• このエントリーをはてなブックマークに追加
【衝撃】★ロシアは、アメリカと戦争する準備を開始した ロシア政治経済ジャーナル 北野幸伯氏
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【衝撃】★ロシアは、アメリカと戦争する準備を開始した ロシア政治経済ジャーナル 北野幸伯氏

2016-10-12 07:00

    5d699cbbca0a47a5acb0e9a10f6f36a9174d77b2

     

    新潟に新しいリーダーを誕生させる会

    米山隆一新潟県知事候補へ支援の輪を広げよう!!



    ■刊行予定の本

    98a6cb7263d7e2c5e1c243d60ddaa71f54231fee

    マルクスもケインズも触れなかった

    嘘まみれ世界金融の「超」最大タブー

    お金はどう作られ、どう失くなっていくのか

    著者:安部 芳裕、天野 統康

    四六判ソフトカバー 価格:1500円+税

    ☆2016年11月全国発売予定☆
    購入はこちらから→<リンク>ヒカルランド

    ■絶賛発売中の本

    8e7c1dbc81dfb5b5d703335c2f2c7ec9ef203e52

    <リンク>ヒカルランドHP 世界を騙し続けた[詐欺]経済学原論 天野統康 1999円(税込) 4月27日発売 
    amazon 経済学ランキング1位  増刷決定!



    HP
    <リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 


    ■無料セブンステップ


    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


    ■Youtube
    https://www.youtube.com/user/07amano/videos



    ■Teitter
    https://twitter.com/amanomotoyasu



    ■無料ブログ
    <リンク>
    天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  


    1c808b678f6db20583078edebc9e7673e1457144

    d5f026dc93305e44a178b3c115ee325bfd10bd6e
    ef0086263852b52304214c300de676c802c2bb08

    ■寄付・支援のお願い

    当ブログでは真の民主社会を創るために必要な

    情報発信や研究などの活動を行っています。

    独立して活動をするには、時間や労力、お金がかかります。

    是非、皆様のご支援をお願いいたします。

     

    ・みずほ銀行

    ・立川支店

    ・預金種目:普通

    ・口座番号:2478209

    ・口座名:アマノ モトヤス

    ※入金されたお金のご返金は原則としてできません。


    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

    (本文)

    223db68a5b5a174d114a75001da17088bbf8b9c2

    いよいよ米ロの対立が緊迫の度を増してきた。

     

    モスクワ在住の国際政治ジャーナリストの北野幸伯氏の最新のメルマガには

    ロシアが米国と戦争をする準備を開始したことが詳細な情報とともに掲載されている。

     

     

    (ロシア政治経済ジャーナルより以下転載)

     

    ロシア政治経済ジャーナル [まぐまぐ!]
    【衝撃】★ロシアは、アメリカと戦争する準備を開始した
    http://archives.mag2.com/0000012950/20161012000000000.html
     


    先日(10月9日)、ロシア国営テレビRTRの「ヴェスティ ニ
    デーリ」で、仰天情報が流れていました


    https://www.youtube.com/watch?v=o7zuMPq55WU


    「ロシアは、アメリカと戦争する準備を開始した」


    というのです。
    <中略>

     

    ロシアは、シリアに地対空ミサイル「S300」を配
    備します。



    <ロシア、シリアに最新鋭の地対空ミサイル配備

    読売新聞 10月5日(水)22時56分配信

    【モスクワ=花田吉雄】インターファクス通信によると、ロシ
    ア国防省は4日、シリア国内のロシア海軍の補給拠点がある北西
    部タルトゥスの海軍基地に最新鋭の地対空ミサイル「S300」
    を配備したと発表した。

    露国防省報道官は声明で「海軍基地の防衛のためで、脅威となる
    ものではない」としている。

    一方、米国防総省のクック報道官は4日の記者会見で、ロシアが
    掃討対象としているイスラム過激派組織が航空戦力を保持してい
    ないとして、「何が目的なのか疑問を持たざるを得ない」と疑念
    を示した。>



    アメリカからは、

    「反アサド派は、航空戦力をもっていない」

    「なぜS300を配備するのか?」

    と当然の疑問が出ています。

    これ、キシリョフさんによると、

    「アメリカが、アサド軍を攻撃しようとしているから」


    つまり、「アメリカがアサド軍を空爆したら、撃ち落とすぞ!」
    と警告している。

    要するに、「ロシアは、アサドを守るために、アメリカ軍と戦
    う用意があるぞ!」と脅している。

     

    (転載終了)
     

    上記の記事あるように米軍がシリアのアサド政権軍を攻撃し始めたら、

    ロシアのミサイルが米軍機を撃ち落とす可能性がでてきた。

     

    こうなると米ロの直接的な大戦争に発展してしまう。

     

    既に世界は第二のキューバ危機に直面しているのだ。

     

    問題は、911自作自演テロに見られるように

    欧米イスラエル中東産油国(国際銀行権力圏)

    らが起こした対テロ戦争の茶番である。

     

    アサド政権と戦っているIS、ヌスラ戦線を支援しているのは、

    上記の国際銀行権力圏の国々である。

     

    つまり、本当のテロリストとは、西側諸国の権力層なのだ。

     

    この現実を直視しない限り、ロシアと米国の対立関係は理解できないだろう。

     

    ロシアは何のために米国と敵対しているのか?

     

    本当のテロリストが欧米の支配層だからだ。

     

    そのような支配層を選んできた西側の市民にも重大な責任がある。

     

    民主主義のもとで選ばれた政府が作り出した、偽りの対テロ戦争であり、

    その延長戦で生じている緊張状態である。

     

    この狂気を止めるのはそのような政府を選んできてしまった

    私たち西側市民の責務である。



    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。