• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 1件
  • Twitter9月1~4日 オランダの知識人たちが政府がデマゴーグを連発することをロシアに詫びる ※補足文章有り

    2014-09-05 22:25  
    86pt

    =======================■勉強会情報<リンク>9月6日(土)「FRBを廃止せよ ~新しい政治運動の提言~」■無料セブンステップ<リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール■本の購入→<リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円■Twitter https://twitter.com/amanomotoyasu■HP<リンク>天野統康FP事務所 ホームページ ■ブログ<リンク>天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  ===========================


    ・イスラエル、ガザの環境破壊のため汚染兵器を使用  パレスチナオンラインによると、「イスラエル軍はガザの空気、水、植物、動物、土壌を汚染するため、危険な物質を含む兵器を使用した」ということです。japanese.irib.ir/news/latest-ne… 民族浄化とはこのこと。危険な選民思想国家
    posted at 10:00:17



    ・オランダ、嘘ついたことをプーチンに謝る  オランダの知識人・大学人数十人の署名入りの手紙だ。彼らはロシア大統領に対し、ボーイング、シリア、ウクライナに関する嘘を詫びている。  japanese.ruvr.ru/news/2014_08_3… 自勢力の知識人から見放された体制は正当性を継続できない。
    posted at 09:54:50



    ・フィデル・カストロ、NATOをナチス呼ばわり   「自らの恥ずべき特権を守るために人を殺すことを手柄と思うような手合いが存在する。良心を奪われた人々は少なくないようだ」 japanese.ruvr.ru/news/2014_09_0… 特権を維持するために世界を破滅させることさえ行いかねない連中
    posted at 09:42:28



    ・ウクライナ東部難民が100万人を越える、国連  そのうち81万4千人がロシアに避難し、26万人がウクライナ国内のほかの地域に避難している。 japanese.ruvr.ru/news/2014_09_0… ウクライナ民族主義を煽り続けこの状況を作った欧米権力の責任は重い。日本も民族主義に気を付けよう
    posted at 01:15:10



    ・ウクライナ、ザポロジエ市政府、義勇軍が市占拠すればダム爆破と脅迫 軍事専門家のチェルノウソフ氏は、第2次大戦中のナチス・ドイツでさえ、こうした手段を用いないようにしてきたのだ。」と語る。 japanese.ruvr.ru/news/2014_09_0… 歴代の中国諸王朝でもそうだった。野蛮なる行為
    posted at 01:09:15



    ・東京都知事 「日本政府は米国の圧力のもと対ロ制裁を導入」 4日、西シベリアでの記者会見で舛添東京都知事は 「米国は、日本が対ロシア制裁を導入するため、日本政府に圧力を加えた」と述べた japanese.ruvr.ru/news/2014_09_0… 意外にも率直な舛添知事の発言。他の政治家も続くべき
    posted at 00:15:44



    ・チェチェン共和国首長 「イスラム国」がチェチェンにイスラム帝国を建設すると発表したことに対して「イスラム国」を殲滅すると警告  カディロフ首長は、「イスラム国」は、西側の情報機関の指示に従って行動しているとして非難 japanese.ruvr.ru/news/2014_09_0… ロシアには筒抜け
    posted at 00:13:17







    ・安部首相の第二次安部内閣の記者会見の冒頭演説のLIVE中継。斜め両脇にあるミラーには原稿が書いてある。だから、淀みの無い音読のような演説になる。最近、オバマ大統領なども多用している。このミラーのメリットは視聴者側からは原稿を読んでいるようには見えないことだ。
    posted at 18:49:40




    ・『資本論』第3巻第4及び第5篇はなぜ分かりにくいかtabbreaking.blog76.fc2.com/blog-entry-295… このページに資本論の金融に関する矛盾がよく書かれている。資本論をいくら読んでも金融についてよく理解できない理由は、まとめたエンゲルスもよくわかっていなかったのではないかという話
    posted at 03:51:34




    「記事の補足」

    何故オランダ政府が、デマゴーグを駆使してまでロシアを追い詰めようとするのか?何故、オランダの知識人たちが現政府を以下のように批判しプーチン大統領に詫びるのか「我々、力なきウォッチャーは、米国を筆頭とする西側諸国が、自分たち自身の犯罪についてロシアを非難したことの、目撃者だ」。
     「我々は全ての希望をあなた様の賢明さにかける。我々は平和を望む。我々は、西側諸国の政府が民衆に奉仕するのでなく、新世界秩序のために働いているさまを目の当たりにしている。主権国家の解体と無辜の幾百万の死、これこそが、彼らがその目的を達するために支払わねばならぬ対価であるらしい」。このことについて国際金融軍事権力とオランダの歴史的背景を交えてお伝えする。<以下有料>