• このエントリーをはてなブックマークに追加
有料メルマガライブラリから(235)株式投資をして精神的に苦痛を受けないためのヒント
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

有料メルマガライブラリから(235)株式投資をして精神的に苦痛を受けないためのヒント

2017-09-13 13:05


     有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。
     自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
     なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致しないことを予めご了承下さい。


    =コラム「株式投資をして精神的に苦痛を受けないためのヒント」=
     (有料メルマガ第9回・2009/2/24配信号)


    ※2009年2月に掲載した内容です。留意してお読み下さい。


    【前略】


     従来のコラムでも述べてきましたが、過去の失敗、経験に学ぶ。これは投資ばかりでなく、仕事や家族関係など、人生のあらゆることで大切なことです。自分で経験するのも大事ですが、人の振り見て我が振りを直すのは、より賢い方法だと考えます。今回も愚かな投資家のパターンをご紹介しますから、ご自分が当てはまると思ったら、いまからスッパリと、その悪癖との決別を決心してください。


     自分の決断で投資せず、他人の意見に依存して投資している投資家がけっこういます。本来ならば他人のアイデアを借りることは大事です。自分だけで考えた投資のアイデアの数は限られてしまいます。いろいろな有益な他人のアイデアを借用することは貴重なことです。

     発明王として名高いエジソンはオリジナルの最高峰とも考えられています。しかし、実際は、エジソンは他人のアイデアを参考にして多くの発明を生み出しているのです。次の言葉が”そのこと”を表していると思います。

    「誰かほかの人が用いて成功した真新しくて興味深いアイデア。そういうアイデアを探すことを習慣にしなさい」

    「あなたのアイデアは、今あなたが実際に抱えている問題の応用においてオリジナルで創造的であればよい」

     私は、このエジソンの言葉を自分の投資法に取り入れました。そして、それをカンニング投資法と名づけました。”優秀な投資家さんのアイデアを真似させていただく”投資法です。カンニングという言葉が「イメージが悪い」と勉強仲間から指摘されましたが、インパクトが強いのでそのまま使っています。


     だから他人のアイデアを借用するのは大好きです。しかしアイデアを借りても、自分の頭で考えることを放棄するわけではありません。そのアイデアを更に自分でも考え抜いて、自分の投資として実行すべきであると判断したら、自分の投資として実行します。


     ところが、儲けることができない、損をすることが多い投資家は他人のアイデアをコピーだけして、相乗りしてしまいます。自分の投資ではなく、他人の投資をなぞっているだけです。とってもイージーで楽ですが危険です。

     他人の意見に依存して投資をしていると、株価が下がってきたとき不安になって、プレッシャーに負けて損をして売ってしまうことになるでしょう。株式投資では、いろいろな投資家が、いろいろな考えを持って株を売り買いしています。市場で売買が成立するためには売りたい投資家と買いたい投資家がいて、売りと買いの株数が一致してはじめて売買が成立します。つまり常に反対の意見を持っている投資家が対峙しているのが株式市場なのです。

     損をしたいと思って投資をしている人はいないという前提に立てば、買った人は、更に株が上がると考えているわけであり、売った人は株価がこれから下がると考えているから売ったわけです。常に株式市場には反対のアイデア、意見を持った投資家がいる。そのことを忘れては危険です。

     市場ではその株に対する反対の見通しを持っている投資家がいるからこそ、売買が成立するのです。みんな自分の考えが正しいと考えて投資しているわけです。だから他人のアイデアに依存してはダメなのです。アイデアを借りても、自分で考えて、自分の投資として実行することが大事です。自分で考えていたら、思惑と違う状況になったとき、どうすべきか自分で判断して行動できます。他人依存型投資家は状況が変化しても、うろたえるだけで自分で判断して行動できないことが多いです。だから危険なのです。


     そんな投資家には、似たような傾向があります。これから例示する症状が自分にもあったなら、早急に改善する必要があるでしょう。

    ・マネー雑誌、新聞などに書かれていることを信じやすい
    ・株式評論家、投資顧問、証券会社の営業マンなど意見を鵜呑みにする
    ・株価が上昇基調になれば自分も強気になり、ちょっと下降基調になれば自分も弱気になる

     ノイズトレーダーと呼ばれる人々がいます。人の意見に振り回されて、付和雷同型の投資行動をとってしまう人々です。ノイズトレーダーになると人を儲けさせるために投資をしているようなことになります。くれぐれも注意しましょう。


    経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


    ★有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」を週1回配信しています。石川臨太郎が特定銘柄を挙げて詳細研究する「銘柄研究」が好評です。ご興味がある方はぜひ一度ご購読下さい。


    【基本の社会インフラを運営!堅調な利益と需要増見込める増配期待のキャッシュリッチで企業を研究!!】


     本日配信の有料メルマガでは、重要な社会インフラの一角を担う事業を行っており、利用者増予測などから増収が期待でき、円高が利益をさらに押し上げる特色があり、キャッシュリッチで実質増配が期待できる内需企業を、研究銘柄として掲載しています。


     また、コラムでは、「最近は研究銘柄で取り上げた企業や、コラムで取り上げた企業の株価が急に大きく上昇をすることが多くなりました。しかも大きく上昇した上で毎日の株価の変動幅が大きくなり100円幅、200円幅とか、ときには300円以上の値幅で変動することも起きています。このような時は、『企業の本質的価値=資産的価値+事業的価値』をしっかりと認識しておくことの重要性を痛感します。」と題し、大きく上げる前に利食いをしてしまう愚をおかさないポイントを、過去取り上げた銘柄を挙げながら考察しています。


     さらに、他の個人投資家と情報交換しながら、銘柄発掘のヒントにしたり、企業研究の参考にする手法を、具体的銘柄を挙げながら言及しています。

     今回も盛りだくさんの12銘柄が登場。

     金曜日までにお申し込みの方は最新号をお読みいただけます。

     ぜひご購読下さい。


    【直近6ヶ月の研究銘柄パフォーマンス】

    2月21日~6月27日の研究銘柄から一部抜粋
    (株価は8月31日現在)

     N社  +61.58%
     M社  +36.23%
     J社  +34.75%
     T社  +33.33%
     M社  +32.63%
     S社  +46.63%
     T社  +50.99%
     T社  +31.25%
     S社  +85.23%


    有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
    詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。

    過去サンプル(研究銘柄)
     銘柄研究 ニチリン(5184)
     銘柄研究 帝国電機製作所(6333)


    過去サンプル(コラム)
     増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
     安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
     割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる(2016/12/27)
     現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしようとするための心得(2012/11/06)



    (情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)

    lowerbanner01.jpg
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。