• このエントリーをはてなブックマークに追加
41ヶ月連続で銀行貸出が増加。日銀の量的緩和と民間銀行貸出の経済効果の違いと、家計への影響について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

41ヶ月連続で銀行貸出が増加。日銀の量的緩和と民間銀行貸出の経済効果の違いと、家計への影響について

2015-02-09 11:30

    ======================


    ■天野統康の講演会・勉強会(予定)

    <リンク>東京 2月14日 知らなかった!お金と民主主義

    <リンク>大阪 2月21日 討論Barシチズン政治討論会3「資本主義の次の時代」 天野統康他  



    HP
    <リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 


    ■無料セブンステップ


    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


    ■本
    <リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円



    ■Youtube
    https://www.youtube.com/user/07amano/videos




    https://twitter.com/amanomotoyasu



    ■無料ブログ
    <リンク>
    天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  

    =====================

    【今回の参考記事】

    [1月の銀行貸し出し2.4%増 41カ月連続増、全銀協  :日本経済新聞]
     http://www.nikkei.com/article/DGXLASGC06H0W_W5A200C1EE8000/



    大企業や中堅・中小企業向けの運転資金が増えているという。
    着実にマネーの量が増加している日本社会では、
    消費増税不況も乗り越えて景気は上向いていく可能性が高い。

    日銀の量的緩和と民間銀行貸出の経済に与える効果の違いと
    家計への影響について解説する。


    b9441b93f1862c23ed026ce05551f16150485d0f


    (以下有料)

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。