• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「戦争写真家ロバート・キャパのこと」小林よしのりライジング Vol.276
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「戦争写真家ロバート・キャパのこと」小林よしのりライジング Vol.276

2018-07-10 21:00
  • 103
72fb1ce34d59e15889f7d5df6d4dc68b237d894c
第276号 2018.7.10発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしの人たち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「泉美木蘭のトンデモ見聞録」…今回は、世界中の戦争報道に多大な影響を与えた20世紀を代表する戦場カメラマン、ロバート・キャパを紹介!ハンガリーのブダペストに生まれたユダヤ人は、如何にして“世界最高の”と冠のつく報道写真家になったのか?そしてキャパの名前を世界的に有名にした写真“崩れ落ちる兵士”の真実とは?
※「ゴーマニズム宣言」…麻生太郎副総理兼財務相は6月24日の講演で、昨年秋の衆院選において自民党の得票率が高かったのが30代前半までの若い層だったとして、「一番新聞を読まない世代だ。読まない人は全部、自民党(の支持)だ」等と述べた。(新聞を読まない人は)「賢いから」自民党支持だ、と言いたいのか?それとも「バカだから」自民党支持だ、と言いたいのか?この発言から、麻生や安倍はじめネトウヨ議員たちが、国民をどう見ているのかが明白に読み取れるのだ!
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!なぜ分厚い本は売れなくなっているの?(男性の)先生がKing&Princeに興味を持った理由は?日朝首脳会談で拉致問題を解決することは可能?どんな環境でアイデアを考えている?大好物の食べ物は何?「秘密基地」を作ったことはある?サンマやクロマグロの漁獲量規制問題をどう見る?…等々、よしりんの回答や如何に!?


【今週の目次】
1. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第88回「戦争写真家ロバート・キャパのこと」
2. ゴーマニズム宣言・第284回「新聞を読まない人は全部、自民党支持(笑)」
3. しゃべらせてクリ!・第234回「ぽっくん衝撃のひとことぶぁい!の巻〈後編〉」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 編集後記




d0341ad05fcd097fda3efd17d8490d73efe0402c

第88回「戦争写真家ロバート・キャパのこと」

 今日は、世界中の戦争報道に多大な影響を与えた20世紀を代表する戦場カメラマンを紹介しようと思う。

 7a99120a2e3b2f2230e71ec422e4d2b6fc378877

●ロバート・キャパ(1913-1954)
 ハンガリーのブダペストに生まれたユダヤ人で、スペイン内戦、日中戦争、第二次世界大戦におけるヨーロッパ戦線、イスラエル独立とパレスチナ戦争、第一次インドシナ戦争と数々の戦争を文字通りの「最前線」で取材し報じてきた“世界最高の”と冠のつく報道写真家だ。
 これまで仕事でいろんな写真事務所に出入りしてきたけれど、このキャパの肖像写真はあちこちで見かけた。スタジオに、まるで神棚のように飾っている写真家もいた。キャパに憧れ、影響を受けて報道を目指した人は世界中に大勢いるだろう。
 過酷な戦闘のなかで撮った写真に、ちょっとユーモアを交えたキャプションや体験レポートをたくさん添えて残している人物で、写真展ではじっくり目を通したくなる文章も多く展示されていた。まずは代表的な写真を紹介したい。

 163a9409f5ce5981329716589358b5e2bea7de66
 (C) ICP / Magnum Photos (横浜美術館蔵)

 1944年6月6日撮影、第二次世界大戦、ノルマンディー上陸作戦。
 連合国側のキャンプに同行して招集がかかるのをひたすら待ち、フランスのオマハ・ビーチに上陸するアメリカ軍の第一陣と一緒になって船に乗り込み、大荒れの海へ出発。兵士らと一緒になって、銃弾が雨あられのように降り注ぐなか、大荒れの海に飛び込み、命懸けで上陸しながら撮影したものだ。

 周囲の兵士たちは、海水のなかでどんどん撃たれて死んでゆく。それを撮る。負傷者を救護するために飛び込んだ衛生兵も目の前でたちまち撃たれてゆく。それも撮る。フィルムを交換していると、突如として全身がニワトリの白い羽で覆われ、「誰かがニワトリを殺したのか」とあたりを見渡すと、砲撃に吹き飛ばされた兵士の防寒コートから噴出したものを浴びていたことに気づく。それも、撮る。

 キャパはノルマンディー上陸作戦で134枚を撮影。ところが、ロンドンの『ライフ』誌編集部に届けられたネガを受け取った暗室アシスタントが、編集者から「はやくプリントしてくれ!」と急かされて、興奮して慌ててしまったあまり、現像の過程で温度設定に失敗。なんと98枚ものフィルムを溶かしてしまい(!)、なんとかプリントされた写真は、たったの11点だったという。しかも、ピンボケしたりブレたり、きちんと撮れていないものばかり……。
 ところが、『ライフ』誌は商魂たくましい、というか、まったくふざけてるというか、この事実をまだ戦場にいるキャパに内緒にしたまま、残されたピンボケ写真に

