• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 2件
  • ギリシャで急進左派政党の圧勝により国際金融マフィアが作ってきたユーロ・EU帝国が危機的状況に。家計への影響

    2015-01-27 04:46  
    86pt

    =======================■HP<リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 ■無料セブンステップ<リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール■本<リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円■Youtube https://www.youtube.com/user/07amano/videos■Twitter https://twitter.com/amanomotoyasu■無料ブログ<リンク>天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  ==========================【今回の参考記事】・2015年1月26日 ボイスオブロシア「英首相:ギリシャ議会選の左派勝利でEU経済に脅威」同党はギリシャが巨大な債務を償還するためにEUが義務付けた緊縮財政を撤回することを公約。専門家らはこれがギリシャのEU脱退を意味することを 危惧している。 http://japanese.ruvr.ru/news/2015_01_26/282449476/ ・2015年1月26日 ボイスオブロシア「ギリシャ、連立形成」 日曜行われたギリシャ議会選では急進左派連合が149議席を獲得。自力で内閣を形成するのにあと2議席というところまで迫った。与党「新民主主義」は大敗を喫し76議席を残すにとどまった。 http://japanese.ruvr.ru/news/2015_01_26/282435878/日曜に行われたギリシャ議会選で、ギリシャへの財政支援を引き換えに社会保障削減などの緊縮政策の要求を行う欧州中銀やIMFに反対する野党、急進左派連合が圧勝した。党首は、反欧米国際金融軍事権力の筆頭だった故チャベス大統領を敬愛しているという。逆に緊縮政策を容認する姿勢だった与党の新民主主義は大敗。この結果、ギリシャ国民は、EU脱退、ユーロ脱退の可能性が強まってきた。国際銀行財閥・金融軍事権力が作ってきたユーロ・EU金融帝国が危機的状況に陥り始めた。この背景と経済と家計への影響を解説する。(以下有料)
     
  • 過去の有料ブロマガ記事を無料で公開。2013年3月8日 「チャベス大統領の癌の原因への疑いに見られる、アメリカの信用の国際的な失墜とカントリーリスク」

    2014-07-23 15:25  








    2013年3月8日の有料記事「チャベス大統領の癌の原因への疑いに見られる、アメリカの信用の国際的な失墜とカントリーリスク」を無料公開にしました。
    参考にしていただければ幸いです。
    「サマリー文」ベネズエラのチャベス大統領が先日、癌で亡くなった。今回は、チャベス大統領の死の原因に対する各国の反応から垣間見える、アメリカのカントリーリスクについて。ビジネスも外交も信頼関係が重要である。信頼できない相手とは付き合いたくないのは、個人だけでなく国家間でも同じだ。しかし、現在のアメリカはその信頼感が世界の中で低下し続けている。<リンク>2013年3月8日 「チャベス大統領の癌の原因への疑いに見られる、アメリカの信用の国際的な失墜とカントリーリスク」■□■□■□■□■□■




    【募集】 メールマガジン『マネーと政治経済の原理からニュースを読む』では皆様からの相談や要望を募集していま