• このエントリーをはてなブックマークに追加
1月21日の十段坂 後半
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

1月21日の十段坂 後半

2014-02-28 12:00
  • 3


前半から続き

d8d4ad961a9c41d2e2012f053fd7dea4eaa2ef1e

ぐぬぬ・・・
これはどうする?フリーなら秒で6p発射だが、ここは天鳳。
天鳳でも東場なら
秒で6p発射だが、ここは大事な大事な南3局。

3着目の親とは800点差だ。とりあえず慎重に
mか。

4e51ea8a28bc6ee4068587400b7a287c4ee133bd

こうなったら面倒くさいから一旦和了り目マックスに受ける打p
全ツするつもりではなく、通ったら次の危険牌はpで回る。テンパイは勝負。

b89f7b69e6dca7e081c887251ea8971582b230a4

はい。

61a8727cae73e914a26afade61344e80a7313372

オーラスも手は入ります。現在
イーシャンテン。
考えることはいっぱいある。78p、23sの縦引きは問題ないとして

六筒引き  単騎

九筒引き  早かったら単騎、遅かったら両面

一索四索引き 早かったら単騎、遅かったら・・・

六筒チー  早かったらしない。遅かったらチーして単騎

一索四索チー 早かったらしない。遅かったら・・・

九筒チー  早かったら単騎、遅かったら両面

ここまでは考えた。しかし――

c251593f8fa2187f0894a4037c201b1942b6e436

この巡目に下家から出る。待てよこれ

単騎に受ける気があるのならダイミンカンではないのか??

終わったあとに牌譜を見直

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
毎日記事を拝見しております。

先日、天鳳のイベントで運良く同卓させていただきまして、600戦やってもなかなか6段まですら到達できない特上民の私にはとても貴重な体験でした。ありがとうございました。

第30戦の東4局、問題になっている打6mですが、私が打っていたらこの点差で現物が3枚あり、現物を切っているうちに安全牌が増えるかもしれない、そうでなくても7sや7pが通りそうだから最悪これらを切ろうと判断してすぐに現物を切ってしまいそうです。これが東1局だったり、安牌が0~1枚しかないのであれば、自分の和了を考えて6mを切るのですが、場況の良いこの状況では、上記の判断からオリてしまうのは損な選択でしょうか?

最近天鳳を打っていると序盤に大量リードしていてもオリてばかりで2~3着になってしまうことが多く、トップ率や和了率が凄い勢いで低下しているので、このような場面で6mを切る打ち方が私には必要なのかもしれないと思い、とても考えさせられる場面でした。今後も勉強させていただきたいです。
67ヶ月前
userPhoto
木原 浩一
×
いつもありがとうございます。

トップを獲る秘訣は?とよく聞かれますが、しいていうならこうしたリードからでもキッチリ和了りに向かっているからだと思います。もちろん自身の和了り確率、打ち出す牌の放銃確率、放銃素点。つまり「時と場合に」もよりますが、このケースはまだ手応え十分と判断しました。

オリてしまうのが悪いとは思いませんが、記事のコメントのように「圧倒的にオリ有利」とも思いません。麻雀は押し過ぎも悪ですが、オリ過ぎも悪ですよね?その辺りの判断は一言で言い表せないくらい難しいと思います。
67ヶ月前
×
ありがとうございます。

麻雀を本格的に勉強しながら打つようになって1年ほどですが押し引きは本当に難しいです。他家がリーチ、あるいは聴牌濃厚で私が非聴牌時に押し返す技術がほとんどないので、どういった場合に非聴牌でも勝負するのか今後も勉強させていただきたいです。

おっしゃる通り、特上卓に来てからはオリすぎてトップを逃し、2~3着を取りまくっても1回のラスでptを溶かしてしまって鳳凰卓への道は遠いなと感じております。押し引き判断が苦手なので、今後もこのような実践譜を楽しみにしております。
67ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。