• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 12件
  • マクガイヤーチャンネル 第169号 【『レディ・プレイヤー1』と「現実こそがリアル」は誤訳かどうか問題】

    2018-05-02 07:00  
    216pt
    さて、今回のブロマガですが、ニコ生の補講のようなことを書かせて下さい。
    ●アーネスト・クラインのゲームへのこだわり
    まず訂正なのですが、いつもTwitterで感想をつぶやいてくれている鉄申砲さんのいうとおり、
    (https://twitter.com/tetukouhou/status/990775184264085504)
    『ブラックドラゴン』はベルトスクロールアクションゲームではなく、サイドビューのアクションゲームでした!
    その後言及した『ダンジョンズ&ドラゴンズ タワーオブドゥーム』や『ドラゴンズクラウン』と完全に混同していたので、思わず口が滑ってしまいました。申し訳ありません。
    同じ横スクロールのアクションゲームでも、ベルトスクロールと単なるサイドビューではゲーム性が全然違います。全くゲームをプレイしない人にとってはチンプンカンプンかもしれませんが、一回ずつでも両者をプレイしたことのある人には分かる筈です。
  • マクガイヤーチャンネル 第120号 【『メッセージ』を理解するための幾つかのポイント、あるいはトラルファマドール語習得後の自由意志についての考察】

    2017-05-22 07:00  
    216pt
    さて、今回のブロマガですが、映画『メッセージ』について語らせて下さい。
    打ち上げで話していて分かったのですが、この映画、SFに馴染みが無い人にとっては理解し難い点が幾つかあると思うのですが、それらについて解説したいのですよ。
    ●原作『あなたの人生の物語』と現代SFのテーマ
    映画メッセージはテッド・チャンによる短編『あなたの人生の物語』を原作としています。
    SFに詳しくない人のために説明しますと、この短編、誰もが認める名作なのですよ。
    というか、テッド・チャンは「現代」のSFを代表する作家でして、ものすごく荒っぽくなりますが、表題作が納められた短編集『あなたの人生の物語』と、グレッグ・イーガンによる短編集『しあわせの理由』の2冊を読めば、とりあえず「現代SF」がどういったものなのか理解できると言い切って良いでしょう。
    では「現代SF」が昔のSFや他ジャンルの物語と異なる点は何でしょうか?
    それは「認識」を最大のテーマとしていることです。
  • マクガイヤーチャンネル 第117号 【科学で映画を楽しむ法 第4回「『攻殻機動隊』と『シャブ極道』 我々はどこへ行くのか その3」】

    2017-05-01 07:00  
    216pt
    さて、今回のブロマガですが、前回、前々回に引き続き、「科学で映画を楽しむ法」 第4回として、『攻殻機動隊』(と『シャブ極道』)について書かせて下さい。今回で一段落です。
    前回に引き続き、
    原作漫画を『攻殻機動隊』
    95年に発表された押井守監督のアニメ映画版を『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』
    先日公開されたルパート・サンダース監督の実写映画版を『ゴースト・イン・ザ・シェル』と表記します。
    ●主人公が俺ジナルで狂った価値観を追い求める映画
    映画は、大きく二種類に分けられます。
    ・「観客が主人公に共感できる映画」
    ・「観客が主人公に共感できない映画」
    の二つです。
    で、後者の一つに、「主人公が俺ジナルで狂った価値観を追い求める映画」という定型があるのですよ。
  • マクガイヤーチャンネル 第116号 【科学で映画を楽しむ法 第4回「『攻殻機動隊』と『シャブ極道』 我々はどこへ行くのか その2」】

