• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 39件
  • 「名前も知らない花」

    2019-08-05 07:00  
    108pt
     盛夏の小径を歩いていると色とりどりの花との思い掛けない出会いがある。庭先に薫るペチュニア。海沿いの窓辺を彩る月下美人。そして電柱の根元に咲く名も知らぬ小さな花々。そういう花々に目がいくようになったのは、娘と同じペースでゆっくりと歩くようになったからだと思う。
     

    記事を読む»

  • 「ピミエント・パドロン」

    2019-07-31 07:00  
    108pt
     冷えた白ワインで乾いた喉を潤した僕らの前に、熱々のオリーブオイルで素揚げにされた細長いピーマンに粗塩を振ったものがカウンターに置かれた。それが僕とピミエント・パドロンの出会いだった。
     

    記事を読む»

  • 「潮騒」

    2019-07-26 07:00  
    108pt
    1
     潮騒を聞いていた。砂浜に寝転んで、背中で太陽の放射熱を感じていた。曇天だったけれど、雲の切れ間には時折り陽射しが光の梯子となって降り注いでいた。
     その数時間前、雨が降っていないのを確認して久し振りに里山の菜園を覗いた。ミニトマトを摘んで頬張ってみる。このところの多雨のせいでトマトに全く甘味が乗っていない。雑草ばかりが我が物顔で背丈を伸ばし蒼と茂っている。救いはピミエントパドロンが豊作なことだ。雨の少なかった去年は実っても辛い実しか採れず、原産国のスペインでないとうまく育たないのだろうかと手探りだったのだけれど、もっと大量の水を必要とする作物だったのかもしれないと実感した。
     それにしても熱い。まるで熱帯雨林気候のような体にまとわりつく湿度だ。そして無風。不快指数は最高潮に達していた。立っているだけで自律神経もみるみる不調になった。海の水に裸足を浸して頭の先まで冷えるところを想像した。

    記事を読む»

  • 「絶望のキャベツスープ」

    2019-04-05 07:00  
    108pt
    1
     今、三浦半島を空撮したら陸地の大部分はキャベツで埋め尽くされているんじゃないだろうか。大部分とまでは言わなくても明らかに人口よりキャベツの方が多い。という季節の真っ只中に僕はいる。その上、今年は秋蒔きした春キャベツが暖冬で早く採れ始めてしまったので後から蒔いたものもあって、地元は例年以上に春キャベツで溢れ返っている。朝市や無人販売所で山積みになっているのはもちろん、精肉店で生姜焼き用に厚切りの豚肉を買っても「じゃあ付け合わせに」ともれなく近所の農家さんが育てたキャベツが丸ごと一個オマケでついてくるぐらいだ。なので食卓には毎日何らかの形でキャベツ料理が並ぶのである。
     

    記事を読む»

  • 「ビーチクリーンと焚き火と音楽と」

    2018-11-23 07:00  
    108pt
     ビーチクリーンと称する海でのゴミ拾いがイベント化したのはいつのことだったのだろう。少なくとも僕が「早乙女タイフーン」という連続ドラマの脚本を書いた2001年にはなかったと思う。夏の海のゴミ拾いがまだライフセーバーの専売特許だったあの頃には。 

    記事を読む»

  • 「愛し愛されて生きるのさ」

    2018-10-10 07:00  
    108pt
     愛するもののそばで寄り添うように生きることができたら人はそれだけで幸せなのだろうか。愛した分だけ相手にも愛されたい。そう思うのもまた人間ではないだろうか。けれども見返りを求めるのは本当の愛と言えるのだろうか。僕は――僕は見返りが欲しいと思ったどころか、見返りがあるなんて考えたこともなかった。少なくとも目の前の海と空、そして太陽に対しては。 

    記事を読む»

  • 「平成最後の8月31日に」

    2018-08-31 07:00  
    108pt
    1
     8月31日の夏の海が一番好きだ。残暑の太陽の下で土用波と戯れるのもいいし、夕暮れに閑散とした寂しい浜辺で夏を連れ去ってゆく引き波を見送るのもいい。
     

    記事を読む»

  • 「月光」

    2018-08-29 07:00  
    108pt
  • 「今年の蝉は」

    2018-08-01 07:00  
    108pt
     保育園の園庭に楡の木がある。7月の終わりの朝、いつものように娘を送っていくと蝉が大合唱を始めていた。
     

    記事を読む»

  • 「海に吸い殻を捨てる人たちへ」

    2018-07-20 07:00  
    108pt
    2
     小学生の頃、「廊下を走っちゃダメ」とか「掃除をサボらないで」と高い声で注意する学級委員タイプの女の子が苦手だった。自分より先に生まれただけの人たちから一方的に押しつけられた正しさを疑うことなく鵜呑みにしている(ように見えた)彼女への嫌悪感だろうか。他人に干渉されたくないという怒りだろうか。今も自分の根っこにある反社会性のせいだろうか。それとも彼女のことが好きだったのだろうか。いや、違う。彼女の言っていることが一点の曇りもない、反論の余地もない「正しいこと」だったせいだ。
     

    記事を読む»