• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 1件
  • 地政学リスクの高まりから14年の世界経済成長率は3.4%とIMFが下方修正 日本経済と家計への影響

    2014-07-25 17:20  
    86pt
    IMFが14年度の世界経済成長を4月の予測から 0.3%マイナスした。 ウクライナやイラク、パレスチナ情勢など地政学リスクが 高まっているためである。 特にイラク、シリア、パレスチナなどの中東情勢の混乱は 原油価格 高騰を招きかねないなど、世界にスタグフレーション (インフレと景気悪化) が起こりかねない可能性に言及した。 それらの紛争の原因は様々あれど、基本は欧米の国際金融軍事 権力の不安定化工作に よって起こされている。 このような情勢における日本の経済への影響と家計の対策を お伝えする ■参考記事 ・日本経済新聞 2014年7月25日 世界経済3.4%成長に減速