• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 1件
  • 日銀の株保有7兆円を超え、当座預金座高も160兆円を超える 金融経済にマネーを注ぎ込み続ける歪んだ経済システム

    2014-09-26 08:10  
    86pt

    =======================■セミナー・勉強会情報<リンク>9月28日 討論Barシチズンにて勉強会を開催 「通貨発行権の民主化を提言する」<リンク>10月25日 ワールドフォーラムで講演「人類解放の手引き 人類を自在に操作したマネー権力の魔術」 ■無料セブンステップ<リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール■本→<リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円■Youtube https://www.youtube.com/user/07amano/videos■Twitter https://twitter.com/amanomotoyasu■HP<リンク>天野統康FP事務所 ホームページ ■ブログ<リンク>天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  ===========================【今回の話題】日銀の株保有が7兆円を超えた。また銀行が日銀に預ける当座預金残高も160兆円を超えた。日銀が株式市場や国債市場にマネーを大規模に供給していることをあらわしている数字である。そのため、株も債権も同時に価格が上昇するという普通の経済現象では起こらない特殊な状況を作り出している。一方、日銀が購入している株や国債は、金融経済へのマネー供給であり、実体経済への直接的な供給ではない。実体経済に直接マネーを供給できない現代の日本の政治経済システムの歪みと、それがもたらす影響をお伝えする。
    <参考リンク>日銀の株保有7兆円に 買い増しで株価支える 年内に日生超え2014年9月23日 日本経済新聞


    <以下有料>