• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

記事 31件
  • 4月7日の十段坂 前半

    2014-04-30 12:00  
    110pt
    4月6日、最高位戦の祝賀パーティーに招待されました。去年獲得した最高位戦classicの表彰です。鈴木たろう「木原さん、天鳳位いけそうなの?」木原   「うん、後5トップ、ノーラスで天鳳位だね!」ASAPIN 「呪われろ・・・呪われてしまえ・・・呪・・・」席上、そんな会話をしていました。確かにこの時までは3570PTだったのです。こんなに早く天鳳位になってしまったらどうしようか?全く無駄な心配をして頃が、今となっては無性に懐かしいですね。パーティー後、2次会のお誘いを断り天鳳を打つため家に帰る。だって飲みに行くより今は天鳳が打ちたいんだもん!こうなったら牌効率うんぬんではなく、将来危険な牌が出て行かないようなイーシャンテンに組むのが、期待ポイントを最大にする選択です。この景色、この手牌で最も危険な牌は―― 7m。ですかね。だとすればここは、打3sとしておいたほうがよいでしょう。
    8mを引い
  • 4月5日の十段坂

    2014-04-29 12:00  
    110pt
    日本プロ麻雀連盟主催の第23期マスターズ ベスト8進出しました!準決勝は3半荘、卓内ポイント上位2名が勝ち上がりのトーナメント方式。つまり、2分の1で決勝という熱いステージです。 なおベスト8の模様は本日14:00~連盟チャンネルにて放映されます!
    <a href=僕の出番はA卓の終了後ですので、16:30くらいからだと思います。負けたら夜、反省配信もやりますよ!朝からニヤリとするような配牌だった。当然ここは――こうなってしまいます。他家にバレバレ?いいのです。堂々と露出していきましょう!出るときは出ますし、出ないときは出ないっす!涎を拭いてください。この瞬間、僕の和了り確率は最高潮です!当然【罪歌】さんのボルテージもMAXへ――こら?カンするとリーチ者が海底です。知ってます。でもここは積極的にテンパイ抽選を受けましょう!このように言うと勘違い
  • アノマリー

    2014-04-28 12:00  
    皆さんは「アノマリー」という言葉をご存知ですか?アノマリーとは、マーケット(相場)において、はっきりとした理論的な根拠を持つわけではないが、よく当たるかもしれないとされる経験則のことをいうそうです。具体的にはこんな――・年初から上昇(下落)トレンドを形成していたマーケットは、翌2月の節分前後に調整局面を向かえ、その動きが更に翌月である3月のお彼岸前後に一段落するというアノマリー。・「満月のドル売り、新月のドル買い」という真逆の言い回しもあるが、つまりは「満月・新月の近辺ではトレンドの変換が起こりやすい」というアノマリー。中にはこんなアノマリーも
    ・別名「ジブリの呪い」。スタジオジブリ制作のアニメ作品が日本テレビ系列の「金曜ロードSHOW!」にて地上波テレビ放映されるとマーケットが荒れるというアノマリー。オカルト?バカバカしいと思いますか?しかし投資家の中でも「一定の条件下において」かなりの
  • 4月4日の十段坂 後半

    2014-04-27 12:00  
    110pt
    ご機嫌な配牌です。フランツ・フォン・シュトレーゼマンならば、僕の肩をポンと叩きながら、きっとこう言ったことでしょう。チャンタに仕上がるならまーいっかと思ったがこれでは特に楽しくありません。8pはツモ切ってやればよかったか。これで楽しくなってきました♪楽しくなってきたら、ドラだって一発目で通しちゃう!あ、勘違いされたら困るので、これは7pの切り出しが早いから通しただけですよ。これもやはり楽しくソーズを払いますね。今のうちに!と切ったドラが鳴かれて出てきた牌が赤5p!皆さんはどうしますか?僕は――ついつい子供のようにはしゃいでしまいました・・・全くいつまで1人麻雀気分なのでしょうか?明日から気をつけます・・・対面のリーチ。東は2枚切れでほぼ安全ですが、ここは5mを切ります。Q・え?ビビリすぎじゃないですか?A・この程度の手はもういいのです。それよりも――この5mは両脇ふたりに無筋です。つまり両
  • 4月4日の十段坂 前半

    2014-04-26 12:00  
    110pt
    東1局、この2sを鳴いてみました。そして打6p。役牌の3面張。まあホンイツにもならないこともないかと。 その6pが親に鳴かれて、ホンイツ案はすぐさま撤回。このサイトにあるようなポリシーからではありません。打牌選択の基準は「見合う」「見合わない」という損得勘定。
    「時と場合による」ということ。今回はタンヤオっぽい下家の仕掛けに赤5mを下ろすほどの牌姿ではありません。方針に「一貫性」を持たせることよりも「臨機応変」に選択を変化させることが重要ということですね。結果は偶然。こんなこともたまにあります。この辺でどうも不穏な感じがします。これはピースクラッシュヘルではないだろうか?トイツ場の定義はよくわかりませんが、中張牌の3枚見え以上が序盤に多く出現すると、シュンツが分断されやすいので、他家がトイツ系の手役を狙う頻度が高くなるでしょう。トイツ系の手役狙いが2人以上いると、河には同じ牌ばかりが打たれ
  • 4月3日の十段坂

