• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 3件
  • 【第237号】『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』:観たいのは「マイ・ストーリー」

    2019-09-04 07:00  
    220pt
    さて、今回のブロマガですが、映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』について改めて書かせて下さい。
    ●おれと『ドラクエV』
    自分は今年44歳になるアラフォーのおっさんですが、ご多分に漏れずドラクエ世代なわけですよ。最高のドラクエといえば『III』と『V』で言い争い、ビアンカかフローラかでまた言い争い、デボラ派な新世代を馬鹿にする。「好き」と言ってくれた女性はビアンカだけ、そんな時代が自分にもありました。
    『III』発売時は中学生、『V』は高校生、そして『XI』発売時はすっかりおっさんの四十代。MMORPGなので手を出しづらかった『X』を除いて、ナンバリングタイトルは発売日直後に買ってプレイしました。人生と共にドラクエがあったわけですが、「国民的RPG」であるが故に、自分のような人間は多いのではないかと思います。
  • マクガイヤーチャンネル 第132号 【おれとドラクエ】

    2017-08-16 07:00  
    220pt
    さて、今回のブロマガですが、ニコ生の補講というか、『ドラゴンクエスト』の魅力について改めて語らせて下さい。
    ●『ドラクエ』はVRにならない
    『3D ドットゲームヒーローズ』というゲームがあります。
    「80年代風の2Dドットグラフィックを、PS3の最新技術で完全3D化することを基本コンセプトとした」というのが宣伝文句なのですが、当然これはウソというか勿体ぶった表現で、実際は2Dドットグラフィックを荒いポリゴンでそのまま3D化した、出来合いのマインクラフトのような見た目を持つ、冗談のようなゲームです。
    なぜ冗談かというと、80年代の8bitRPG――『ドラクエ』や『ファイナルファンタジー(FF)』をリアルタイムでプレイした人の脳内に広がっていた風景は、このようなものではなかったからです。
    いや、厳密にいえば、ものすごく性根のひんまがった小中学生はこのようなイメージでプレイしていたかもしれませんよ。でも、たいていのプレイヤーの頭の中には、アレフガルドの大地が広がり、浮遊大陸が浮かぶ異世界を幻視していたはずです。
  • マクガイヤーチャンネル 第58号 【ホワイトデーの簡単なお仕事】

    2016-03-14 07:00  
    220pt
    さて、本日は3月14日です。3月14日といえば、誰がなんと言おうとホワイトデーですね。
    自分は、結婚するまでバレンタインやホワイトデーとは無縁の生活を送っておりました。先月のバレンタイン直後、ジャージ姿の中学生男子が「今日は近所のセイユー寄っていこうぜ! 売れ残りのチョコがめっちゃ安いはず!」と楽しそうに話しながら道を歩いていましたが、ほとんど同じような価値観で2月、3月の日々を過ごしていたわけです。
    ところが、娘が生まれ、ものごころついてからというもの、少々事情が変わりました。娘は毎年バレンタインデーに手作りチョコを作るのですが、一ヵ月後にお返しを要求するのです。どこかでチョコを買って来い、というならラクなのですが、同じ労力を要求します。手作りチョコを送ったのだから手作りで返せ、というわけです。
    手作りチョコといっても、カカオ豆と粉乳から作るわけではなく、買ってきたチョコを溶かして型に入れるだけなのですが、少々面倒です。