• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 1件
  • ロス暴動の再来を懸念する米国 本日ミズーリ州の黒人青年射殺事件の警察官が不起訴に。経済と家計への影響

    2014-11-25 21:43  
    86pt

    =======================■HP<リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 ■無料セブンステップ<リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール■本<リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円■Youtube https://www.youtube.com/user/07amano/videos■Twitter https://twitter.com/amanomotoyasu■ブログ<リンク>天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  ==========================【今回の記事】「米ミズーリ州ファーガソン、警官不起訴で再び暴動―放火や略奪も2014年11月25日 ウォールストリート・ジャーナル」「ファーガソンの抗議行動、全米120都市に拡大 2014年11月25日 ボイスオブロシア」この有料ブロマガで以前からお伝えしてきたことだが、米国ミズーリ州の黒人青年射殺事件の判決が本日行われ、射殺した警察官は大方の予想通り不起訴になることが決まった。この不起訴処分に対し、ミズーリ州を中心に全米で抗議の暴動が発生している。日本のマスコミが報道してこなかったこのロス暴動の再来の懸念を伝えてこれなかった背景と、経済や日本の家計に与える影響をお伝えする。<関連リンク>11月17日 ここ数日後にアメリカの警察が92年のロス暴動の再来を警戒 家計への影響(以下有料)