    2014-04-25 12:00  
    110pt
    ちょっと焦ったかな~・・と思ったのがこの仕掛け。起爆剤はあるけど、1枚スルーしてもいいくらいだと思う。下家の仕掛けはカン8mを鳴いて打4m、続けてペン3mを鳴いて打6m。つまり58mをわざわざカンチャンで鳴くということは、そういう手役だろう。だとしたら少し打ちづらい8p。これをリリースしては、自分の和了りもつまらないのでマンズを外す。これが和了れたら楽しくなっちゃうんだけどなー。結果はハズレ。レッド&ドラ。自分の手牌だけならツモ切っても構わないが下家の仕掛けも加味すると打7sですかね?いや、だからこそ今のうちリリースなのか?この形ならもう切ったほうがいい。切ったほうが・・・切った・・Q・え?A・や、やっぱ贅沢かな?そりゃね?こうなったらこうしますよ!Q・本来の和了り牌で放銃でしたねA・だって・・・赤いんだもの・・・ドラリリースのタイミング。大事ですね。ダンラス目です。これはメチャクチャ和了
  • 4月2日の十段坂

    2014-04-24 12:00  
    110pt
    「お手持ちのBBユニットを交換してみましょう」物が届きました。これがダメならプロバイダ変更しかありません。10年近く使ってきたメアドを変えるのは、あれやこれやかなりメンドくさい。残り1トップ、2トップまで近づいたが、結局降段してしまった人の話を耳にしたりすると、回線切れのために大事な場面で躓いて、もしそんなことにでもなったなら悔やんでも悔やみきれないだろう。背に腹は変えられない。結果から言うとモデム(ルーター?)の交換は効果覿面だった。ソフトバンクの方、疑ってごめんなさい。あれから今日(4月24日)に至るまで、回線切れは1度も起こらなくなりました。回線切れの頻度が多い方は試してみてはいかがでしょうか?景色評論家としてはソーズ待ちは避けたい。思い切ってここで打7sとかどうかな?と思ったくらいだが、さすがにやりすぎですかね?こうなったらもう、8p単騎テンパイが第一希望なんだが上家から5s。ぐぬ
  • 3月31日の十段坂

    2014-04-23 12:00  
    110pt
    回線切れの対策を講じる必要がある。 これだけの頻度だ。いつか大事故が起きてしまう。NTTに問い合わせるも回線は異常なし。この日はプロバイダに問い合わせてみた。すると「お手持ちのBBユニットを交換してみましょう」 とのことBBユニットとは↑これ。正直言うと そんなもんで直るのか?ボケコラ!! と輩りたい衝動を押さえながら、藁をも掴む気持ちで交換に応じる。交換には2~3日かかるとのこと、というわけで昨日に引き続き天鳳IN漫画喫茶。東1局、普段なら3pを鳴いて赤5sでも切りそうなものだがなんとなくスルーした。ここはアゥエイ、少し萎縮でもしたのだろうか? 1人麻雀なら9s切りが最善手。6s浮かせの57s引きでタンピン狙いだ。 では4人麻雀なら?これは巡目と景色によって使い分ける。 相手の進行速度を見極めながら、将来的に6sが危険になるかどうか? 今回は少し早かったかな?でもこれを引っ張っても、あと
  • 3月30日の十段坂

    2014-04-22 12:00  
    110pt
    回線切れ回避のため近所の漫画喫茶まで移動した。漫画喫茶で天鳳打つのなんてものすごく久しぶりだ。しかも漫画も読まず天鳳だけをやりに行くなんて、どれだけガチなの?と思ったのだが、そ、そうか。これは意外と普通の事だったのか・・・もう随分昔の話だけどテンパイ効率最優先打法だった頃なんでも形だけで決めちゃうから、こういう牌姿でもパッと6mを打っていた。柔軟な思考は麻雀のスキルアップに必須です。期待ポイントを最大にするためには打1mで234、345の3色両天秤ですね。手役は順位を高める手段のひとつです。ラス目の下家の仕掛け、こういう時にどう対応しますか?
    南3局でこの点差ならカテナチオ。相手が高そうな仕掛けでも同様です。では東3局でこの牌姿、相手の打点が不明なら?これは釣竿戦法を使いますね。Q・釣竿・・・ですか?A・図のようにある程度鳴かれそうな牌をバラバラと切って鳴かれたり、鳴かれなかったりすること
  • 3月29日の十段坂

    2014-04-21 12:00  
    110pt
    開局は毎度おなじみの2翻役コンビから。マンガン狙いならこうだ!両脇が迂回気味に見える。ならばこれ、堂々とカンしちゃいましょう!あ、あぶねぇ・・諦め気味に進行していた手牌、上家の宣言牌をチーします。Q・一発消しですか?珍しいですね。A・というより形式テンパイ狙いです。チートイツにしようにも67mは危険牌だしね。ドラでも通りそうな牌は切ってしまいましょう。もう1度形式テンパイ狙い。35mは危険牌なので晒してOK。これは通らなそうなのでノンプッシュ。東場に形式テンパイ狙いで過度にリスクを追うのはやめておきましょう。この辺で縦を狙う。35mはポンして。他はスルー。感触がいい牌、待ち頃の牌が揃えばチートイツに決め打ちです。うん。これならチートイツ決め打ちの打3sがいいでしょう。僕が毎回バカみたいにホンイツを狙うと思ったら大間違いです。上家の河がああなら、それに合わせた手組をします。そしてこのテンパイ