてありがとうございます。字牌依存症候群はすっかり克服されたようですね。以前ならこの牌姿でも南を残していたような気がします。次のステップは、字牌を残しても良いケースを覚えましょう。不要な浮き牌を切って字牌を残すケースこの場合は既にブロック数が足りていて1sにくっついたとしても、有力なブロックとは言い難いので字牌を残します。浮き牌が1sではなく、2sや3sでしたら字牌を切りましょう。また、このようにブロック数が既に足りていて不安なターツが無い場合は安全度の高い字牌を抱えます。以前家庭教師の受講者で配牌からブロック数を指さし確認でカウントいていた人がいました。ブロック意識ができるまでは、そういった練習をしてみるのがいいかもしれませんね。構
  • 週刊アベマズ 68/80

    2019-01-27 12:00  
    108pt
    もしもここで死ぬかもしれないと思ったらこれは競技麻雀、個人戦における心構えを書いた記事です。自分の選択によって自分だけが不利を被るのならそれはそれで仕方ないと割り切れることもあると思う。Mリーグは団体戦、自分の失点は自分だけの結果とはならない。スポンサー、チームメイト、応援して下さるファンの皆様・・・・・今回はそんな話です。南家魚谷の仕掛けは 8巡目ポン→打 10巡目ポン→打そして13巡目にを手出しする。視聴者目線では何の変哲もないトイツ落としだ。しかし対局者目線は違う。多井は同巡、このテンパイに不要なドラを引いた。もちろん単純なトイツ落としにも見える。しかし手出しだ。しかも気まずいことに、この時多井の目からはが4枚見えているのだ。もしもが魚谷の手牌関連牌だとしたら――だったのか、から引きだったのか、あるいはドラのトイツ・・・・実は村上が6巡目にドラを切っている。魚谷の仕掛けは8巡目だった
  • 赤浮きチートイツ、ドラ浮きチートイツ

    2019-01-26 12:00  
    108pt
    チートイツの判断判断材料となる例を取り上げた記事チートイツに逃げないことチートイツを見切るメンツ手にしたほうが良い例を取り上げた記事逃げるは恥だがチートイツは役に立つチートイツにしたほうが良い例を取り上げた記事チートイツを取り扱った記事は、何度も紹介してきましたね。※新カテゴリー チートイツ を追加しました。4トイツになったら一瞬だけでもチートイツを考えよう今4トイツです。採用、不採用、保留いづれにせよ一瞬はチートイツを考えるクセをつけてください。幺九牌(ヤオチュウハイ)のドラ孤立は採用するケースが多いピンズ部分が両面だったら保留にしたと思いますが、ペンチャンだと門前リーチの達成率も成功率も微妙なので、早めにチートイツに決めてしまいます。チートイツは残す牌の技術よりも、決断する速さが肝チートイツは、山読みの技術を鍛えるよりもメンツ手との天秤にかけず、早めに決めてしまうことによって成功率は上
  • 役牌トイツの分岐点

    2019-01-25 12:00  
    108pt
    手牌に役牌のトイツがあります。ポンしますか?スルーしますか? 答えの出せない永遠のテーマですよね。なぜ答えが出ないのか? それは「ポン」「スルー」双方にメリット、デメリットがあり、優劣が判別しづらいからですよねー。正解のルートは一つじゃないだから鳴いたり鳴かなかったり迷うことがあるのですが最近は「鳴きブーム」で、割と仕掛けることのほうが多かったんですよねー。スルーブームをもう一度やり直そうかと思ってます。せっかくスルーしたのだからこの巡目なら白のトイツ落としで打点を狙ってみましょう。別に空振りしたって痛くないし!らっしゃー!へいんスルーブームとはいえ、この中は仕掛けます。門前リーチで打点が見込みづらいからでも西のトイツで安全度が担保できるからでもありません。ここでは打4mとします。そうです、これはピンズとソーズのホンイツ両天秤です。次にピンズを引けばソーズのカンチャンを払い次にソーズを引け
  • 特南の歩き方 牌譜添削version

    2019-01-24 12:00  
    108pt
    今日の牌譜添削はPさんです。今日はPさんに2つだけアドバイスします。ドラは切るべき時に切りましょう第一志望はメンタンピン三色だと思います。第二志望は何ですか? ドラを重ねる事でしょうか?いや、第二志望はメンタンピンにしましょう! なぜならドラを重ねるよりも、メンタンピンに必要な牌が圧倒的に多いからです。おそらくPさんは ドラを鳴かれたら嫌だ とか 裏目ったら痛い とか、ネガティブなイメージが少し強いのだと思います。どの選択をしても、麻雀には必ず裏目があるのです。確率の低い裏目は仕方ないと割り切りましょう。裏目恐怖症を克服してください。たぶん赤5sを使いたいというよりも、下家に鳴かれるのが嫌なんだと思います。序盤 マンガン フルゼンツ序盤にマンガンの素材をもらったら 鳴かれることを無視して、受け入れを目一杯に広げることを優先してください。役もドラ3も確定している牌姿なんて滅多に来ません。この
  • やりすぎかも委員会総集編 手牌の価値

    2019-01-23 12:00  
    108pt
    vol.9-6親のメンピンは5000点クラスの価値があります。当然押す価値はあるのですが、リーチを受けてまだイーシャンテンだとどうか?いくら通っていない無筋が多いとはいえこの点数状況で押すなら、ドラ1以上含み以上の素材は欲しいところです。vol.10-1ノーテン罰符も大事な収入源であることは間違いありません。しかしテンパイ収入よりも大事な判断要素があることも忘れてはなりません。親の15巡目の6sは、リーチに対してメチャクチャ強い牌です。あれが ノーテンであるはずがない と強く意識して良いと思います。その後5pと6pを手出ししてきたじゃないですか2つとも通りそうな牌ではありますが、リーチの現物ではありません。ベタオリなら 他に通りそうな牌があるに決まってる でしょう。リーチにはかなり多くの牌が現物となってます。ノーテンであるはずがない 他に通りそうな牌があるに決まってるこの2つの情報を合わせ
  • やりすぎかも委員会総集編 点数状況判断

    2019-01-22 12:00  
    108pt
    今日総集編は 点数状況判断 です。天鳳で最も大事な押し引き判断と言っても過言ではありません。vol.2-3南2局、下3人並びの点数状況で、リーチにプッシュするシーンです。もちろん、この点数状況だとしても押すことはあるのですが――この待ち、この打点では押すに見合わないと思います。ラス争いの渦中に突っ込んでいくなら、トップを決める決定打くらい欲しいです。vol.3-92着目で迎えたオーラスです。ラス目にマンガン放銃がとても罪深い点数状況ですが――トップ7500円獲得、2着3000円獲得、ラス12000円支払いこれを常に頭に入れて判断してください。それでもラス目南家に押しますか? マンガン両面テンパイでも、この白を押すのは相当微妙なところだと思いますよ。vol.4-5同じくオーラス。現状はトップ目です。確かに放銃してもラス落ちはなさそうですが、西入の可能性はありますね。他家の選択にも注目せよ2着