• このエントリーをはてなブックマークに追加
「無邪気過ぎるその影の中に」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「無邪気過ぎるその影の中に」

2019-11-13 07:00

     日溜まりの公園で子供たちが鬼ごっこをしている。娘もいずれその輪の中に入っていくのだろうか。そんな親の目線で改めて見ると誰もが当たり前のようにやっている遊びが子供たちにイジメの種を植え付けているようにも思えた。考え過ぎだろうか。疲れているのだろうか。それとも病的とも思えるようなコンプライアンスチェックで毒牙を抜かれた業界に身を置いているうちに神経質になりすぎてしまったのだろうか。 

     触られたら鬼になると逃げ惑う子供たちの無邪気な笑顔が追い掛ける子供に感情移入すると残酷な仕打ちにも思える。もちろん「ごっこ」というだけで本物の鬼ではない。触られたところで吸血鬼やゾンビになるわけでもない。なのに夢中になっているうちに本当に触られたら何かに感染したかのようなリアクションをし始める子がいるのも事実だ。見ているうちにまるで被験者が看守と囚人という役割を演じているうちにどちらも本気になってしまっていた

    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。