    2017-04-24 07:00  
    216pt
    さて、今回のブロマガですが、前回の続き、科学で映画を楽しむ法 第4回として、『攻殻機動隊』(と『シャブ極道』)その2について書かせて下さい。
    原作漫画を『攻殻機動隊』
    95年に発表された押井守監督のアニメ映画版を『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』
    先日公開されたルパート・サンダース監督の実写映画版を『ゴースト・イン・ザ・シェル』と表記します。
    ●サイバーパンクとしての『攻殻機動隊』
    89~91年に発表された『攻殻機動隊』は、SFとしてそれほど目新しい話では無かった――という話は以前書きましたが、もう一度書きますよ。
    http://ch.nicovideo.jp/macgyer/blomaga/ar1056869
    「脳を部分的に機械化したサイボーグがネットを介してハッキングし合う」という話はウィリアム・ギブスンやブルース・スターリングなどのサイバーパンク作家が既に書いていましたし、「知的生命体が進化すると生身の身体を捨て去り意識だけ情報だけの存在になるのでは」という話はアーサー・C・クラークが『幼年期の終わり』や『2001年宇宙の旅』で50、60年代から発表済みでした。科学技術や社会システムが発達した世界で、肉体のどこまでが「自分」なのか、「自分」とはいったい何なのか――すなわち実存の問題は、SFというジャンルでいえば(『ブレードランナー』の原作者である)フィリップ・K・ディックが、もっと広い文学という分野でいえばカミュやサルトルといった実存主義作家たちが既に扱ってきたものでした。更にSFでは、「人間とは何か」をテーマとするために、機械のような人間や、人間のような機械(サイボーグやAI)を扱うのはごくごく普通のことでした。
  • マクガイヤーチャンネル 第115号 【科学で映画を楽しむ法 第4回「『攻殻機動隊』と『シャブ極道』 我々はどこへ行くのか その1」】

    2017-04-17 07:00  
    216pt
    さて、今回のブロマガですが、科学で映画を楽しむ法 第4回として、『攻殻機動隊』(と『シャブ極道』)について書かせて下さい。
    『攻殻機動隊』は、原作は89年、映画は95年と、どちらも20年以上前に発表された作品です。テクノロジーやサイエンスの面から含めて、散々っぱら色んなところで語られ尽くされたので、今更ここで書くつもりも無かったのですが、状況が変わりました。


    ●実写版『攻殻機動隊』――『ゴースト・イン・ザ・シェル』への違和感
    先週4/7にハリウッド製の実写版『ゴースト・イン・ザ・シェル』が公開されました。

    00年代以降、CGIが発達&チープ化し、「絵に描いた餅をそのまま動かせる(押井守)」ようになりました。漫画やアメコミを実写化する作品も増えてきました。『アベンジャーズ』のような成功作もあれば、『ドラゴンボール』や『進撃の巨人』のように失敗したものもあります。
    日本漫画に限っていえば、失敗作が多いわけです。だから、『ゴースト・イン・ザ・シェル』もそれほど期待していなかったのですが、実際に観てみてびっくりしました。まさかこんな映画が今作られるとは……というくらい、古びた映画だったのですよ。
  • マクガイヤーチャンネル 第96号 【ASKA逮捕と坂口安吾と今だから読みたい『クラクラ日記』】

    2016-12-05 07:00  
    216pt
    さて、今回のブロマガですが、以前番組の中でちょっとだけ話題にした『クラクラ日記』についてきちんと書かせて下さい。
    ●ASKAさん再逮捕
    11月28日、元CHAGE&ASKAのASKA容疑者が、覚醒剤取締法違反の容疑で二度目の逮捕をされました。
    この逮捕に関しては、普通の感覚では理解できないことが沢山あります。
    一つは、ASKA容疑者自らがわざわざ警察に通報し、訪れた警察官に任意での尿検査を要請され、ここで陽性反応が出たことが逮捕の決め手となったことです。
    ASKAさんは、2014年の最初の逮捕で執行猶予中の身でした。もう一回逮捕されれば実刑は免れられません。にも関わらず、再び覚醒剤に手を出したばかりか、わざわざ自らの手で警察に通報したのです。
    なぜ通報したのか。ASKAさんは逮捕直前に電話出演した『ミヤネ屋』のインタビューで「ギフハブという組織に盗撮・盗聴されている」と訴えています。ASKAさんはAppleIDを盗まれた挙句、スマホに盗聴・盗撮アプリを埋め込まれたのだそうです。そして、ギフハブはアプリを通じてAR(おそらく拡張現実のことでしょう)を利用したテクノロジーを用いてASKAさんの行動を監視しているというのです。
  • マクガイヤーチャンネル 第54号 【『オデッセイ』とアクアマンへの細かすぎるつっこみ】

