• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 5件
  • イマノウチ、ガチシボリ

    2019-07-18 13:30  
    108pt
    牌譜ラス目北家の仕掛けは初打からカンチャンターツ落とし9pとオタ風の西をポンして1枚切れの發を打ってきたところです。こういう局面、みなさんは深く考えずに打牌を選択すると思います。もちろん僕もあまり深く考えません。さあ何を切りますか? 一旦選んでから答え合わせしてみましょう。大体の人はこう打つのではないでしょうか?自分に不要な危険牌先切り、通称「イマノウチ」ってやつです(牌図A)「イマノウチ」とする判断基準は色々あるのですがチャンタかもしれない、トイトイかもしれない、ホンイツかもしれない・・・手役候補が複数あればあるほど「イマノウチ」としやすいですよね。※画像は合成ですさて、もう一回問題を出します。ここで「イマノウチ」発動しますか?点数状況、残り局数、自分の手牌も大事な判断材料この局面では「イマノウチ」を推奨しません。「イマノウチ」を発動する手牌の基準を高めたほうが良いでしょう。鳴かれるリス
  • アガリたい? 放銃したくない?

    2019-01-08 12:00  
    108pt
    そりゃ誰だってアガリたいし、放銃したくはありません。そんな時、副露者相手にどうしますか? 絞るや、絞らざるや?鳴かれる候補が多い場合は絞り損下家に対して鳴かれる牌の候補は――マンズ1~9、ピンズ2~9、ソーズ1~7、これだけあると絞り損になります。むしろガンガン切りましょう!先程よりも鳴かれる候補が絞れてきましたね(牌図A)結論から言うと、これは絞りません。こういう時の考え方は――優先順位を考える相手にテンパイを入れさせてしまうと基本的に自分のアガリ確率は下がります。横移動するケースが増えるからですね。メチャクチャアガリたい場合は絞ることも考える(牌図A)と比べると、メチャクチャアガリたいですね。自分のアガリ逃しが大罪なので、下家に絞ることも考えたほうがいいでしょう。・・・ ・・・ 考えた結果、まだ絞らないですねまだまだ鳴かれる候補が多く、絞り損してしまいそうです。鳴かれる可能性のある牌を
  • 鳴かせてみよう ホトトギス

    2018-10-22 12:00  
    108pt
    今日は絞らないほうが良いケースを紹介します。牌譜例えばこんな肥溜めみたいな牌姿です。自分のアガリはほぼ見込めません。そういう時にどうしたら良いかというと――下家にちょっとアシストしてみるとかですね。ただし条件があります。点棒フラットの時は高打点にアシストしちゃダメ!1人のラス率が急激に下がったらどうなるでしょうか? つまり誰かに高打点をツモられると、割を食って他3人のラス率がかなり上がるのです。北家の仕掛けはマンズ、ソーズの危険ゾーンが広く、字牌からの切り出しターツ落としも全く無かったので、ホンイツの可能性は少ないと判断しました。※画像は合成です下家がこのような河だったとしたら―― この場合はホンイツ率がかなり高くなると予想できるので、敢えて鳴かせることはしないということです。局消化の考え方とは違います。自分の牌姿は期待ポイントマイナス確定なので、被害を最小限に留めたいという考え方です。牌
  • 絞るや 絞らざるや

    2018-09-12 14:00  
    108pt
     ドラ 昔の話、4巡目にチーのマンガンテンパイを取るか取らないかという話が話題になったことがある。まあ「鉄」だとか「アルミホイル」だとかの話はどうでも良いけど話題の主は「仕掛けると警戒されてしまう」という理由でスルーしたのだ。両面チーくらいで警戒してくれるなら、いつ何時でもブラフかましてやるよwと、答えていた人がいた。勘違いしないでほしい。話題の主は普段から仕掛けないタイプだから「警戒される」と予測したのだ。お前の両面チーなど、誰一人として警戒しないのだか??今日はそんな話をしたいと思います。※参照記事 とある麻雀プロの何切る3か月の特南生活を経て、久しぶりに戻ってきた鳳凰卓。離れていたおかげで、少しだけ印象が違って見えるような気がします。特上卓に比べて、鳳凰卓は仕掛けがかなり積極的画像は南3局、ラス目の親が4巡目に仕掛けてきました。確かにこうされると、浮いている役牌が切りにくくなると思い
  • 先制副露 絞るや絞らざるや

    2018-09-04 12:00  
    108pt
    先日の記事では先制チャージの話をしました。先制チャージは、何もリーチだけに限った話ではありません。先制副露も抑止力がある東家の仕掛けはドラ1含みのカンチャンチーです。本来はホンイツに行くところですが東家にピンズをおろしたくなくて、やめてしまいました。本手確率が高いかどうか見極めるのも読みたとえばあの仕掛けが、カンチャンではなく両面チーだったら とかペンチャン落としではなく、両面ターツ落としだったら とか本手であるという読み要素が複合している場合のみ警戒する鳳凰卓は先制チャージが上手いプレイヤーが揃っているので遠いかもしれない仕掛けに、簡単に屈しないよう気を付けなければなりません。・早めのドラ切りも先制チャージのひとつ・早めのカンも先制チャージのひとつこれらも同様に、抑止力のある選択ですが1つだけの危険情報で自分の手を簡単に緩めてしまわないようにということ西家はかなり早い両面チーですが孤立の