《その瞬間の激しい興奮が、写真家キャパのカメラを震わせ、写真にブレをもたらすことになった》

 というもっともらしいキャプションを勝手につけて、誌面で大々的に発表。すると、このピンボケブレブレ写真が、戦場の凄まじい衝撃をイメージさせることになり、大変な反響となった。
 キャパ自身も「戦闘の興奮を伝えるためには、ほんの少しカメラを動かしてみるといい」と何度も後進の報道写真家たちのために語っており、あえてボケ・ブレで撮った戦場写真は多数残っている。銃弾が降り注ぎ、どんどん人が血まみれで死んでいくなかで、表現のためにカメラを動かしながら撮るなんて、それだけで普通の精神状態じゃないが、キャパの代表作は、こんなユーモラスなタイトルだ。

 0688721bc365c089712b86b9233d7057f88d76e7
 『ちょっとピンぼけ』(ダヴィット社)

●反骨精神と架空の写真家「ロバート・キャパ」
 ロバート・キャパは、本名をアンドレ・フリードマンという。アンドレの出身地ブダペストは、もともとは「ブダ」と「ペスト」の二つの都市が合併した場所だ。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になれば入会月以降の記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
小林よしのりライジング
更新頻度: 毎週火曜日
最終更新日:2018-07-10 21:06
チャンネル月額: ¥540 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

他94件のコメントを表示
×
門弟、門下生とは一体なんですか?

普通に仕事をしている一般人です。
家族の理解を得ています。
興味があったら参加しませんか?

宗教によく見るアプローチで、若干怖いです。

岸端さんの編集後記、ゴー宣ブログを見て、興味があれば自主的に参加する。

これでは駄目なのでしょうか。
19時間前
×

門弟、門下生って、ゴー宣道場に自主参加の人を呼んでると理解していますめぇ〜。

自主的に参加してる人を、別にモウ弟、モウ下生って呼んだって構わないけれど、それこそ変に思われるので、一般風に門弟、門下生っていうんだと思います。

ゴー宣道場も、ゴーマニズム宣言の延長上にある議論の場を道場に見た立てた名称と思います。それに合わせて、門弟、門下生って言うだけで、字義に警戒しなくていいんじゃないでしょうか。

門弟制度は、東京開催道場で何回か自主参加すると、応募した時、当選しやすい特典が自動的に付いて、九州、関西の道場は、開催数の少ないので特典は付かず、分ける意味で門下生と呼んでいるみたいです。これは、あくまで便宜上の事で、実質、門弟、門下生の差は無いそうです。

誰でも自主参加すれば、門弟、門下生と仮に言っているのであって、別に盃を交わすわけでも無いし、入門の契りとか、入部届とかも無いし、設営隊も自主的に集まっては解散の繰り返しで、知り合いはいるようですけど固定組織では無いと思います。

よしりん先生の著作や、ゴー宣ブログや、ライジングの愛読者も、ある意味、門弟、門下生と先生は考えておられるんじゃないでしょうか?

やギ 、誤解を広めたくないので、早目に口を突ん出したけど参考にしてね。正式には、モウっとふさわしい方々がおられます。そうした人の説明があれば、そちらを優先してください。まだ、今週の門下生チャンネルは聴けてないです。

17時間前
userPhoto
M.O
×
何でも『週刊文春』の編集長が交代したそうです。
スクープ連発にも関わらず、発行部数の減少に歯止めがかからなかったためではないか、とも言われていますが、文藝春秋社の他の雑誌でも人事異動が行われているので、直接的な要因は分かりません。
ただ、部数減少は事実のようで、それはひょっとしたら山尾志桜里議員と倉持麟太郎弁護士の「不倫疑惑」のしつこい追及を、小林先生が徹底的に論破し、カメラを向けられた文春記者の醜態を暴いたことが、イメージ悪化につながったのかもしれません。

2018年に入ってからは、私が覚えている限りでは、「不倫報道」は小室哲哉と小泉今日子ぐらいでしたでしょうか。
しかも、小室哲哉はそれで引退表明し、奥様の介護という事情もあって、世間は「文春砲」を大バッシング。
一方、小泉今日子は一歩も退かない毅然とした態度を貫き、「さすがキョンキョン。カッコイイ」と世間に言わしめ、不倫のネガティブキャンペーンを終息させてしまいました。

その後はすっかりおとなしくなり、普通に政権も批判し、社会問題も取り扱う、真っ当な週刊誌に回帰した印象です。
やはり、過ぎたるは及ばざるがごとし。
大衆に、過ぎたる「パンとサーカス」を提供して熱狂的にもてはやされましたが、やはり飽きられたようです。
「文春砲」が飽きられるまでに、約2年という期間はやや長すぎたとは思いますが。
15時間前
×
>>100
参加するもしないも自由、コメントするもしないも自由ですからそのスタンスで良いと思います、強制では無いのですから。
ま、ゲストさんが宗教的で若干怖いと思うならば参加しなけりゃいいだけです。
14時間前
×
>>100
そんなん自己責任でしょ(よしりん先生に怒られそうですが)
それで家庭が壊れようが、日常が崩壊しようが所詮は他人ですから
我関せずで良いのですよ
13時間前
×
今週も興味深かったです。
自分も「新聞も読まない人」の一人ですが、ライジングはすらすら読めます。

