• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 7件
  • 北極海

    2019-04-23 23:47  
    103pt
    南極は大陸で、南極条約等が適用されます。
    しかし、北極は、海なので基本的には国連海洋法条約をはじめとする国際法が適用されます。
    この国会で、中央北極海無規制公海漁業防止協定という条約が審議されています。
    この協定の対象となる中央北極海の公海水域は、現在、ほとんどが氷で覆われていて、商業的な漁業は行われていません。
    協定でも「商業的漁獲が近い将来に中央北極海の公海水域において可能となりそうにない」と謳われています。
    しかし、この協定の対象水域でも氷が減少していることが確認されていて、将来、もしこの水域全体について規制がないままに商業的漁獲が開始された場合、生態系に影響を及ぼす可能性が否定できません。
    北極海の夏の海氷面積は、1980年代以降減少し、現在では、20世紀後半の約60-70%しか残っていないといわれています。
    この水域にはタラやカレイをはじめ約300種類の魚が生息していると推定され

    記事を読む»

  • 日米2+2会合

    2019-04-21 19:17  
    103pt
    ワシントンで行われた日米2+2のためにワシントンに出張しました。

    4月18日 16:10 成田発

    15:50 ワシントン着

    18:30 デニス・ブレア笹川平和財団米国会長との夕食会@メトロポリタンクラブ

    20:30 買い物@クレイマーブックストア

    デュポンサークルにある本屋で、カフェもついているので、学生時代によく行きました。

    4月19日 07:00 打ち合わせ

    08:00 日米外相会談@国務省長官室



    ポンペオ国務長官とはこれが11回目の会談です。 双方三人ずつの会談を30分行った後、二人だけで意見交換をしました。

    08:45 日米2+2会合@トマス・ジェファソンルーム



    左から岩屋防衛相、私、ポンペオ国務長官、シャナハン国防長官代行。





    10:00 共同記者会見@ベンジャミン・フランクリンルーム



    記事を読む»

  • 北京出張

    2019-04-16 22:57  
    103pt
    第5回日中ハイレベル経済対話の日本側議長として、訪中しました。



    4月13日 07:45 宿舎発



    09:05 羽田発



    12:05 北京着



    14:10 打ち合わせ



    14:30 インタビュー CCTV



    15:20 インタビュー 澎湃



    16:35 北京外国語大学訪問



    日本語を学ぶ学生たちと。





    修士・博士課程の学生たちと。



    18:30 JETプログラム壮行会@大使館





    18:45 大使主催夕食会@大使公邸



    21:35 同行記者懇談会



    4月14日 08:30 在中国日本企業関係者との朝食会



    10:00 打ち合わせ



    11:15 フーマー(無人スーパーマーケット)視察



    第一世代のセルフレジ。 第二世代は顔認証で決済するとか。




    記事を読む»

  • ODA 2019

    2019-04-15 23:11  
    103pt
    2018年の各国のODA実績がOECDから公表されました。
    今回から、OECD開発援助委員会(DAC)によるODAの計算方式が従来の支出純額を計上する方式から贈与相当額を計上する方式に変更されました。
    これまでの純額方式では、援助供与国の支出総額から被援助国が援助供与国に返済した借款の貸付元本額を差し引いた金額が支出純額として計上されます。
    今回から使われる贈与相当額計上方式では、借款の金利や返済期間などの供与条件の緩さを考慮して、贈与に相当すると認められる金額がODA実績として計上されます。
    ODAを時代に合ったものに改善する、いわゆる「ODAの現代化」に関する議論の結果として新方式の導入が決定されました。
    新方式は、日本のODAをより的確に評価できる方式だといえるでしょう。
    金利や返済期間などの供与条件が緩い円借款の比重が大きい日本の場合、純額方式に比べて、新方式では2018年実績の場

    記事を読む»

  • 数字でみる河野外交

    2019-04-10 23:07  
    103pt
    2019年4月8日現在です。
    外務大臣就任から614日。外国出張日数231日。
    外国訪問回数46回、訪問国数63カ国・地域、のべ97カ国・地域。
    総飛行距離885,032km、地球22.13周。
    外相会談・会合数 バイ会談および三カ国外相会談は130カ国・地域との間でのべ305回。マルチ(四カ国以上)を含めると330回。
    外相電話会談36カ国・地域との間でのべ93回。
    最も多い外相会談の相手は韓国のカン・ギョンハ外交部長官で18回。
    二番目はアメリカのマイク・ポンペオ国務長官で10回。
    三番目はロシアのラヴロフ外相とアメリカのティラソン前国務長官の9回。
    外相電話会談の最も多いのも韓国のカン・ギョンハ外交部長官で10回。
    二番目はポンペオ米国国務長官で9回。
    三番目はティラソン前米国国務長官、フェデリーカ・モゲリーニEU外務・安全保障政策上級代表(EU外相)、ボリス・ジョンソン前英国外相、

    記事を読む»

  • G7外相会合2日目

    2019-04-08 23:04  
    103pt
    4月6日 07:45 打ち合わせ



    08:30 多国間主義同盟に関する会合@パレ







    09:00 セッション3   中東和平、シリア・イラク、イランなど



    10:45 セッション4   北朝鮮、中国、ベネズエラなど



    12:15 日独外相会談



    12:30 写真撮影



    12:40 セッション5・ワーキングランチ@カジノ   テロ対策、人身取引



    ワーキングランチの前菜 ホタテ貝とうみぶどう





    メインディッシュ 白身魚と昆布のソース





    デザート



    14:30 ぶら下がり記者会見



    16:00 ディナール空港発



    16:50 パリ着



    20:00 パリ発



    4月7日 14:45 羽田着

    記事を読む»

  • G7外相会合初日

    2019-04-06 06:01  
    103pt


    4月4日 21:25 宿舎発

    22:55 羽田発

    4月5日 04:35 パリ着

    09:00 パリ発


    09:50 ディナール空港着

    11:25 打ち合わせ@宿舎(シャトー・デュ・ネセ)

    12:20 昼食@ディディエ・メリル
    豚うで肉 そば粉のパスタ添え

    13:30 日加外相会談@パレ


    14:15 日仏外相会談@パレ


    14:35 日英外相会談@ホテル・ロワイヤルエメロード

        
    15:00 日EU外相会談@ホテル・ロワイヤルエメロード


    15:45 G7外相会談会場到着@パレ   EU、加、伊、日、独、英、米の順番

    16:00 全体写真撮影

    16:15 セッション1    民主主義の擁護、サイバー(日本リード)


    18:10 海上バスでサンマロに移動


    19:00 サンマロ着

    19:10 写真撮影


    19:30 セッション2・ワーキングディナー

    記事を読む»