• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • 越智貴雄:ソチ・パラリンピック終幕 ── ウクライナ選手団が見せた「沈黙の抗議」

    2014-03-20 09:41  

    ウクライナ選手ひとりの行進=ソチパラリンピック開会式(撮影:越智貴雄/3月7日)ウクライナ情勢が緊迫感が増すなか、17日にソチ・パラリンピックが閉幕した。大会前にはボイコットを示唆していたウクライナ選手団だったが、開会式直前に参加を表明し、金メダル5個を含む25個のメダルを獲得した。
    一方でウクライナの選手達は、競技会場などでの政治的な宣伝活動を禁じる「五輪憲章」に反しない範囲で、静かに抗議の意志を示した。現地で取材を続けた越智貴雄氏の写真とともに、ソチ・パラリンピックを振り返る。(協力/カンパラプレス http://www.kanpara.com )

    ■メダル授与式での沈黙の抗議
     
    ウクライナの選手達は、メダルセレモニーではメダルを左手で隠して「沈黙の抗議」をしていた。笑顔で授与式を迎えたいはずなのに。
     
    ただ、選手によって異なるが、日ごとに表情も変わってきた。例えば、国旗掲揚中