• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 125件
  • 【第299号】男が『魔女見習いをさがして』を観る理由

    2020-11-25 07:00  
    220pt
    さて、今回のブロマガですが、前回のニコ生でもお話した『魔女見習いをさがして』について書かせて下さい。
    ●「ポスター詐欺」について
    すいません、ちょっとニコ生でお話した『魔女見習いをさがして』のポスターについて訂正させて下さい。
    最初いかにもおジャ魔女たちが出るようなポスターが発表され、その後『おジャ魔女どれみ』というテレビ番組を子供の頃に観ていた若い女性たちを描く話になることが分かり、「ポスター詐欺」みたいなことを自分は話したのですが、そういうことではなかったようです。
  • 【第296号】黒沢清と「他人の心の中」という「向こう側」

    2020-11-04 07:00  
    220pt
    さて、今回のブロマガですが、先日のニコ生でちゃんと言い切れなかったような気がしたもので、再度黒沢清について書かせて下さい。
    ●なぜ半透明ビニールが怖いのか
    黒沢清作品といえば、頻出するのが半透明のビニールカーテンやガラスです。
    この半透明の仕切りの向こうに正体不明の重要な「なにか」がいて、時にそれは怪しく蠢いたり奇怪な音を発したりしている……というやつです。
  • 【第294号】黒沢清の考える映画を映画館でみる意味

    2020-10-21 07:00  
    220pt
    さて、今回のブロマガですが、番組でもちょっと紹介した黒沢清の書く本について紹介させて下さい。
    ●伊丹十三との確執の理由
    押井守や黒沢清といった映画監督が書く文章が好きです。もしかすると、彼らが監督する映画そのものよりも好きかもしれません。
    なんでこんなにも好きなのか色々と理由を考えると、多分彼らは映画監督として極めて有能であるので、「映像でしか表現できないこと」と「映像では表現不可能なこと」の二つをしっかりと理解しており、文章を書くときは「映像では表現できず、文章でしか表現できないこと」に注力しているからなんじゃないかと思います。
  • 【第284号】『のび太の新恐竜』ともやウィン

    2020-08-12 07:00  
    220pt
    さて、今回のブロマガですが、この連休中に観た『のび太の新恐竜』について書かせて下さい。ネタバレを含みますが、オトナはネタバレを頭に入れたまま観ても楽しい映画だと思います。
  • 【第275号】久しぶりの映画館

    2020-06-10 07:00  
    220pt
    さて、今回のブロマガですが、久しぶりに映画館に行ったのでそのことについて書かせて下さい。
    ●映画館の名画座化
    緊急事態宣言が解除されてから約2週間が過ぎました。
    都内では新型コロナウイルス感染者の増加を受け、都民に警戒を促す「東京アラートが発動されたものの、緊急事態宣言下に比べれば日常が戻ってきたといって良いでしょう。
    自分の住む首都圏では、5/29~6/5の間に映画館が営業再開しはじめました。
  • 【第265号】『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』と『バットマン&ハーレイ・クイン』

    2020-03-25 07:00  
    220pt
    さて、今回のブロマガですが、ブラックパンサーやPCエンジンへの思い入れや思い出は次回描くとして、映画も公開されたハーレイ・クインについて書かせて下さい。
    ●ガールズ・エンパワーメント映画としての『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』
    映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』が3/20より公開されています。『スーサイド・スクワッド』で映画界にデビューしたハーレイ・クインの初の単独映画です。
    新型コロナウイルスの影響で沢山の映画が公開延期となる中、きちんと公開予定日に公開されたのが嬉しいところです。アメリカでは先月頭に公開済みなので、あまり延期することができず、無理して公開したのかもしれません。
  • 【第262号】こんな実録路線映画がみたい

    2020-03-04 07:00  
    220pt
    さて、今回のブロマガですが、映画の妄想話をさせて下さい。
    ●『スキャンダル』と『バイス』
    新型コロナウイルスで様々な映画の公開が延期になっている昨今ですが、先週観た『スキャンダル』は面白かったですね。
    2016年にFOXニュース社で明るみになったセクハラ告発事件を描いているのですが、セクハラ被害者である女性社員や、加害者である社長含めたFOXニュース上層部、そして関係者を、本人たちの許可をとらずにほぼ全員モデルとなった人物の実名そのままで描くというキモの座りっぷりです。
  • 【第258号】最近のお薦め本(主に漫画)前編

    2020-02-05 07:00  
    220pt
    さて、今回のブロマガですが、前回の放送で紹介しきれなかったお薦め本(主に漫画)について書かせて下さい。
    ●『ピンサロスナイパー』全3巻 たべ・こーじ
    昼はOL、夜はピンサロ嬢、そして第三の顔は……美しき夜の狩人<凄腕ピンサロスナイパー>が都会の悪を狙撃する!!!
    ――という、東映ピンキーバイオレンス、日活無国籍アクション、Vシネエロティックアクション、その他ボンクラ映画好きにとっては、あらすじだけで堪らない漫画、それが『ピンサロスナイパー』です。単行本表紙のセントラルアーツ風味も良いですね。この度、第3巻が発売され、完結しました。
  • 【第257号】映画秘宝の真面目さについて

    2020-01-29 07:00  
    さて、今回のブロマガですが、『映画秘宝』について書かせて下さい。
    ●おれと映画秘宝
    先週の月曜日、映画秘宝の創刊25周年記念号にして休刊号にあたる2020年3月号が発売されました。版元である洋泉社が宝島社に吸収合併され解散するのに伴う休刊だそうです。大好きな雑誌だったので残念です……の一語では言い表せない思いがあります。
  • 【第251号】『アナと雪の女王2』に足りない「新しいサーミの女」(後編)

    2019-12-11 07:00  
    220pt
    さて、今回のブロマガですが、前回のブロマガに引き続いて『アナと雪の女王2』について解説させて下さい。
    ●『アナ雪2』と政治性
    『アナ雪2』製作にあたり、ディズニーはサーミ人の代表と契約し、サーミの文化を敬意をもって表現することについて約束したという報道がなされました。この契約には作品に対する文化的コンサルタントや(北)サーミ語吹替版の製作も含まれるようです。これには納得しました。
    『モアナと伝説の海』製作時もディズニーのクリエイターたちが実際にミクロネシアの島々を回ってリサーチを行い、作品に活かしたという経緯がありました。『アナ雪2』の「契約」はこの延長線上にあります。「テーマとなる文化の担い手にリサーチを行い、寄り添い、お互いが納得いくような作品を作る」というやり方は、現在のディズニーが考える、文化搾取を可能な限り避けるための方法なのでしょう。