• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 3件
  • (有料)サウジ領事館のジャーナリスト殺害の余波でイラン産原油の輸入が容認される

    2018-11-04 20:20  
    86pt






















    トランプ政権によるイラン制裁が11月5日から始まる。それに関連して、トランプ政権がイラン産原油の輸入の全面禁止を各国に求めていたが、日本、インド、中国などの8か国には180日間だけ輸入を認める方針を明らかにした。この米国の政策変更の背景にはサウジのジャーナリスト殺害事件の影響がある。原油価格の上昇懸念と今回の政策変更について解説する。<参考リンク>米、日本の原油輸入容認 イラン産、制裁容認復活後も  11月3日 日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO37301570S8A101C1MM8000/
     
  • (有料)10月23日までの家計の資産動向の週間レポート トルコ大統領がサウジの記者殺害は計画的と発表したことの経済的影響について

    2018-10-23 22:10  
    86pt





















     
    先週から10月23日までの家計の資産動向をまとめてレポートにしました。また、家計の資産に影響を与える情報を掲載しました。今回は「トルコ大統領がサウジの記者殺害は計画的と発表したことの経済的影響」について解説します。<参考記事>・トルコ大統領「カショギ記者殺害は綿密に計画」 スプートニク 10月23日https://jp.sputniknews.com/incidents/201810235492127/(以下有料)
      クリックして拡散のための応援をお願いします


    社会・政治問題ランキング  
     
  • (有料)サウジによるジャーナリスト殺害問題が世界の原油、物価、金利の上昇圧力を高める懸念について

    2018-10-19 01:20  
    86pt





















    トルコのサウジアラビア領事館内でサウジ出身のジャーナリストが殺害された疑惑が世界的な大問題になっている。この人権侵害事件が過熱すれば欧米諸国によるサウジへの経済制裁が行われる懸念もでてくる。サウジへの経済制裁が行われることで原油価格の上昇、物価上昇、金利上昇となる可能性がある。そうなれば深刻な影響を世界経済に与えるだろう。この事件の背景と原油価格上昇が与える世界経済への影響について解説する。<参考記事>・米サウジ対立で原油上昇の恐れ 石油元売り、供給不安で 静岡新聞 10月18日http://www.at-s.com/news/article/economy/national/554830.html・オイルショックは急激なインフレ・高金利政策・不況・債務問題を引き起こした THINK MONEYhttp://thinkmoney.mobi/post-1400/クリックして拡散のための応援をお願いします↓社会・政治問題ランキング  


       (以下有料)