ロバート・キャパは名前は知っていましたが、正体のことは初めて知りました。
悪く言えばハッタリで捏造もあったということになりますが、自身の現場を戦って勝ち取る上でのことで、簡単に否定はできないと僕も思います。

そして『アイララ』読みました!
文中に「文壇バー」という言葉がありましたが、表現バーというような場所が存在していて、かつ今も賑わっているということ自体に驚きでした。
またその表現者の方々の作品に、知らず知らずのうちに触れていたことにもびっくりです。
カプセルタワービルや名古屋市美術館は、最近見かけて印象に残っていた建物でした。そういう驚きがいくつもありました。
「びくびくしないためには自分の中にしっかりした世界を確立しないと、他人の言葉にグラグラしてしまう」という言葉も印象的です。現場をくぐり抜けてきた人の言葉だなあと思います。
あとレコードガイドにあったモリ・カンテの『Yeke Yeke』がタイトルが面白かったので、YouTubeで聴いてみたら「そもそも総研」でした。こういう発見も楽しいです。

それで例の写真ですが…よしりん先生が採点するとおっしゃったので、「アートですね」に逃げずにストレートに言います笑
僕はエロスは、お手軽に撮ったものより、ちゃんとライティングして女体の美しさが際立つものが好きだったりします。
そんな性的嗜好から、陰影に浮かび上がる曲線美が官能的で素敵でした!
12時間前
×
しかしまたまた元熱心なる読者さま、今はアンチと化した「身を修め現場で戦う覚悟を作る公論の場を嘲笑し監視しボキが危惧した通りになって笑う預言者ポエマー」様が、家族の理解を得て交流〜を茶化しまくりで笑えますね。
てか、自分のコメントやらをスクショしたりコピペしてずっとずっと大切に保管してるとか物凄く気色て寒気すらしてきますね、どんだけー!
スルースキルなんか!とか藁人形攻撃なんだな!と、酒を飲み、裸踊りするお猿さんはヒマで現場なんか日常なんかどーでもよろしいんでしょうなぁ、んで、ストーカー化してアンチ化して死ぬ迄付き纏う、ヒマですなあ。
12時間前
×
木蘭さんのブログ読んで、またまたガッテンしまくりですね、私も連絡用でLINEは使いますが、グループLINEとか物凄く苦手で遮断しまくりですね、昔のチャットみたいで余計に苦手意識が有ります。
ホント、ネットの断捨離とか必要な時代に来ているのかも知れませんね。
11時間前
×
よしりん先生へ
>わしはお好み焼きとか、タコ焼きとか大好きなんだ。
>特にタコ焼きは大坂でないと美味いのが食えない。
>カレーせんべいはいつか大阪で、店の中で食える
>タコ焼き屋に連れてってくれ。

承りました!(^o^)
関西在住の門下生同士の情報網を駆使して、
美味しいたこ焼き屋さんにご案内いたします♪

さて本日は「門下生チャンネル」の収録を、京都で行いましたo(^o^)o

『天皇と憲法』というテーマで、
12名のゴー宣道場門下生が参加し、
カラオケボックスで4時間にわたって議論しました!!

その議論の様子は、
動画にしてYouTubeに配信します♪

ゴー宣読者同士のガチの議論。
4時間、頭がフル回転で、
心地の良い疲れを感じています。

ゴー宣や、ゴー宣道場で学んだことを再確認したり、あるいは、まだまだ自分の中で理解が足らなかったところがあると、自分の言葉にできなかったことで自覚をしたり、とにかく色んな気づきを得ることができました。

今日の京都はメチャクチャ暑かったので、みんなで31アイスクリームを食べました(笑)
飲み会では「ゴー宣道場の設営」について書類を用意して打ち合わせもしました。

ゴー宣読者同士の議論と交流、メチャクチャ楽しかったですo(^o^)o
7時間前
×
FLASH『よしりん辻説法』読みました。
よしりん企画の社長は本当に優しいですね
(T^T)
『結婚したらタダで毎晩…』(笑)
ポカQさんの結婚観と風俗の顔に爆笑です。
(σ≧▽≦)σ
7ページ目の最後のコマの、よしりん先生が語っているところを見つめるりか坊さんの右斜め後ろショットがツボです。たまらんです。
(  ̄▽ ̄)

うちの夫は独身時代、貯金が趣味だったようです(笑)
義母が『貯金が趣味。ケチなんだわ』と軽くディスってました(笑)
結婚準備中にどんどん貯金が減っていく事をぼやいたので、『そんなにお金が惜しいなら結婚なんてしないで1人で貯金してればいい!』とぶちギレしてしまった事がありました
f(^_^;
使う時は使わないといけませんよね。

九州大学に寄付をされたNさんは立派な方ですね。
よしりん先生の哲学にも共感します。
夫と、どちらかが動けなくなったら一緒に逝こうかね~、なんて話しをしたこともあります。夫は約束を守ってくれそうだけど、私はあっさり破りそうだな…
(-。-)y-゜゜゜
7時間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。