• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 7件
  • (有料)クリントン夫妻、オバマ、ジョージソロス、CNNに爆弾テロ未遂 深刻な米国の分裂を象徴

    2018-10-25 23:59  
    86pt





















    クリントン夫妻、オバマ元大統領、国際投機家のジョージソロス、CNNなどに爆発物が郵送された。共通するのは民主党関係者であり、国際銀行マフィアの一員であると思われている事だ。トランプ大統領と対立する側の勢力が対象になった。この事件から米国の価値観の分断が内戦状態に近いほど深刻である事と、その理由を解説する。<参考リンク>・オバマ、ソロス、CNNなどトランプ「政敵」に爆弾相次ぐ「 ニューズウィークhttps://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181025-00010002-newsweek-int 
  • (有料)新興国債券の発行額が3年ぶりに減少 相次ぐ債務不履行の原因について解説

    2018-10-21 22:30  
    86pt





















    トルコやアルゼンチンなどの新興国市場の債券発行額が3年ぶりに減少している。米国の金利上昇やFRBの資産縮小に伴うマネー縮小が原因である。既に新興国社債のデフォルト件数は昨年の3倍に昇っている。新興国の債券発行が減少している理由を解説する。<参考リンク>新興国市場 動揺一段と 債券発行3年ぶり減、デフォルトも増加 日本経済新聞 2018年10月21日https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36739400Q8A021C1EA2000/ 
  • (有料)サウジによるジャーナリスト殺害問題が世界の原油、物価、金利の上昇圧力を高める懸念について

    2018-10-19 01:20  
    86pt





















    トルコのサウジアラビア領事館内でサウジ出身のジャーナリストが殺害された疑惑が世界的な大問題になっている。この人権侵害事件が過熱すれば欧米諸国によるサウジへの経済制裁が行われる懸念もでてくる。サウジへの経済制裁が行われることで原油価格の上昇、物価上昇、金利上昇となる可能性がある。そうなれば深刻な影響を世界経済に与えるだろう。この事件の背景と原油価格上昇が与える世界経済への影響について解説する。<参考記事>・米サウジ対立で原油上昇の恐れ 石油元売り、供給不安で 静岡新聞 10月18日http://www.at-s.com/news/article/economy/national/554830.html・オイルショックは急激なインフレ・高金利政策・不況・債務問題を引き起こした THINK MONEYhttp://thinkmoney.mobi/post-1400/クリックして拡散のための応援をお願いします↓社会・政治問題ランキング  


       (以下有料)  
  • (有料)トランプ大統領が「株安はFRBのせい」と国際銀行マフィアFRBの独立性をけん制

    2018-10-14 22:30  
    86pt





















    先週起こった世界同時株安はFRBの利上げのせいで起きたとトランプ大統領が批判した。これは米国の大統領が国際銀行マフィアが作り上げた民間が所有する中央銀行FRBを批判した珍しい事例である。株価下落の背景と米国の政治とFRBの関係を解説する<参考記事>・株安「FRBに責任」 米大統領、ドル高けん制  10月12日 日本経済新聞https://www.nikkei.com/article/DGKKZO36409500S8A011C1MM0000/クリックして拡散のための応援をお願いします↓社会・政治問題ランキング  


       (以下有料)  
  • (有料)8月20日までの家計の資産動向の週間レポート トルコ通貨リラ危機から見る中国の台頭とIMF米国離れ

    2018-08-21 16:32  
    86pt




















    クリックして拡散のための応援をお願いします



    社会・政治問題ランキング  


     
    先週から8月20日までの家計の資産動向をまとめてレポートにしました。また、家計の資産に影響を与える情報を掲載しました。今回は「トルコ通貨リラ危機から見る中国の台頭とIMF米国離れ」について解説します。参考記事→<リンク>中国台頭 IMF離れ促す 債務拡大、増幅するリスク 日本経済新聞 8月19日      関連記事→<リンク>トルコ通貨リラ急落の背景にある銀行マフィアが絡む政治的・経済的な要因(以下有料)
     
  • (有料)8月14日までの家計の資産動向の週間レポート トルコ通貨リラ急落の背景にある銀行マフィアが絡む政治的・経済的な要因

    2018-08-14 16:20  
    86pt




















    クリックして拡散のための応援をお願いします



    社会・政治問題ランキング  


     
    先週から8月14日までの家計の資産動向をまとめてレポートにしました。また、家計の資産に影響を与える情報を掲載しました。今回は「トルコ通貨リラ急落の背景にある、銀行マフィアが絡む政治的・経済的な要因」について解説します。参考記事→https://www.nikkei.com/article/DGKKZO34117690T10C18A8MM8000/関連記事→<リンク>トルコのエルドアン大統領が中央銀行に対する任命権を獲得 トルコリラは下落を強める 2018年7月14日(以下有料)
     
  • ユダヤ人と国際銀行マフィアを明確に区別する必要 悪魔崇拝と理性の融合による悪魔的理性主義体制

    2018-07-31 07:30