• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 14件
  • 「平成最後の8月31日に」

    2018-08-31 07:00  
    108pt
    1
     8月31日の夏の海が一番好きだ。残暑の太陽の下で土用波と戯れるのもいいし、夕暮れに閑散とした寂しい浜辺で夏を連れ去ってゆく引き波を見送るのもいい。
     

    記事を読む»

  • 「月光」

    2018-08-29 07:00  
    108pt
  • 「長靴は雨の日に履くものだという常識に縛られたつまらない大人にならない為に」

    2018-08-27 07:00  
    108pt
    1
     最近困っているのは、娘が長靴しか履かないことだ。雨の日はもちろんかまわないんだけど、晴れの日も曇りの日も、天気に関係なく保育園の登下校は絶対に長靴。長靴じゃないと玄関を出てくれないのだ。 

    記事を読む»

  • 「渇いた潮風とホットケーキ」

    2018-08-24 07:00  
    108pt
    3
     久し振りに湿気のない朝だった。乾いた潮風がいつか旅したハワイ島を思い起こさせる。
    「ホットケーキ食べようか?」
     ベランダ柵の隙間から覗き込むように海を見ていた娘に言った。
    「たびるー」
     娘が元気に笑う。土曜日だというのに、というより休みほど早く起きる彼女のおかげで、まだ午前6時前だった。
     

    記事を読む»

  • 「おおきなおおきなすいか」

    2018-08-22 07:00  
    108pt
    1
     広大な畑の向こうに波光煌めく海を見ながら車は尾根を昇っていく。三浦半島の最南端に広がる山間の畑はこの辺りの絶景のひとつだ。ここに春はキャベツ。夏はすいか。秋冬は大根が水平線の向こうまで実っている光景は目の当たりにするたびにここが東京まで僅か1時間の場所だというのが信じられなくなる。
     

    記事を読む»

  • 「充電切れ」

    2018-08-20 07:00  
    108pt
    1
     愛情ってスマホみたいに充電するものだったんだと気づかされた。例によって、娘という生き物を観察していての話だ。
     

    記事を読む»

  • 「たまには自分を褒めてやろう」

    2018-08-17 07:00  
    108pt
    2
     以前は走れていたスピードで走れなくなった。以前は走れていた距離を走れなくなった。まだまだずっと後ろにいると思っていたランナーたちが次々と追い抜いていく。焦っても、悔しさで叫び出しそうでも、泣きたくても、周囲の目を気にしてただ苦笑いしている自分がいる。
     

    記事を読む»

  • 「盆休み」

    2018-08-15 07:00  
    108pt
    1
     海に続く小径に日焼けした子供たちの笑顔が溢れている。供花を手にしたお年寄りがそれを嬉しそうに見守っている。沖には伊豆半島側から出航したと思しき何艘ものヨットが見える。何より平日の昼間は人よりも猫の方が多い海辺の町が賑やかだ。134号線を走る車列もいつもより多い。そうか、世間的にはお盆休みなのか、と月曜になってようやく気づいた。
     

    記事を読む»

  • 「模倣の神様」

    2018-08-13 07:00  
    108pt
     1歳8ヶ月の娘、最近「お買い物」に興味と憧れを抱いている。今朝も図鑑に乗っている青い歯ブラシを差して「あおいはぶらし」、黄色い歯ブラシを差して「きいろいはぶらし」と知識を確認した後「かいにいく」と言い出した。
     

    記事を読む»

  • 「夏の想い出」

    2018-08-10 07:00  
    108pt
     ひと夏の恋なんて話が昔からあるけれど、本物の恋は短いと言われるように、
     

    記事を読む»