• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 1件
  • 【図解で解説】生保の貯蓄保険の販売停止などが起きている理由 家計への影響と保険の選び方

    2015-01-12 00:40  
    86pt

    =======================■HP<リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 ■無料セブンステップ<リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール■本<リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円■Youtube https://www.youtube.com/user/07amano/videos■Twitter https://twitter.com/amanomotoyasu■無料ブログ<リンク>天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  ==========================【今回の記事】「貯蓄保険の販売停止 明治安田や第一 低金利で運用難」日本経済新聞 2015年1月11日貯蓄型の生命保険販売を止めたり保険料を上げたりする動きが広がっている。国債の金利が低下し、運用利回りを得にくくなっているためだ。今回の記事によると、運用利回りの低下によって販売停止になっているのが明治安田の個人年金保険 80万件(一年間の契約件数)第一生命とソニー生命の養老保険 70万件(一年間の契約件数)ソニー生命の学資保険 53万件(一年間の契約件数)更に富国生命も貯蓄型保険の一部の販売停止を検討している。保険会社が主力の商品の一つである貯蓄型保険の販売を停止するという異例の事態が起きているのは日銀の量的緩和の影響である。その背景と家計への影響と保険の選び方について経済の全体像から図解を用いて説明する。
    (以下有料)