• このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田斗司夫の毎日ブロマガ・増刊号「5月13日のニコ生ゼミ後半で語った “ロボット学” を少し紹介します」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫の毎日ブロマガ・増刊号「5月13日のニコ生ゼミ後半で語った “ロボット学” を少し紹介します」

2018-05-14 21:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2018/05/14・増刊号
    ───────────────────────────────────
    今回は、ニコ生ゼミ5月13日(#230)から、ハイライトをお届けいたします。

    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!

    ─────────────────────────────

     5月13日のニコ生ゼミ後半で語った “ロボット学” を少し紹介します


     5月13日のニコ生ゼミの有料部分で行った “ロボット学” というのが、どんなものなのか?

     それをちょっと目次だけ紹介します。


     用語集みたいに、ちゃーっと話してみますね。

     これだけでピンと来た人は、有料部分を聞く必要が無いんじゃないかなと思います(笑)。


     どんな話をしたのかっていうと、“マジンガー革命” というのがあったと。


     巨大ロボットアニメには『マジンガーZ』革命っていうのがあって。

     この『マジンガーZ』っていうのがモーゼみたいなもの。

     敵がロボット怪獣なのに対して、そういうモンスター性に対して科学性で戦うというような、旧約聖書のモーゼ的なポジションです。


     それに対して『機動戦士ガンダム』っていうのは、科学性という受肉ですね。

     肉体を持った、新約聖書におけるキリストのようなポジションであって。

     敵も味方も科学であるので、マジンガーZの中にあったような “悪魔” とか “地獄” っていうのを個人の内面として捉える。


     マジンガーZの時は外面として捉えていたものが、内面になっている。


     しかし、マジンガーZからガンダムへ、受肉したキリストとしてのリアリティを持ったガンダムっていうのは、リアリティをひたすら求めてゴシック化してしまう。


     これを『機動警察パトレイバー』によるニーチェイムズと僕は呼んでいるんですけども(笑)。

     劇場映画『機動警察パトレイバー2』では、ついにロボットが登場しない、『ゴドーを待ちながら』みたいなロボットアニメになってしまったと。


     それで押井守さんは、これによってロボットアニメ界の共産党になる事に成功したんですよ。


     与党あっての野党みたいなもんですね。

     「そんなロボットアニメはリアルではないぞ!」と言う事によって、野党トップの座を得たと。


     でもそれは、ひたすら「非科学的だ!」とか「軍事的にありえない!」というマントラを唱えているうちに、“ロボット好き” という人たちが社会の中で孤立化してしまって、社会の中心が教会の外へ出てしまった。

     カソリック教会の外へ出てしまった。


     つまり、「心が震えるなら、内面が震えるなら、それで いいんじゃないか」というプロテスタントの誕生ですね。

     「リアリティっていうのは、マーキング程度で いいんじゃないか」というようにロボットアニメは進歩していった。


     そういう事が、有料部分で主に語った内容です(笑)。

    ─────────────────────────────

    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!
    http://ch.nicovideo.jp/okadatoshio-archive

    ───────────────────────────────────

    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         ヤムアキ
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         歴史のカオリ(FREEex)
         マグネシウムのタツヤ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501
    次回配信予定
    • 2019/12/12
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「ガンダム監督・富野が吠える〜ロリアニメの罪・天才の罪」
    • 2019/12/13
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「若かりし頃の富野監督は、なぜトラウマアニメ『海のトリトン』を作ったのか」
    • 2019/12/14
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「予期されていた日本アニメの未来~2010年の富野由悠季講演『這い上がるために』を語るよ!」
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    岡田斗司夫ゼミからのお知らせ
    更新頻度: 毎日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。