• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 12件
  • 歓迎式典

    2019-05-29 23:20  
    103pt
    国賓として来日されたトランプ大統領及び同令夫人の歓迎式典が皇居で行われました。 服装 男性 ダークスーツ、女性 デイドレス  皇居東庭 09:00まで 日本側要人夫妻、石橋の間に参集北車寄から参入、石橋の間で待機 09:00 総理大臣夫妻、北車寄に到着、石橋の間へ 09:12 日本側要人夫妻、公式随員及び駐日大使夫人は石橋の間から東庭に移動し、VIPラインの所定の位置に列立 09:20 大統領閣下及び同令夫人が南車寄に御到着天皇皇后両陛下がお出迎え 09:22 天皇皇后両陛下、大統領閣下及び同令夫人は東庭へ両国国歌演奏 09:27 大統領閣下が受礼台へ、栄誉礼、御巡閲、栄誉礼首席接伴員(外務省儀典長)が大統領閣下に、式部官が令夫人に日本側要人夫妻を御紹介、天皇皇后両陛下御併進 米国側が公式随員及び駐日大使夫人を天皇陛下に御紹介 米国側が公式随員及び駐日大使夫人を皇后陛下に御紹介 09:35

    記事を読む»

  • 第145代外務大臣

    2019-05-29 22:58  
    103pt
    2017年8月3日に外務大臣に就任して、5月27日で663日となりました。
    第三次安倍第三次改造内閣で第145代外務大臣に就任し、第四次安倍内閣で第146代外務大臣に再任されました。
    第何代外務大臣というときに、様々な数え方があるようです。
    外務省の公式なカウントの仕方は、井上馨を初代として、兼任外務大臣も一代として数えます。
    初代 井上馨2代-3代 大隈重信4代-5代 青木周蔵6代 榎本武揚7代 陸奥宗光8代-9代 西園寺公望10代 大隈重信
    例えば田中眞紀子外務大臣と川口順子外務大臣の間に小泉純一郎首相が外務大臣を三日間兼任していましたが、それも一代と数えています。
    第50代は広田弘毅、第100代は小坂善太郎、岸田前外務大臣は第143代と第144代です。
    井上馨外務大臣の前に、外務卿、外務省事務総裁、外国官知事、外国事務局督、外国事務総裁という役職がありました。最も古い外国事務総裁は、

    記事を読む»

  • 宮中晩餐会

    2019-05-27 23:34  
    103pt
    国賓として来日中のトランプ大統領ご夫妻を歓迎する宮中晩餐会が催されました。 服装 男性 タキシード、女性 ロングドレス又は訪問着 皇居正門から宮殿北車寄へ参入。 北車寄から春秋の間まで式部官が誘導 18:45まで 招客、春秋の間に参集 春秋の間で食前の飲み物 19:00 大統領閣下及び同令夫人、南車寄着、天皇皇后両陛下がお出迎え。 19:19 招客は名前の呼び上げにしたがって、順次春秋の間から石橋の間に参進し、天皇皇后両陛下、大統領閣下及び同令夫人に謁見。 謁見後、石橋の間から豊明殿へ移動し着席。



    19:36 天皇皇后両陛下、大統領閣下及び同令夫人が豊明殿御着席。 19:37  天皇陛下のお言葉(一同着席のまま) アメリカ国歌演奏(一同起立) 天皇陛下が御挙杯、乾杯(終わって拍手、一同着席) 大統領閣下の御答辞(一同着席のまま) 君が代演奏(一同起立) 大統領閣下が御挙杯

    記事を読む»

  • トランプ大統領夫妻来日

    2019-05-25 21:42  
    103pt
    トランプ大統領が国賓として来日されました。 今日は、羽田空港に到着される大統領をお出迎えに行きました。 朝8時の新幹線で静岡に向かい、島田市で井林たつのり代議士率いる静岡県第二選挙区支部で講演し、とんぼ返りで東京に戻り、一昨日、旭日大綬章を贈与されたヨルダンのジュデ元外相と懇談、そして午後3時50分に赤坂宿舎を出発して羽田空港に向かいます。 大統領の来日を準備をするために、ホワイトハウス、国務省、シークレットサービス等などのスタッフは2週間に来日し、作業をしてきました。 羽田空港の貴賓室でハガティ米国大使や杉山駐米大使などとエアフォースワンの到着を待ちます。 午後4時58分、エアフォースワンが羽田空港に着陸、マスコミが待ち構えるスポットに向かってきます。 エアフォースワンが停止するやいなや、後部のタラップから同行してきた記者団や大統領のスタッフが続々と降りてきます。 自走式の

    記事を読む»

  • OECD閣僚理事会

    2019-05-25 00:23  
    103pt
    OECD閣僚理事会及びWTOの非公式会合に出席するために、パリに出張しました。

    5月21日 14:20 羽田発 19:45 パリ着 5月22日 09:40 打ち合わせ

    シャトーと呼ばれるOECD本部の建物はブーローニュの森のすぐそばにあります。





    閣僚理事会議長国のスロバキアがOECD本部の庭でおもてなし。



    10:40 アゼベドWTO事務局長との会談@ホテルクラリッジ

    13:00 OECD閣僚理事会 ワーキングランチ@OECD



     

    14:30 ペレグリニ スロバキア首相(閣僚理事会議長)

    15:00 ライトハイザー米国通商代表との会談



     

    15:40 ポポリシオ ペルー外相との会談

    16:10 OECD閣僚会合 分科会

     

