• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 9件
  • (有料)円高ドル安が進む理由 意図的に起こしている原油安の背景

    2016-04-08 00:30  
    86pt
  • (有料)サウジなどの中東産油国が減産に応じない理由 欧米の捨て駒としての役割か

    2016-02-20 02:45  
    86pt
  • (有料)歴史的な石油価格の下落がもたらす世界的なリスクの顕在化 家計への影響

    2015-12-09 04:20  
    86pt
  • (有料)新興国への投資が27年ぶりに流出超へ 金融バブルの変動の背景

    2015-10-19 02:15  
    86pt



    =======================

    ■HP<リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 ■無料セブンステップ

    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール■本<リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円■Youtube https://www.youtube.com/user/07amano/videos■Teitterhttps://twitter.com/amanomotoyasu■無料ブログ<リンク>天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  
    ===================【今回のニュース】・新興国、陰るマネー吸引力 投融資、27ぶり流出超へ 日本経済新聞 10月18日http://www.nikkei.com/article/DGKKASGD17H0B_X11C15A0MM8000/「内容」・新興国からマネーが流出した背景・家計への影響(以下有料)
     
  • (有料)企業物価の下落が続く 通貨供給量は増えているが物価が上昇しない理由

    2015-10-17 01:00  
    86pt



    =======================

    ■HP<リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 ■無料セブンステップ

    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール■本<リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円■Youtube https://www.youtube.com/user/07amano/videos■Teitterhttps://twitter.com/amanomotoyasu■無料ブログ<リンク>天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  
    ===================【今回のニュース】・企業物価9月 3.9%下落 5年10ヶ月ぶりの大きさ日本経済新聞 10月14日(夕刊)http://www.nikkei.com/paper/article/?ng=DGKKZO92797250U5A011C1EAF000・マネーストック3.1%増 9月日本経済新聞 10月14日(夕刊)http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL14H60_U5A011C1000000/「内容」・企業物価の下落の原因・通貨量が増加しているのに物価が下落する理由・家計への影響(以下有料)
     
  • 【動画】世界銀行がFRBの利上げを懸念する理由と、超原油安によるシェールオイルバブルの破裂懸念

    2015-09-20 02:10  



    =======================

    ■HP<リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 ■無料セブンステップ

    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール■本<リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円■Youtube https://www.youtube.com/user/07amano/videos■Teitterhttps://twitter.com/amanomotoyasu■無料ブログ<リンク>天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  
    ===================(無料ブログより転載)2015年1月から、毎週水曜の22時に約30分間海賊TVが放送している「天野統康の通貨システムから見るニュースの裏側」詐欺的な銀行通貨シス
  • 日銀が物価見通し下げ。物価が上昇しにくいのは原油安以外にも量的緩和の性質のせい 家計への影響

    2015-01-21 23:48  
    86pt

    =======================■HP<リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 ■無料セブンステップ<リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール■本<リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円■Youtube https://www.youtube.com/user/07amano/videos■Twitter https://twitter.com/amanomotoyasu■無料ブログ<リンク>天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  ==========================【今回の参考記事】・日銀、物価見通し下げ 15年度1%に 貸出支援は1年延長日本経済新聞 1月21日(水)(記事より以下転載)日銀が今年の物価見通しを従来の1.7%から1.0%への引き下げた。原油安の影響で2%の物価目標は遠のいた格好だ。(転載終了)日銀が目指していた物価目標2%がなかなか達成できない。一年で80兆円も銀行にマネーを供給しているにも関わらずである。その理由を、日銀は原油安のせいにしているが、根本的な問題は量的緩和という政策の性質そのものにある。金融経済のみに流れ、実体経済に一円も使われない量的緩和政策は政治と通貨発行権が分離しているために起こる制度的な宿命である。量的緩和という歪な金融経済バブル化政策と家計への影響について解説する。(以下有料)
     
  • 【図解で解説】生保の貯蓄保険の販売停止などが起きている理由 家計への影響と保険の選び方

    2015-01-12 00:40  
    86pt

    =======================■HP<リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 ■無料セブンステップ<リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール■本<リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円■Youtube https://www.youtube.com/user/07amano/videos■Twitter https://twitter.com/amanomotoyasu■無料ブログ<リンク>天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  ==========================【今回の記事】「貯蓄保険の販売停止 明治安田や第一 低金利で運用難」日本経済新聞 2015年1月11日貯蓄型の生命保険販売を止めたり保険料を上げたりする動きが広がっている。国債の金利が低下し、運用利回りを得にくくなっているためだ。今回の記事によると、運用利回りの低下によって販売停止になっているのが明治安田の個人年金保険 80万件(一年間の契約件数)第一生命とソニー生命の養老保険 70万件(一年間の契約件数)ソニー生命の学資保険 53万件(一年間の契約件数)更に富国生命も貯蓄型保険の一部の販売停止を検討している。保険会社が主力の商品の一つである貯蓄型保険の販売を停止するという異例の事態が起きているのは日銀の量的緩和の影響である。その背景と家計への影響と保険の選び方について経済の全体像から図解を用いて説明する。
    (以下有料)
     
  • 【図解で説明】過去最低の長期金利(国債10年もの)の原因と、経済と家計への影響

    2014-12-27 20:40  
    86pt

    =======================■HP<リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 ■無料セブンステップ<リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール■本<リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円■Youtube https://www.youtube.com/user/07amano/videos■Twitter https://twitter.com/amanomotoyasu■無料ブログ<リンク>天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  ==========================【今回の記事】
    「長期金利最低0.310%」日本経済新聞 12月26日「空前の低金利 歪み市場 金融機関逆ざやに 住宅・企業融資伸び悩み」日本経済新聞 12月26日 債券市場で10年物国債利回りが過去最低の0.310%をつけた。金利が過去最低をつけるのは、それだけ国債の人気が高く、低い金利でも売れるためだ。長期金利の下落の影響は、債券だけでなく、銀行の経営や企業への融資、個人の住宅ローン金利などにも直接的に影響を与える大きな問題である。過去最低の金利なっている理由と、経済や家計への影響を経済の全体像から図解で説明する。(以下有料)