• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 1件
  • ユーロ金融帝国からギリシャの離脱の可能性が高まる ギリシャ離脱をドイツが容認 経済と家計への影響について

    2015-01-06 11:40  
    86pt

    =======================■HP<リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 ■無料セブンステップ<リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール■本<リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円■Youtube https://www.youtube.com/user/07amano/videos■Twitter https://twitter.com/amanomotoyasu■無料ブログ<リンク>天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  ==========================【今回の記事】「ギリシャ離脱論再燃 ユーロ9年ぶり安値招く 独容認の見方が波紋」日本経済新聞 2015年1月6日
    「今年の10大リスク 首位は欧州政治 米調査会社」日本経済新聞 2015年1月6日債務危機が続くギリシャのユーロからの離脱についてドイツ政府が容認する対応を取り始めたとドイツのシュピゲール誌が報道した。ギリシャがユーロから離脱すれば、拡大を続ける一方だった国際銀行財閥が主導するユーロ金融帝国から初めて離脱する国家が生まれることになる。離脱の問題はギリシャのみに留まらず他の欧洲諸国にも波及している。欧州連合によって通貨発行権と国民主権を奪われた欧州各国の反発が背景にある。今年の最大のリスクと言われるユーロやEUの混乱に伴う欧州政治の背景と、経済や家計への影響についてお伝えする。