• このエントリーをはてなブックマークに追加
国際銀行権力が作り出したEUユーロ金融帝国が崩壊に向かいつつある数々の兆候
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

国際銀行権力が作り出したEUユーロ金融帝国が崩壊に向かいつつある数々の兆候

2015-07-12 02:20



    =======================

    ■講演会・勉強会

    <リンク>7月18日勉強会 国際銀行権力による社会操作のツールとしての哲学の悪用と、真に有効な活用方法


    HP
    <リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 


    ■無料セブンステップ


    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


    ■本
    <リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円



    ■Youtube
    https://www.youtube.com/user/07amano/videos



    ■Teitter
    https://twitter.com/amanomotoyasu



    ■無料ブログ
    <リンク>
    天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  



    ===================

    (無料ブログより転載)

    fadc5cda7e5ed7f9fe712e40136e39bcc073928f

    ここのところ続いている一連のギリシャ危機で
    EUユーロ金融帝国の崩壊の兆候が顕在化している。

    欧州諸国の市民がEUユーロに反対する原因は、
    経済的な問題よりも民主主義の問題が大きい。

    つまり欧州連合に加盟することによって、通貨発行権や
    法律の制定などの国民主権に関わる部分が、欧州中央銀行や
    欧州議会に奪われてしまったことを、実感し始めたためだ。

    そのため、以下のような事例が報道されている。

    ・オーストリア市民20万人超がEU脱退を問う国民投票を希望/Sputnik 
    jp.sputniknews.com/europe/2015070… 


    ・フィンランドがEU離脱の準備か? EUは「(自国に合った)クラブではない」 / Sputnik 
    ・EU崩壊はいつ、そして何故起こる/Sputnik
    EUはソ連と同じような道筋をたどる。
    ソ連は70年間存在し崩壊した。EUも同じ年齢でおそらく2022年に崩壊するだろう。
    http://jp.sputniknews.com/opinion/20150710/558035.html …


    上記の記事によれば現在のEUは社会主義諸国の市民の自由を弾圧してきた
    ソ連と同じ、ということだ。

    ロスチャイルドやロックフェラーなどの多国籍企業連合体を率いる
    国際銀行権力に欧州が乗っ取られてしまったのである。

    経済的な問題であるならば、小手先の金融政策でごまかしが効くが、
    民主主義の問題となると、問われるのは正当性の問題である。

    正当性がないとみなされた権力は、市民から見放されていく。

    欧州中央銀行や欧州議会の民主的な改革が行われないならば、
    近い将来、欧州連合はソ連のように崩壊に向かうだろう。

    そのとき通貨ユーロが無くなる可能性があり、混乱は世界を巻き込むことになる。

    しかし、欧州市民が何百年にも渡る国際銀行権力の通貨支配から独立し
    真の民主主義を確立するには避けて通れない混乱なのである。

    ef0086263852b52304214c300de676c802c2bb08


    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。