• このエントリーをはてなブックマークに追加
(有料)ギリシャ危機という時限爆弾と、量的緩和政策による金融バブルの同時並行から考える今後の経済動向
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

(有料)ギリシャ危機という時限爆弾と、量的緩和政策による金融バブルの同時並行から考える今後の経済動向

2015-06-17 15:26




    =======================
     

    HP
    <リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 


    ■無料セブンステップ


    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


    ■本
    <リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円



    ■Youtube
    https://www.youtube.com/user/07amano/videos



    ■Teitter
    https://twitter.com/amanomotoyasu



    ■無料ブログ
    <リンク>
    天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  


    =====================

    85e99d0d3fdba2582d10bb88b81a01f46b8c4f6f

    【今回のニュース】
    ・改革拒むギリシャ、EUと溝深く 18日ユーロ圏財務相会合 日本経済新聞 6月17日
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM16H7L_W5A610C1EA2000/

    ギリシャの破綻危機が、ここのところ騒がれている。
    一方で、欧州中銀と日銀による量的緩和政策により
    毎月、10兆円以上のマネーが金融経済向けに
    供給されている。

    世界経済の時限爆弾と化しているギリシャ問題と、
    量的緩和政策による金融バブルの同時並行と
    今後の経済動向の予測について
    解説する。

    【内容】
    ・ギリシャ危機の背景
    ・欧州中銀と日銀の量的緩和政策について
    ・この事例から見る経済動向の予測

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。