• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 1件
  • 米国の金融バブルの崩壊懸念が強まる複数の理由 バブルを作り出した金融緩和の縮小と自社株買いの副作用 国際情勢のリスクの高まり

    2014-10-17 08:42  
    86pt

    =======================■セミナー・勉強会情報<リンク>10月18日(土曜日) 真の民主社会を創る会勉強会 「日米欧の自由民主主義体制を操作する国際金融軍事権力の実体」 <リンク>10月25日 ワールドフォーラムで講演「人類解放の手引き 人類を自在に操作したマネー権力の魔術」 ■無料セブンステップ<リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール■本→<リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円■Youtube https://www.youtube.com/user/07amano/videos■Twitter https://twitter.com/amanomotoyasu■HP<リンク>天野統康FP事務所 ホームページ ■ブログ<リンク>天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  ===========================「今回の記事」現在、米国の株価下落の影響で、世界同時株安と円高外貨安が起こっている。以前からお伝えしてきたとおり、現在の米国は金融バブルを意図的に起こしてきた。今回の下げは米国のバブル化した株式市場の調整だろう。そうなった背景には金融バブルの原因である・FRBの金融緩和の縮小と10月の終了・米国の上場企業の自社株買いの減少他にも・国際情勢のリスクの高まり・国際社会の実体経済の減速などが考えられる。知人のカリスマ証券アナリストやトレーダーの意見も踏まえて、現状と今後の経済予測と家計への影響をお伝えする。

    <参考リンク>・10月4日 米国の雇用増加の原因と、金融緩和の終焉による株バブル崩壊懸念 家計への影響 「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」 ・自社株買いは「コーポレート・コカイン」か 日本経済新聞(以下有料)