• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 2件
  • <10/19 20:00〜放送>「地方で生きる若者たち/特集:馬搬の森・遠野で暮らす」(ローカルシリーズvol.3)

    2014-10-03 21:08  
     日本の地域に焦点をあてたローカルシリーズの第三弾のテーマは、「地方で生きる若者たち」です。スタジオでは、高知県四万十市で林業と観光を掛けあわせた暮らしを確立しようとしている秋山梢さんをゲストに、ジャーナリスト高野孟がローカルトークを繰り広げます(司会は平井明日菜)。  また、特集映像として、岩手県遠野市で馬との暮らしをつくろうとしている農家や移住者らの取り組みを紹介します。今回は遠野の上空からパラグライダーで撮影しています。ちょうど稲刈り時期に差し掛かった遠野の風景は必見です。 試聴は基本的には無料ですが、1),ニコニコ動画で無料アカウントを取得( https://secure.nicovideo.jp/secure/register?sec=newentry&transition=common )し、2)、同日20時に生放送のページへアクセス( http://live.nicovide
  • 【イベント案内 3/4〜5】林業界で注目の「自伐型林業」──高野孟の地元 鴨川市で始めてみましょう

    2014-02-27 17:54  
    軽架線(ワイヤー)に滑車をつけて運び出す搬出作業の様子(写真:土佐の森・救援隊) 千葉県鴨川市で“半農半ジャーナリスト”暮らしをする高野孟(THE JOURNAL主宰)の地元で、新たな試みがスタートします。いま、林業界で注目を浴び、全国で広がる「自伐(じばつ)型林業」。3月4日から2日間、高知県から講師を呼び、座学と実践が行われる予定です。  林業といえば、これまで「儲からない」が決まり文句の「衰退」産業。始めようにも数千万円から億単位のイニシャルコスト(初期費用)がかかり、一般的には参入のハードルが高い業種というのが一般的な見方です。それに対し、自伐型林業はチェーンソーや軽架線(ワイヤー)、小型の機械(林内作業車)などコストを抑えた林業で、農村部の新たな仕事として全国40ヶ所以上で広がっています。 ■ 山中で自伐型林業の研修会 みなべ川森林組合と里山活用研究会(2014.2.25 紀伊民