• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 1件
  • 円安が進む2つの理由 米国の景気回復と日銀の量的緩和と銀行貸し出しの増加

    2014-12-06 22:55  
    86pt

    =======================■HP<リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 ■無料セブンステップ<リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール■本<リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円■Youtube https://www.youtube.com/user/07amano/videos■Twitter https://twitter.com/amanomotoyasu■無料ブログ<リンク>天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  ==========================【今回の記事】「米雇用改善32万人増 11月ドル買い優勢、円121円台 12月6日 日本経済新聞」「銀行貸出金11月末2.4%増 12月6日 日本経済新聞」ここのところ急激に円安が進んでいる。その理由は主に以下の2つである。・日銀の量的緩和の拡大と民間銀行貸し出しの増加によるマネー量の増加・米国の景気回復による量的緩和の終演と、金利上昇圧力この二つの要因が円安ドル高圧力をもたらす理由を解説する。(以下有料)