    2016-02-15 07:00  
    216pt
    こんにちは。マクガイヤーです。
    前回の放送「ニコ生マクガイヤーゼミ 『オデッセイ』と火星で生き延びる方法」は如何だったでしょうか?
    「文芸と科学両面からの解説が面白い」「あのシーンはそういう意味だったとは」「映画が観たくなる」……と非常に評判が良く、嬉しい限りです。ただ、ネタバレもあるので、映画を観てから番組をご覧になった方がいいかもしれませんね。
  • マクガイヤーチャンネル 第35号 【持衰と伊藤計劃とProjectitoh】

    2015-10-05 07:00  
    さて、今回のメルマガですが、時間が足りなくて前回のニコ生でできなかった話を書こうかとおもいます。
     
    みなさんは 「持衰」 というものをご存知でしょうか?
    持衰というのは、古代――魏志倭人伝の時代、日本から中国に航海する時、航海の無事を祈るために禁欲生活を送る、一種の生贄やスケープゴートのような人のことです。
    魏志倭人伝の時代というと、だいたい三世紀から前ですね。この時代の航海技術は未発達であり、日本から中国に渡るのは命がけでした。どんなに努力しても運しだい、という面があったのです。
    だから、航海の無事を神様というかスピリチュアルでオーラの泉的ななにかにお願いする必要がありました。ただ、神様といっても他人ですので、無料で人間のお願いを聞いてくれるわけではありません。スピリチュアルでオーラの泉的ななにかも、人間の都合よく働いてくれるわけではありません。なにかを神様に差し出したり、工夫したりする必要があったのです。
     
    そこで用意されたのが持衰です。
  • マクガイヤーチャンネル 第24号 【ニコ生マクガイヤーゼミ補講:ナイルパーチの身になって考えろ】

    2015-07-20 07:00  
    こんにちは、マクイガイヤーです。
    月に2回の生放送をお送りしているマクガイヤーチャンネルですが、 来月は3回お送りする予定です。
    まず 8/6(木)20時 から、最近のマクガイヤー8月号と題しまして、いつも通り最近面白かった映画や漫画やについてまったりひとり喋りでお送りする予定です。
    ・『リアル鬼ごっこ』と園子温
    ・『チェイサー』と手塚研究漫画
    ・『カツシン』と日本俳優の評伝
    ・27時間テレビとフジテレビの「ピンチ」と『ザ・ノンフィクション』
    ・『インサイドヘッド』と『はたらく細胞』
    等々について話すことになると思います。
    次に 8/15(土)20時 から、豪華ゲストをお呼びして「アラフォーオタクの生き方」についてトークを行う予定です。
    コミケの後にでもご覧ください!
    そして 8/22(土)20時 から、ニコ生マクガイヤーゼミを行う予定です。
    内容は……すみません、未定です。いまのところ、戦争映画かアメコミをテーマにお送りする予定です。もし希望があればコメント欄等で連絡してね!
  • マクガイヤーチャンネル 第18号 【補講:若人のための押井守小説ガイド その3】

    2015-06-08 07:00  
    前回の続きになります。 これで押井小説はコンプリートだ!
    ○2012年『ゾンビ日記』
    何故か人類が皆ゾンビになってしまい、主人公だけが生き残っている――そんな ゾンビ映画ではよくある世界を舞台に、 押井守のような主人公「俺」がいつものように理屈っぽい薀蓄を垂れ流す 小説です。
    ただ、ゾンビとはいっても普通のゾンビではありません。 この小説でのゾンビはゾンビ映画のように人間を襲いもせず、食い殺しもせず、何にも関心が無いまま歩き回るだけなのです。しかし、ゾンビ映画のように世界はしっかり滅んでしまい、「俺」はただ一人残されました。