• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 14件
  • 「ぼくのくれよん」

    2020-03-27 07:00  
    110pt
     夜、娘の絵本棚から適当な一冊を酒の肴に拝借する。シングルモルトを舐めながら読書灯の下で味わう絵本が疲弊した脳をほぐしてくれることを最近知った。
     

    記事を読む»

  • 「物語を編む力」

    2020-02-28 07:00  
    110pt
     物語においてはすべての出来事に意味がなければならない。伏線は必ず回収されなければならない。ところが現実はどうだろう。すべてが意味のない出来事のようにすら思えるときもあるのではないだろうか。なかったコトにしたい後悔の連続じゃないだろうか。それらを伏線として回収していくのに必要不可欠なのが「物語を編む力」だ。
     

    記事を読む»

  • 「この広い世界のどこかに 死ぬまでずっと 君を想っている人がいる」

    2020-01-24 07:00  
    110pt
     中山美穂主演の『ラブレター』が公開されたのは1995年3月25日。阪神淡路大震災が起きた2ヶ月後のことだった。震災に遭った神戸も舞台だった(撮影は小樽で行われたのだけれど)。それでも公開時に「神戸」というテロップとともにスクリーンで見た夜景は震災が起きていなかったら、という「もしも」を想起させるものだったと記憶している。
     

    記事を読む»

  • 「機械に心があったなら」

    2019-10-30 07:00  
    110pt
     先日、娘が仰向けに寝転んでふざけていて、ぼくの顔を蹴ってしまったことがあった。思わず「痛っ」と顔を押さえたぼくを見て、娘が嗚咽し始めた。罪悪感だった。すぐに「大丈夫だよ、ワザとじゃないんだから気にしなくていいんだよ」と抱き締めながら、彼女の中に育っている「良心」を強く感じた。そして、心はどこにあって、どのように育っているのだろうと考えた。でも、口を開けさせて歯の生え具合を確かめることができないのが心だ。
     

    記事を読む»

  • 「今日も嫌がらせ弁当」

    2019-07-12 07:00  
    110pt
     シェイクスピアの四大悲劇のひとつが〈親子の愛憎〉を主軸に据えた物語であることからも明らかなように親子というのは数ある人間関係の中でも難しいもののひとつかもしれない。
     

    記事を読む»

  • 「大和(カリフォルニア)/TOURISM」

    2019-06-05 07:00  
    110pt
     戦艦大和の名は古代日本において国全体を指した「大和国」に由来するという。東京都目黒区のアパートで生活していた両親が長男である僕の出生後すぐに引っ越したのが同じ名前を持つ神奈川県大和市の公団住宅だった。
     

    記事を読む»

  • 「僕たちは希望という名の列車に乗った」

    2019-05-03 07:00  
    110pt
     抑圧こそ青春映画における最大の醍醐味だ。抑圧が生み出す不自由さからどう脱却するのか。それが主人公が物語を生きる命題そのものだし、そこで生じる心理的な葛藤を乗り越えることで主人公は成長する。
     

    記事を読む»

  • 「希望の灯り」

    2019-02-01 07:00  
    110pt
    1
     ラジオの生放送を終えた微酔いの体を最終の湘南新宿ラインが三浦半島に連れ帰っていく。通り過ぎる車窓の灯り。その灯りのひとつひとつに誰かの営みがあるという当たり前が胸に沁みる夜だ。さっきまで渋谷のラジオで『希望の灯り』というドイツ映画について話していたせいでもあるのだろう。 

    記事を読む»

  • 「ラジオ」

    2019-01-18 07:00  
    110pt
    4
     教科書の歴史記述は単なる目次みたいなものでしかなかったんだと、最近教科書に載り始めた出来事を実際に見てきた世代になって気がついた。教えている教師さえもその目で見たわけでもないことを教えているのだから興味は持たせられてもそれ以上のことを伝えるのには限界があったんだなと。 

    記事を読む»

  • 「ルーツⅣ」

    2018-12-21 07:00  
    110pt
     八丈島の周辺海域でザトウクジラが大規模な繁殖活動をしていることが確認されたという記事を目にしたのは先日のことだ。日本では主に冬期、沖縄や小笠原海域でしか見ることのできなかったザトウクジラがなぜ八丈島へ現れたのか。それは恒常的なものなのか。八丈町は東京海洋大の鯨類学研究室とともに調査を行っているという。調査費用を賄う為に始めたクラウドファンディングも併せて紹介されていた。目標金額は150万円。真っ先に八丈島で生まれ育ったシンガーソングライターである彼女のことを思い出した。ザトウクジラは鯨類の中で唯一の「歌うクジラ」だからだ。 

    記事を読む»