• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 6件
  • 共和党からも民主党からも広がる「民間が所有する中央銀行FRB」への批判 情報操作力の低下

    2016-01-11 22:20  



    =======================■HP<リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 ■無料セブンステップ

    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール■本<リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円■Youtube https://www.youtube.com/user/07amano/videos■Teitterhttps://twitter.com/amanomotoyasu■無料ブログ<リンク>天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  
    ===================(上記図 共和党のFRBを批判する急先鋒 ランドポール議員)米国大統領候補選で民主党のヒラリークリントンを支持率で猛追しているサンダース上院議員が民間が所有する中央
  • アメリカ中間選挙の結果から見える二大政党制による民主政治の機能不全と、今後の経済と家計への影響

    2014-11-07 05:53  
    86pt

    =======================■無料セブンステップ<リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール■本→<リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円■Youtube https://www.youtube.com/user/07amano/videos■Twitter https://twitter.com/amanomotoyasu■HP<リンク>天野統康FP事務所 ホームページ ■ブログ<リンク>天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  ===========================

    【今回の記事】アメリカ中間選挙の結果と今後の経済と家計への影響についてお伝えする。・民主政治の茶番劇上としての二大政党制・TPPや国家破綻懸念について(以下有料)
     
  • Twitter14年6月10~15日 米国で反ウォール街、反ワシントンDCの動きが選挙結果に反映

    2014-06-17 00:07  














    ロックフェラー氏墜落死 NY市郊外で小型機操縦www.47news.jp/CN/201406/CN20…


    米国の富豪ロックフェラー家の医師リチャード・ロックフェラー氏が操縦する小型機が、ニューヨーク市郊外ウエストチェスターから離陸後に飛行場西方の民家をかすめ木に衝突、墜落して同氏が死亡した。
    本当に事故なのだろうか?posted at 13:53:00


    6月14日の日経新聞の主張「規制改革の岩盤崩しは終わっていない」に以下の意見。「もしも全国一律の改革が難しければ、国家戦略特区を使って突破していくのも一案だ」国家戦略特区で規制改革を行い、全国に広げていこうというグローバル企業連合の本音がよく現れている主張である。
    posted at 03:42:49


    軍輸送機撃墜で49人死亡=親ロシア派が対空砲火-ウクライナ東部@nifty 軍と親ロ派の戦闘が続いて
  • 【有料】米国の債務上限問題の再燃 2月末までに決着しなければデフォルトの危機 その背景と家計への影響

    2014-02-07 06:06  
    82pt
    【本日の話題】 米国の債務上限が再び問題になっている。 ルー財務長官によれば2月末には資金が尽きるとのこと。 基軸通貨ドルを発行する超大国が何故、破綻危機に陥るのか。 その背景と、家計への影響をお伝えする。
     
  • 【有料】米国の債務上限引き上げ問題が連邦議会で成立しなかった場合はどうなるか 家計への影響

    2013-10-13 03:38  
    82pt
    本日の記事は、米国の債務上限引き上げ問題が連邦議会で成立しなかった場合はどうなるか ということについて。
  • 破綻するはずのない米国が破綻しかかっている不思議 その答えは政「金」分離という歪な政治経済システムのせい

    2013-10-07 04:00  
     本日の記事は、10月4日の日本経済新聞夕刊の記事から以下の項目の内容と分析を掲載。 「米財務省が報告書 債務上限上げなければ「08年金融危機以上に」 この記事は、 現在の米連邦政府の債務上限が17日までに引き上げられなければ、「前代未聞のデフォルト (債務不履行)に陥り、その壊滅的な悪影響は2008年のリーマンショック金融危機と同等か それ以上の危機と経済不況を招く可能性がある」と警告する報告書を発表した。 デフォルトが発生する可能性が高まるだけでも経済に悪影響を与えかねないと警告した という内容。 当ブログでもこの問題に関しては、今年の1月から繰り返し警告してきた。 参考【サンプル記事】マネーと政治経済の原理からニュースを読む 何故、世界の基軸通貨ドルを発行し世界一の経済規模を誇る超大国の米国が、 破綻するかもしれないなどと言われているのだろうか? 一言で言えば、破綻する必要が無いのに、破綻しかかっている、という状態なのである。 何故、アメリカは破綻する必要が無いのか? それはアメリカの借金がドル建てだからである。 ドル建てと言うことは、その借金の支払いの財源はアメリカがいくらでも作れると言うこと。 ドルを作れるのはアメリカだけだ。 そのドルはアメリカの中央銀行であるFRBが無からいくらでも作り出せる。 借金の支払いの財源が無いなどということは、金融の原理からすればありえない。 それでは、何故、破綻しかかっているのか?それは、アメリカ政府がドルを作れないからである。 え?アメリカがドルを作っているのに政府が作れないとはどういうこと? 普通の方はそう思うだろう。 しかし、アメリカ政府はドルを作っていない。 ドルは中央銀行であるFRBが作っているのである。 FRBは政府の一機関ではないのか? FRBは株式会社であり、政府は1株も持っていない私立銀行である。