• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 1件
  • ロシア・イラン・ベネズエラなどに対する米国とサウジの原油安圧力攻撃 景気と家計への影響

    2014-12-18 06:40  
    86pt

    =======================■HP<リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 ■無料セブンステップ<リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール■本<リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円■Youtube https://www.youtube.com/user/07amano/videos■Twitter https://twitter.com/amanomotoyasu■無料ブログ<リンク>天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  ==========================【今回の記事】
    「原油安、金融市場揺らす ロシア通貨急落 利上げきかず」日本経済新聞 12月17日原油価格が急落している。その影響でロシア、イラン、ベネズエラなどの反米産油国に大きな経済的プレッシャーを与えている。ロシア通貨は急落し、市民の間でルーブルに対する信用不安が起き、ドルやユーロに変更しようとする動きが一部にでている。この原油安は米国とサウジなどの中東産油国による、反米諸国、特にロシアに対する経済攻撃である。この影響が日本経済や家計にどのような影響を与えるのかについて解説する。(以下有料)