• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 7件
  • (有料) 欧米日の中央銀行が作り出した債券バブルの崩壊の序章 金融庁が地銀の損失を懸念

    2017-03-09 22:30  
    86pt










    ■勉強会<リンク>3/11(土曜)2月の政治経済情勢を天野統康の有料ブログ記事を中心に解説
    ■最新刊 
    マルクスもケインズも触れなかった

    嘘まみれ世界金融の「超」最大タブー

    お金はどう作られ、どう失くなっていくのか


    著者:安部 芳裕、天野 統康    価格:1500円+税
    ☆2016年12月6日全国発売☆amazon 経済学ランキング1位 購入はこちらから→<リンク>ヒカルランド動画による本の解説はこちら→<動画リンク>著書「嘘まみれ世界金融の超最大タブー」を解説■絶賛発売中の本


    <リンク>ヒカルランドHP 世界を騙し続けた[詐欺]経済学原論 天野統康 1999円(税込) 4月27日発売 amazon 経済学ランキング1位  増刷決定!<リンク>ヒカルランドHP 世界を騙し続けた[洗脳]政治学原論 天野統康1990円(税込) 5月24日発売<リンク>頂いた書評の一覧 『世界を騙し続けた[詐欺]経済学原論』 『洗脳政治学原論』 ■HP
    <リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 
    ■無料セブンステップ

    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール■Youtube https://www.youtube.com/user/07amano/videos■Teitterhttps://twitter.com/amanomotoyasu■無料ブログ<リンク>天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■





    (本文)■今回のニュース金融庁、地銀に特別検査 外債で運用損を警戒   日本経済新聞 3月9日http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS08H5A_Y7A300C1MM8000/ ■内容金融庁が地方銀行に特別検査を実施する。米国の金利上昇の影響で損失が出始めたためだ。米国で金利が上昇し始めた理由と、金融機関が損失をおう理由と、債券バブルの崩壊のリスクについて解説する。(以下有料)






     
  • (有料)図解で説明 一時払終身保険にも保険料上げや販売停止の流れ 経済の全体像と家計への影響

    2015-04-01 02:30  
    86pt

    =======================
    ■講演会・勉強会の予定<リンク>4月4日(土曜)真の民主社会を創る会第6回勉強会 国際銀行勢力による民主政治の操作方法と克服方法 ■HP<リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 ■無料セブンステップ

    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール■本<リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円■Youtube https://www.youtube.com/user/07amano/videos■Teitterhttps://twitter.com/amanomotoyasu■無料ブログ<リンク>天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  
    =====================【今回のニュース】・一時払い終身保険料上げ 大手生保など4~7%検討: 3月28日 日本経済新聞http://s.nikkei.com/1HY64wW日銀の金融緩和による異常な国債バブルの結果、一時払い終身保険料が値上げされることになりそうだ。また、会社によっては、販売の中止を決めたところもある。この問題は、一時払終身保険にとどまらず、年金保険や養老保険などの貯蓄性保険全般に生じている現象である。この現象が起こる経済の全体像の流れを図解入りで解説する。また家計への影響をお伝えする。(以下有料)
     
  • (有料)290兆円の世界の長期国債がマイナス金利の意味と、6月以降の米国FRBの利上げがもたらす懸念 家計への影響について

    2015-03-26 06:55  
    86pt

    =======================
    ■HP<リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 ■無料セブンステップ

    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール■本<リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円■Youtube https://www.youtube.com/user/07amano/videos■Teitterhttps://twitter.com/amanomotoyasu■無料ブログ<リンク>天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  
    =====================【今回のニュース】・米利上げ、最短で6月 FOMC 景気見通し下方修正  :日本経済新聞 http://s.nikkei.com/1B2Uuvt・長期国債マイナス利回り=290兆円分、緩和策で―国際決済銀 (時事通信) - 前例のない事態で、金融や経済への影響を注視すべきだと呼び掛けている。 http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=2015018-00000135-jijnb_st-nb… #yjnewsbiz上記の二つのニュースから、中銀の量的緩和政策により異常に肥大化した世界の債券バブルと米国の中銀であるFRBが金利を引き上げた時の世界経済の変動と家計への影響について解説する。(以下有料)
     