    17:30 ソーライデ ノルウェー外相との会談

     

    18:00 グリアO

    記事を読む»

  • アメリカ大統領選挙

    2019-05-24 23:30  
    103pt
    これまでも何度も書いてきたように、アメリカの大統領選挙は、新しい大統領が決まるやいなや、次のラウンドが始まります。
    もちろん候補者が名乗りを上げ始めるのは中間選挙が終わってからでしょうけれども、次の大統領選挙に向けて、指名選挙に関する新たなルール作りが始まります。
    1972年には、民主党内でこのルール作りの責任者だったジョージ・マクガバンがそのルールを大いに活用して民主党の大統領候補としての指名を獲得したこともあるほど、実はルールは重要です。
    共和党では現職のトランプ大統領の指名が確実視されていますが、民主党は大混戦です。
    その民主党では、大きなルール変更が行われています。
    一つはカリフォルニア州をはじめ、多くの州で予備選挙の日程が繰り上がり、スーパーチューズディのように複数の州で同時に予備選挙が行われるようになります。
    特に資金力がものをいうカリフォルニア州の予備選挙が3月に繰り上がるの

    記事を読む»

  • アフリカ出張

    2019-05-15 22:59  
    103pt
    アフリカ三カ国に出張しました。

     

    最初のアンゴラは、サブサハラのアフリカの中で経済規模がナイジェリア、南アフリカに次ぐ第三位、石油をはじめとする資源にも恵まれ、これからの経済発展の潜在力も大きな国です。

    日本企業が大型の開発プロジェクトにも参加するなど、日本との経済関係の強化も期待されています。

     

    次の南スーダンは、長く続いた内戦からようやく統一暫定政府をつくり、国を再建しようという動きが始まったばかりです。

     

    ところがこの和平に関する政治プロセスを支えていこうという先進国は日本だけというのが現状です。

     

    日本の和平プロセスへの関与と支援を確認し、様々な関係者との意見交換をするのが目的です。

     

    エチオピアは、新しいアビィ首相のリーダーシップの下、隣国のエリトリアとの外交関係を二十年ぶりに復活させ、アフリカの角といわれる地域の平和と安定に

    記事を読む»

  • サウジアラビア出張

    2019-05-14 23:38  
    103pt
    サウジアラビアに出張しました。





    外相就任以来、のべで100カ国目となります。





    4月26日



    20:00 羽田発 チャーター機 連休初日ということもあり、日本初の便を抑えられず、やむをえずチャーター機で、インチョンまで出ることになりました。





    22:00 インチョン着





    23:55 インチョン発





    04:25 ドバイ着





    06:55 ドバイ発





    07:50 リヤド着





    10:30 スルタン元議員との懇談@大使公邸





    11:00 現地情勢ブリーフィング@大使公邸





    12:30 ジャーセル元経済企画相主催昼食会@私邸 外相、財相、経済企画相に加え、有力な実業家が集まってくれました。

    ワディ・ハニーファの貯水池には二週間前の雨水が大量にたまって

    記事を読む»

  • 期日奉告の儀

    2019-05-11 11:41  
    103pt
    「来る5月8日、賢所皇霊殿神殿に期日奉告の儀を行われますから、御参列の向きは、午前10時10分までに賢所参集所に参集されますようご案内申し上げます。
    平成31年4月19日宮内庁長官 山本信一郎
    外務大臣 河野太郎殿」
    参列は内閣総理大臣及び国務大臣並びに衆議院及び参議院の議長及び副議長並びに最高裁判所長官及び最高裁判所判事(長官代行)認証官総代各省庁の事務次官の総代都道府県の総代市町村の総代その他別に定める者
    服装天皇:御束帯(黄櫨染御袍)皇后:御五衣・御小袿・御長袴侍従、掌典長、掌典次長、掌典及び楽長:衣冠単女官:袿袴内掌典:衣袴、袿袴掌典補、楽師:布衣単出仕:雑色 モーニングコート又はこれに相当するもの
    諸員の服装 男子はモーニングコート、紋付羽織袴又はこれらに相当するもの女子はロングドレス、デイドレス、白襟紋付又はこれらに相当するもの
    お列掌典長 侍従(剣) 天皇 侍従(裾) 侍従(

    記事を読む»

  • 即位後朝見の儀

    2019-05-01 00:02  
    103pt
    即位後朝見の儀(5月1日)
    男性は、燕尾服、紋付羽織袴又はこれらに相当するもの女性は、ロングドレス、白襟紋付又はこれらに相当するもの勲章着用
    参列者内閣総理大臣、国務大臣、内閣官房副長官、副大臣及び内閣法制局長官、衆議院議長、衆議院副議長、参議院議長、参議院副議長、両院の常任委員長、特別委員長、調査会長、審査会長及び事務総長並びに国立国会図書館長、最高裁判所長官、最高裁判所判事、高等裁判所長官及び最高裁判所事務総長、特記した認証官以外の認証官都道府県知事の代表及び都道府県議会の代表各2人市長の代表及び市議会の代表各2人町村長の代表及び町村議会の代表各2人その他特に認める者以上の者の配偶者
    午前10時50分、参列者が宮殿の千草の間、千鳥の間及び春秋の間に参集する。
    午前10時55分、皇嗣、皇嗣妃、親王、親王妃、内親王及び女王が皇族休所に参集される。
    次に参列者が正殿松の間の所定の位置に列立す

    記事を読む»