• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 29件
  • (有料)FRB議長が利上げも資産圧縮も柔軟に見直すと述べる 資産圧縮の意味について図解で解説

    2019-01-06 23:59  
    86pt






















    4日に行われたFRBのパウエル議長の講演会で「金融政策を柔軟に見直す用意がある」と述べた。そこで言われたことは以下の二つ・政策金利の引き上げの修正・FRBが保有している米国債などの保有資産の圧縮をする「量的引き締め」金額の修正この二つの政策の持つ意味を図解で解説する。<参考リンク>米、利上げ一時停止も FRB議長「柔軟に見直す」 日本経済新聞 2019年1月5日
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39671470V00C19A1MM8000/(以下有料)  クリックして拡散のための応援をお願いします


    社会・政治問題ランキング  
     
  • (有料)12月25日までの家計の資産動向の週間レポート&米国発、世界同時株安の原因 トランプとFRBと政府機関の閉鎖

    2018-12-25 23:59  
    86pt





















     
    先週から12月25日までの家計の資産動向をまとめてレポートにしました。また、家計の資産に影響を与える情報を掲載しました。今回は「米国発、世界同時株安の原因 トランプとFRBと政府機関の閉鎖」について解説します。<参考記事>・日経平均、前日の米市場下落を背景に5%急落 スプートニク 12月25日https://jp.sputniknews.com/business/201812255752030/・アメリカ政府系機関の一部閉鎖により、多くの人々が賃金・食物配給を受けられず パルストゥデイ 12月24日http://parstoday.com/ja/news/world-i50511(以下有料)
      クリックして拡散のための応援をお願いします


    社会・政治問題ランキング  
     
  • (有料)FRBは利上げを見送り 来月の引き上げを示唆 利上げに慎重な姿勢の背景

    2018-11-11 17:55  
    86pt





















    8日に行われたFRBの公開市場委員会が利上げを見送った。FRBの現在の政策は利上げに慎重な姿勢を示す傾向が強い。トランプ大統領が指名した2名が副議長に就任しているためだ。政策金利の意味と利上げに慎重な姿勢の背景について解説する。<参考リンク>FRB、来月利上げ示唆 景気好調、今回は据え置き  日本経済新聞 2018年11月10日  https://www.nikkei.com/article/DGKKZO33700100S8A800C1MM0000/   
  • (有料)金利上昇の影響で銀行の外国債券の運用で含み損 懸念される経済への影響

    2018-10-28 02:50  
    86pt





















    ここのところ続いている米国の金利上昇の影響で国内銀行の外国債券の運用が難しくなってきている。9月に過去最大の3兆円6693億円を購入したが、10月の米国の債券金利の上昇(債券価格は下落)で早くも含み損が出ている。その理由と経済的な影響を解説する。<参考リンク>銀行の外債運用難しく 10月、金利一段と上昇で動けず10月27日 日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO36980390W8A021C1EA4000/    
  • (有料)新興国債券の発行額が3年ぶりに減少 相次ぐ債務不履行の原因について解説

    2018-10-21 22:30  
    86pt





















    トルコやアルゼンチンなどの新興国市場の債券発行額が3年ぶりに減少している。米国の金利上昇やFRBの資産縮小に伴うマネー縮小が原因である。既に新興国社債のデフォルト件数は昨年の3倍に昇っている。新興国の債券発行が減少している理由を解説する。<参考リンク>新興国市場 動揺一段と 債券発行3年ぶり減、デフォルトも増加 日本経済新聞 2018年10月21日https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36739400Q8A021C1EA2000/ 
  • (有料)サウジによるジャーナリスト殺害問題が世界の原油、物価、金利の上昇圧力を高める懸念について

    2018-10-19 01:20  
    86pt





















    トルコのサウジアラビア領事館内でサウジ出身のジャーナリストが殺害された疑惑が世界的な大問題になっている。この人権侵害事件が過熱すれば欧米諸国によるサウジへの経済制裁が行われる懸念もでてくる。サウジへの経済制裁が行われることで原油価格の上昇、物価上昇、金利上昇となる可能性がある。そうなれば深刻な影響を世界経済に与えるだろう。この事件の背景と原油価格上昇が与える世界経済への影響について解説する。<参考記事>・米サウジ対立で原油上昇の恐れ 石油元売り、供給不安で 静岡新聞 10月18日http://www.at-s.com/news/article/economy/national/554830.html・オイルショックは急激なインフレ・高金利政策・不況・債務問題を引き起こした THINK MONEYhttp://thinkmoney.mobi/post-1400/クリックして拡散のための応援をお願いします↓社会・政治問題ランキング  


       (以下有料)  
  • (有料)10月9日までの家計の資産動向の週間レポート 米国の10年物国債の金利上昇の背景と市場に与える影響

    2018-10-10 02:00  
    86pt





















     
    先週から10月9日までの家計の資産動向をまとめてレポートにしました。また、家計の資産に影響を与える情報を掲載しました。今回は「米国の10年物国債の金利上昇の背景と市場に与える影響」について解説します。<参考記事>・「強い米景気」危うい楽観   米長期金利3.2%台 インフレ拡大警戒も   日本経済新聞 10月5日https://www.nikkei.com/article/DGKKZO36157060V01C18A0EA2000/(以下有料)
      クリックして拡散のための応援をお願いします


    社会・政治問題ランキング  
     
  • (有料)10月2日までの家計の資産動向の週間レポート 企業の景況感が3期連続悪化した9月の日銀短観の中身

    2018-10-02 22:50  
    86pt





















     
    先週から10月2日までの家計の資産動向をまとめてレポートにしました。また、家計の資産に影響を与える情報を掲載しました。今回は「企業の景況感が3期連続悪化した9月の日銀短観の中身」について解説します。<参考記事>・景況感3期連続悪化 9月日銀短観 日本経済新聞 10月2日https://www.nikkei.com/article/DGKKZO35944250R01C18A0MM0000/(以下有料)
      クリックして拡散のための応援をお願いします


    社会・政治問題ランキング  
     
  • (有料)9月25日までの家計の資産動向の週間レポート 原油価格が上昇圧力を強めている理由と悪影響について

    2018-09-25 20:20  
    86pt





















     
    先週から9月25日までの家計の資産動向をまとめてレポートにしました。また、家計の資産に影響を与える情報を掲載しました。今回は「原油価格が上昇圧力を強めている理由と悪影響について」について解説します。<参考記事>・国際原油価格が上昇止まず 2014年11月以来の最高値 スプートニク 9月25日https://jp.sputniknews.com/business/201809255379047/・米のイラン制裁で原油が1バレル=100ドルに急騰のおそれ スプートニク 9月23日https://jp.sputniknews.com/business/201809235370904/#comments(以下有料)
      クリックして拡散のための応援をお願いします


    社会・政治問題ランキング  
     
  • (有料)8月28日までの家計の資産動向の週間レポート 米金利上昇で地銀が保有する外債が下落し損失拡大 世界債券バブルの反動

    2018-08-28 21:55  
    86pt




















    クリックして拡散のための応援をお願いします



    社会・政治問題ランキング  


     
    先週から8月28日までの家計の資産動向をまとめてレポートにしました。また、家計の資産に影響を与える情報を掲載しました。今回は「米金利上昇で地銀が保有する外債が下落し損失拡大 世界債券バブルの反動」について解説します。参考記事→地銀、「不良債券」処理を開始   米金利上昇で外債の価値目減り 赤字覚悟、損切り急ぐ 日本経済新聞https://www.nikkei.com/article/DGKKZO34151950U8A810C1EE9000/(以下有料)