  • Twitter3月21~25日 中銀の量的緩和で290兆円の国債がマイナス金利という債券バブル

    2015-03-26 06:24  

    =======================
    ■HP<リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 ■無料セブンステップ

    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール■本<リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円■Youtube https://www.youtube.com/user/07amano/videos■Teitterhttps://twitter.com/amanomotoyasu■無料ブログ<リンク>天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  
    =====================


    3月21日~25日のTwitterで書き込んだ内容・通貨発行権スタディーツアーの参加写真・米国の国際金融システムの影響力低下が顕在化・中央銀行の量的緩和政策
  • 【図解で説明】過去最低の長期金利(国債10年もの)の原因と、経済と家計への影響

    2014-12-27 20:40  
    86pt

    =======================■HP<リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 ■無料セブンステップ<リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール■本<リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円■Youtube https://www.youtube.com/user/07amano/videos■Twitter https://twitter.com/amanomotoyasu■無料ブログ<リンク>天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  ==========================【今回の記事】
    「長期金利最低0.310%」日本経済新聞 12月26日「空前の低金利 歪み市場 金融機関逆ざやに 住宅・企業融資伸び悩み」日本経済新聞 12月26日 債券市場で10年物国債利回りが過去最低の0.310%をつけた。金利が過去最低をつけるのは、それだけ国債の人気が高く、低い金利でも売れるためだ。長期金利の下落の影響は、債券だけでなく、銀行の経営や企業への融資、個人の住宅ローン金利などにも直接的に影響を与える大きな問題である。過去最低の金利なっている理由と、経済や家計への影響を経済の全体像から図解で説明する。(以下有料)
     
  • バブル化を続ける米国の株価 過去最高値の1万8000ドル台に 株と債券バブルとGDP上昇の背景

    2014-12-25 02:20  
    86pt

    =======================■HP<リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 ■無料セブンステップ<リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール■本<リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円■Youtube https://www.youtube.com/user/07amano/videos■Twitter https://twitter.com/amanomotoyasu■無料ブログ<リンク>天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  ==========================【今回の記事】
    「NY株、初の1万8000ドル台 GDP上方修正を好感」日本経済新聞夕刊 12月24日「投資家ジムロジャース氏 マネー収縮に備えを」日本経済新聞 12月24日米国の株価が上昇を続けている。NY株では過去最高値の18,000ドル台になった。朝方に発表されたGDPの伸び率が前期比5%増と11年ぶりの高水準になったことに後押しされたためだ。更に先日のFRBの会見で金利を当面上げないことを発表したことも影響している。一方で、投資家のジムロジャース氏のように、中央銀行が作った債券バブルの崩壊を懸念している記事もある。この米国の株高と債券バブル、今回のGDPの上昇の背景について解説する。(以下有料)
     
  • Twitter9月18~20日 イスラム国を欧米の茶番と述べるイラン 経済関連記事 ※記事の補足あり

    2014-09-21 23:30  
    86pt


    =======================■セミナー・勉強会情報<リンク>9月28日 討論Barシチズンにて勉強会を開催 「通貨発行権の民主化を提言する」■無料セブンステップ<リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール■本→<リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円■Youtube https://www.youtube.com/user/07amano/videos■Twitter https://twitter.com/amanomotoyasu■HP<リンク>天野統康FP事務所 ホームページ ■ブログ<リンク>天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  ===========================養老孟司と五木寛之の対談。養老氏は言葉を信用していないという。東洋哲学的で深い。言葉は人口的で分別そのものである。仏教などの無分別の概念を重視することで、言葉が道具であることを意識できる。道具に振り回されないようにするには過大に信用しないことだ。



    posted at 18:19:34



    企業の資金調達、22年ぶり伸び率 4~6月 9月19日 日本経済新聞 www.nikkei.com/markets/compan… 日本経済にとって良いニュース。銀行からの借り入れも増加しており、信用創造の拡大が設備投資につながれば経済の好循環が生まれる。消費税増税が無ければ景気回復していた。
    posted at 17:09:18



    米ゼロ金利を当面継続  FOMC、量的緩和の来月終了確認 出口戦略の大枠提示 9月18日 日本経済新聞www.nikkei.com/article/DGKDAS… 「私のコメント」FRBは量的緩和の終了に際し購入した資産の再投資の停止をしばらく行わない。バブル崩壊の懸念から。下げ圧力は強くなる
    posted at 16:52:48



