• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 5件
  • (有料)日銀のマイナス金利政策で現金の引き出しが増加 その意味ともたらす影響

    2016-03-10 21:55  
    86pt
  • (有料)続く銀行貸し出しの増加 マネーが増えているのに、景気が本格回復しない理由

    2016-03-08 22:40  
    86pt
  • 【動画】「ギリシャ危機から見た銀行の取り付け騒ぎが起きる根本原因」天野統康 海賊TV

    2015-07-10 01:25  



    =======================
    ■講演会・勉強会<リンク>7月18日勉強会 国際銀行権力による社会操作のツールとしての哲学の悪用と、真に有効な活用方法 ■HP<リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 ■無料セブンステップ

    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール■本<リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円■Youtube https://www.youtube.com/user/07amano/videos■Teitterhttps://twitter.com/amanomotoyasu■無料ブログ<リンク>天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  
    ===================2015年1月28日から、毎週水曜の22
  • 欧州中央銀行も量的緩和を検討 更なる金融バブルと格差社会の懸念

    2014-11-09 02:15  
    86pt

    =======================■無料セブンステップ<リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール■本→<リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円■Youtube https://www.youtube.com/user/07amano/videos■Twitter https://twitter.com/amanomotoyasu■HP<リンク>天野統康FP事務所 ホームページ ■ブログ<リンク>天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  ===========================

    【今回の記事】「欧州中央銀行、追加緩和を準備 ドラギ総裁 政策金利は据え置き日本経済新聞 11月7日 1面」欧州中央銀行(ECB)も日米に続いて、大規模な量的緩和政策を検討しているという。現状のユーロ圏諸国では、銀行貸出額が減少を続けている。それに対するカンフル剤として量的緩和を含む金融政策を検討し始めている。この政策と実行された場合に与える経済と日本の家計への影響についてお伝えする。(以下有料)
     
  • 【動画】ARTVのインタビュー動画2回目 「~なぜ私たちは経済がわからなかったのか~」をアップ 「補足」経済が理解されてこなかった興味深い事例

    2014-08-12 04:45  
    86pt


    今年3月に大型講演イベント[We are the God]を主催したARTEから受けた7月13日のインタビュー動画がyoutubeにアップされた。
    タイトルは「なぜ私たちは通貨発行権を意識しなかったのか」今回は第二回目。何故、経済がわかりにくいのか?そのカラクリを説明。インタビュー形式で図も掲載され、わかりやすい話になっています。是非、ご覧下さい。(WeareGodブログから以下転載)【動画】ARTV_INTERVIEW #2  天野統康 ~なぜ私たちは経済がわからなかったのか~ http://youtu.be/-_gdRLxpI0oARTV_INTERVIEW #2 天野統康 ~なぜ私たちは経済がわからなかったのか~〔もくじ〕1:49 基本=通貨が増減する仕組みを教えられなかった3:29 「お金はどう作られどう無くなっているのか」       4:20 紙幣とは?お金とは?5:57 お金=販売しているものと交換できるもの7:04 民間銀行と日銀がお金を発行している8:14 信用=お金信用創造=お金を作ること   8:43 法定通貨9:32 通貨発行の無意識化10:41 通貨発行権がわからないと経済がわからない11:10 現象しか見えなくなってしまう13:16作られる無意識化14:13 通貨発行権の無意識化15:00 明らかになったのは、21世紀になってから15:57 通貨発行権だけ無意識化17:40 情報公開されてない部分はたくさんある19:32 天野さんのスタイル19:42 ファクトを積み重ねていく20:58 なにが重要な情報なのかの定義がなされていない21:25 リチャード・ヴェルナー「虚構の終焉」資本主義経済の動きを信用量(通貨量)の観点から始めて公式化した22:44 資本主義の仕組みを始めて公式化した 23:04 2003年!私たちは始めて”資本主義”を知った 25:24 資本主義+民主主義が、現在最強のシステム 25:43 私たちは”民主主義”も理解していなかった 26:00 民主主義を通貨発行権の観点からモデル化する___________________________3週に渡っての天野統康さん(社会経済評論家/ファイナンシャルプランナー)のスペシャルインタビューです。8月03日(日)~なぜ私たちは通貨発行権を意識しなかったのか~ 8月10日(日)~なぜ私たちは経済がわからなかったのか~ 8月17日(日)~なぜ私たちは民主主義がわからなかったのか~ _______________________【アーカイブ】〔CM〕https://www.youtube.com/watch?v=3zJx725noc0〔8月03日(日)~なぜ私たちは通貨発行権を意識しなかったのか~ 〕https://www.youtube.com/watch?v=7qQuSW0DEKc&feature=youtu.be(転載終了)<関連リンク>・We are God~子供帝国の逆襲~



    「補足」




    如何に経済が理解されてこなかったのかについての興味深い事例は以下に解説。



    <以下有料>