    日銀の国債保有残高、6月末最大の215兆円 4~6月シェアも最高の21%  :日本経済新聞 s.nikkei.com/1srkXyN 「私の見解」 日銀の国債の保有割合が増加を続けており、短期国債がマイナス金利という異例の事態に。長期国債購入も増加しており国債バブルが進行中
    posted at 16:32:17



    三大都市圏、住宅地が6年ぶり上昇 14年基準地価  :日本経済新聞 s.nikkei.com/1rohwNj 「私の見解」 日銀の金融緩和による影響で、REIT(不動産投資信託)や不動産投資が活発になり、三大都市圏を中心に改善が見られた。一方で投資先にならない地方の下落は続く
    posted at 14:49:00



    日経新聞 海外メディア「ポピュリズムの脅威」=欧州で極右が躍進=blog.goo.ne.jp/pineapplehank/… 「私の意見」 反ユーロで、移民規制を訴えると極右とされてしまうのが大手欧米メディアの論調。移民規制など主権国家の権利として当たり前。国民主権を否定する非民主的な論調。
    posted at 14:31:33



    中国人民銀、8兆円供給 景気下支え 利下げには慎重 日本経済新聞www.nikkei.com/article/DGKDAS… 「私の見解」中国の中央銀行が国有銀行5行に短期の融資を行った。これは、銀行の預金準備率を潤沢にする方法。それによって預金準備率を実質0.5%下げ、融資を拡大させる景気対策
    posted at 14:24:01



    日銀の短期国債買い入れ、3回連続マイナス金利  :日本経済新聞s.nikkei.com/Xu21a6  「私の見解」金融市場で売買される短期国債がマイナス金利になっている。満期を迎えても損失がでる取引を行う理由は日銀が金融緩和を続けざるをえないため。結果、空前の債券バブル
    posted at 14:15:29



    穀物、4年ぶり安値 米国で豊作見通し  :日本経済新聞 s.nikkei.com/1uLYMbd 米国と中国が豊作の結果、穀物価格は下げ圧力が強くなっている。一方で日本は円安が進んでいるため価格下落の恩恵は受けにくいかも。日本の野菜生産は西日本を中心に不作で消費税で家計に打撃
    posted at 13:44:41



    強いドルにマネー集中 実効レート、4年ぶり高値  :日本経済新聞s.nikkei.com/1DoaixA ドルが買われているのは各国中央銀行の金融緩和の影響。金融緩和を行う理由は、実体経済が良くないため。一方で金融緩和マネーは株や債券などの金融経済に向かいバブルを作っている
    posted at 13:39:17



    日経平均大引け、大幅続伸 6年10カ月ぶり高値、円109円台に下落で :国内株概況 :株式 :マーケット :日本経済新聞s.nikkei.com/1qi6BPI 円安も株高も日銀の量的緩和の影響。現在のアメリカと同じように実体経済とは別に金融経済のバブルで高値になっている
    posted at 13:32:11



    RT @griripon: ブログ更新『天野統康さん勉強会「通貨発行権の民主化を提言する」』 ⇒ amba.to/1r5QJna 9/28(日)15時~#討論Barシチズン
    posted at 13:29:00



    「アメリカの対テロ連合は、新たなシナリオ」  ジャンナティ師はイスラム国に触れ「地域でこのテロ組織の活動のために莫大な費用が費やされ、米国とその地域の同盟国によって支払われたことを誰もが知っている。この連合は見世物だ」と述べたjapanese.irib.ir/news/latest-ne… 正論だ
    posted at 10:50:40※文末にこの記事の補足あり



    ロシア、インターネットからの独立を検討 ロシア政府は非常事態の際にワールドワイドウェブからロシアを切り離す可能性を検討している。japanese.ruvr.ru/news/2014_09_1… 日本もこのようなロシアの危機管理を見習うべきだ。そうするには米国からの実質的な独立が必要になる。
    posted at 18:01:26

    ※「記事の補足急激に拡大するイラクとシリアにまたがるイスラム国。この勢力はどこからその資金を得て世界の軍事費の大部分を占めるG7諸国に世界の脅威と言わしめる勢力になったのか?その背景を解説する。